FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

Lonely C ft Kendra Foster - Hold Up

house music is still alive.

09888

Lonely C ft Kendra Foster - Hold Up (Mike Dunn BlackBall Vokal Remix)
[ 2019/03/12 22:17 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

サンセットクルーズ

プノンペンの街並みを船のデッキから楽しむサンセットクルーズに参加した。

シソワットキー沿いの乗り場を午後5時に出発し、メコン川と交わるダイヤモンドアイランドまで下ったあと戻ってくるコ-ス。

1時間程のクル-ズでお値段はおひとり様5ドル。

今回のツアーのフィナーレを飾るいい思い出になった。

53621283_1990064267782158_3759105834458546176_n.jpg

54519107_1990067117781873_8950040601605177344_n.jpg

53699129_1990067711115147_7945695390295130112_n.jpg

54514232_1990061631115755_5641547050622386176_n.jpg
[ 2019/03/12 20:36 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

プノンペンでプチリゾート気分に浸る

今泊まっているシムブッティックホテルの屋上には大きなプールと小洒落たルーフトップバーがある。

発展途上国のイメ-ジがあるカンボジアだって探せば雰囲気のいいデートスポットがあるのだ。

お値段もそれなりに高いと思いきや、ツインの部屋で50ドル前後で泊まれる。

プノンペンのホテルのコスパは東南アジアで一番だと思う。

次回は女の子と来たい。笑

53226235_1981438428644742_7482617063026982912_n_20190311201136ca6.jpg

53588159_1989213807867204_2855076632387911680_n_20190312211951825.jpg

53674895_1989213024533949_2682110478242545664_n.jpg

なお、プ-ルで泳いでいるのは白人ばかりで、こっちの人は人前で水着になるという習慣がないようだ。
[ 2019/03/11 20:12 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

プロセスに拘る

どれだけ儲けたかという利益よりも、どこでエントリーしてどこで利確、損切りするかというルールを遵守できるかどうかを重視したい。

損をしたくない、あるいは儲けることだけに躍起になっていると、知らないうちに足元をすくわれる。

結果よりもプロセスに拘る。

そうすれば、おのずと勝ちが積み重なってくる。
[ 2019/03/11 19:56 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

キリング・フィールド

今から40年程前、ポル・ポト政権下において大量虐殺が行われ、カンボジアの全人口の3分の1、およそ300万人が殺された。

処刑場は各地に点在しており、キリング・フィールドと呼ばれている。

今回のツアーではその中でも最も有名な場所であるチュンエクを訪れた。

近年はダ-クツ-リズムという言葉が流行っているが、まさにこの土地ほど相応しい場所はない。

555_201903112254177f9.jpg

広場の中心に立っている慰霊碑。この建物の周りを一周歩いて戻ってくる。

52641248_1988731511248767_4414237665931558912_n.jpg

慰霊塔の中には犠牲者の遺骨が大量に納められている。

53567256_1988731894582062_6493012918211182592_n.jpg

死体が埋められた穴の跡。

54414056_1988731544582097_1806611532738461696_n.jpg

献花台には花束が絶えない。

53184576_1988731627915422_6208093858765471744_n.jpg

この木はマジックツリーと呼ばれていた。

この木の枝に吊るされたスピーカーで革命歌が常に大音量で流され、処刑される人の叫び声、うめき声をかき消す魔法の木だったから。

周囲の農民はクメールルージュの集会が開かれているものだと思い込んでいたようだ。

チュンエクでは、ヘッドホン付きの日本語音声ガイドが無料でレンタルできる。

以下は、その無料音声ガイドで知った事実である。

1975年、ポル・ポト政権によってプノンペン市内が制圧され、人々は強制的に追い出された。

家族はバラバラになり、街は3日で無人状態になったそうだ。

ポル・ポトは「農民こそ英雄である」という政治的なスローガンを掲げ、都市に住むホワイトカラーの人々、高等教育を受けた人達を反逆者とみなし、片っ端から処刑した。

その中には、ただ単にメガネをかけていただけという理由で処刑された人までいたという。

人々は数週間の拷問を受け、強制的に嘘の供述書を書かされた。


「罪のない人を誤って殺すのは、敵を見失うよりましである」


有名なポル・ポトの台詞だ。

拘束された人々は、新しく住む場所に移動すると伝えられ、処刑場に連れてこられた。

そして、ついたその夜に一人ずつ、毎日300人あまりが処刑されたという。

ポル・ポト政権は財政が厳しかったため、処刑に銃は使わず、ナタ、ハンマー等が使われた。

赤ん坊は木に打ちつけられ息絶えた。

キリング・フィールド内では発電機を設置し革命歌を流す事で、殺される人々の断末魔の叫びを消し、何事もないような日常を装っていた。

処刑された人々が最後に聞いたのは、発電機と革命歌が混じった音だったのかもしれない。

ここチュンエクだけでも2万人近くが虐殺された。

死体はそのまま穴に放り込まれ、ひどい悪臭がはびこり、腐敗によるガスで墓穴が膨らんでいたとのこと。

発見された人骨の中には、10代前半の少年少女も少なくなく、驚くべきことに処刑した看守の多くもそれと同年代であったという。

数十年前、この土地ではまさにこの世の地獄ともいえる残虐極まりない行為が行われていたのだ。

この恐怖と悲しみは体験した者だけにしかわからないだろう。

我々はただ、ここで想像を絶することが行われていた事実を知るだけだ。

そして、次の世代にこの負の歴史を伝え続けることこそが、キリングフィールドを訪れた者のミッションかもしれない。

カンボジアを訪れた際にはアンコールワットだけじゃなく、人類の負の遺産であるキリングフィールドにもぜひ訪れてみてほしい。
[ 2019/03/11 16:15 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

トゥール・スレン博物館

カンボジアの負の遺産として有名すぎるトゥール・スレン博物館。

2万人収容され、生き残ったのはわずか7人だという。

各部屋には拷問時に使用されたベッドが生々しく置かれている。

今回15年振りに訪れたが、日本語の音声ガイドがあり、より深く悲惨な過去の歴史を知ることができた。

53916298_1987928737995711_714337255568703488_n.jpg

53526712_1987928627995722_5728275174906658816_n.jpg

53476423_1987928321329086_778860828429385728_n.jpg

53473682_1987924991329419_5862385554494062592_n.jpg

53452797_1987929281328990_6368549885574119424_n.jpg

53641315_1980144822107436_7593735821253935104_o.jpg

53625649_1980145008774084_5724373308787392512_o.jpg

52901656_1980145125440739_3032121893067948032_o.jpg

53276083_1980145238774061_8519512177911005184_o.jpg

53121604_1980145188774066_613786079689965568_o.jpg

53112116_1980144882107430_8375107315765870592_o.jpg

53098730_1980144962107422_1219718760139587584_o.jpg

53076428_1980145285440723_273306902396403712_o.jpg
[ 2019/03/11 09:05 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

蛇の唐揚げ

シェムリアップ最大の繁華街パブストリート。

そのとあるレストランのメニューにあった蛇の唐揚げ。

お値段は2ドルと安いこともあって、試しにオーダーしてみた。

53541735_1986974961424422_2640530573432455168_n.jpg

ビジュアル的にインパクト抜群で、蛇が嫌いな人は身の毛がよだつだろう。

気になるお味だが、カリカリに揚げられており、魚の干物とそんなに変わらなかった。

シェムリアップには、他にもサソリとかカエルとかを食わすレストランがたくさんあり、ゲテモノ料理好きにはたまらない食の都といえる。
[ 2019/03/10 22:53 ] | TB(0) | CM(0)

専業トレーダーとして把握しておくべき数値

専業トレーダーとして独立して食べていくために、重要な指標がある。

自分のトレード手法がどのようなパフォーマンスなのか、その平均値を把握しておく。

そして、月にしていくら稼ぎたいのか、具体的な金額を明確にしておかなければならない。

たとえば、証拠金が100万円あるとして、1回のトレードでどのくらいのリスクをとるかというようなことだ。

1回のトレードでレバレッジを最大25倍を効かせて、2%のリスクをとったとしよう。

損益率が平均1.5倍のストラテジーなら、勝った場合は3万のプラスで負けた場合は2万のマイナスになる。

月20回トレードで勝率5割だと、月20万円稼げる計算になる。

これは専業トレーダーとしては、毎月最低これだけは絶対に稼いでおかなくておはいけないというボーダーラインともいえる金額かもしれない。

以下、確認しておくべき数字。


✔証拠金

✔最大リスク

✔損益率

✔平均取引数

✔勝率


トレーダーの成績は波があるが、以上の数値を明確にして、平均して月30万以上利益が計上できるまでにならないと、専業トレーダーとして食べていくには大きなリスクがあるだろう。

今年の自分のパフォーマンスは散々なので、今までの手法そのものをゼロから見直す必要に迫られている。
[ 2019/03/10 22:20 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

シャムリアップでバルーン体験

今回のツアーで最も参加者の評判が良かったのが、アンコールワットを空から見下ろすバルーン体験だ。

いわゆる気球とは少し違っていて、場所は移動せずに上に上昇するだけ。

したがって料金も午前が15ドル、夕方からのサンセットを見る時間帯が25ドルとリーズナブルな料金で体験できる。

54514319_1987785361343382_3976371926267330560_n.jpg

2222_20190311132932df7.jpg

時間にして30分程度だが、アンコールワットの壮大な寺院を上から見下ろすという貴重な体験を15ドルで購入できるのは、お得なお値段といえるかもしれない。

ただし、日本ではなくカンボジアなので不慮の事故が心配ではあるが。
[ 2019/03/10 21:35 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

15年振りのアンコールワット

友人が主催しているスタディツアーにカメラマンとして同行することにした。

行先はカンボジアのシェムリアップとプノンペン。

とりあえずは、カンボジア最大の観光地であるアンコールワットへGO!

53661823_1987776554677596_3417402720334643200_n.jpg

53582155_1987775991344319_1339374118054658048_n.jpg

53570538_1987784634676788_2332376943506227200_n.jpg

53429868_1987779261343992_8862304826453655552_n.jpg

53903839_1987780871343831_5289143055545270272_n.jpg

53361291_1987775718011013_8880939706003488768_n.jpg

15年振りに訪れたアンコールワットだが、今回は7名という大人数で、しかも解説付きのツアーとあって、とても新鮮な気分で遺跡観光を楽しめた。

カメラマンとしての最低限の仕事もしっかりこなすことができ、参加者、主催者ともに満足のいくツアー内容になったと思う。
[ 2019/03/10 17:22 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき