ロスカット あの日の涙 虹となる

ディフェンスを制するものはゲームを制する

NBAのプレーオフはレギュラーシーズンよりもフィジカルコンタクトが多く、「ディフェンスを徹底したチームがチャンピオンシップを制す」といわれる。

実際にラン&ガンなどのオフェンス重視のチームが最後まで勝ち残るケースは少ない。

シュートの成功率で試合を命運を任せるのは、サイコロの目や、コインの裏表を占うような「賭け」でしかない。

どのチームも確実に勝つあがるために「賭け」や「運試し」に近い“オフェンス”よりも計算できる“ディフェンス”に力を入れてくる。

波に乗り、大きく点差を広げて勝ったとしたとしても、次のゲームで同じようなプレーが成功する確率は低いものであり、バスケットがミスの発生を前提としている以上、年間を通してその勝率を上げるためにもディフェンス重視のゲームメイクが欠かせないものとなっているのだ。

しかたがって、強豪と言われるチームは、必ずと言っていいほど屈強なディフェンス職人というべきプレイヤーを擁している。

勝ち残るために“ディフェンス”が重要なのはバスケットだけでなく、トレードでも同様だろう。

マーケットで生き延びるには、とにかく大損しないことが大切だ。

逆指値のOCOを設定し、損失を限定することで、致命的なドローダウンを回避することがFXにおいての“ディフェンス”戦略になる。

巷で溢れているFX攻略本は、どこでエントリーするかといったオフェンス面ばかり強調されたものばかりで、ディフェンスについては、損切りをしっかりする程度にしか書かれていない。

ディフェンスとイクジットに関する記述、具体的にどこで損切りし、どこで利益確定するか、そのスキルと根拠について言及している投資本はあまりにも少ない。

僕が本当に知りたい&探求しているのは、ディフェンスとイクジットに関する技術であり、「損切りと利確」は永遠のテーマといっても過言ではない。

エントリー後、ターゲット方向に値動きが向かわず、含み損をかかえたときどこでロスカットするか。

為替の値動きは損切り後、その値に戻ってくることが多いので非常に悩ましい問題だ。

ロブ・ロッカーはあらかじめ自分の思惑と逆方向にローソク足が3本続いたときは躊躇なく損切りするというが、彼に限らず長くマーケットで生き残っているトレーダーは例外なくディフェンスの技術に長けている。

欧米のヘッジファンド・マネージャーの多くは18%の損失が出た時点でファンドを解散させるという規定に基づいて運用を行っているときく。

しかしながら、ディフェンス重視でトレードしていると、コツコツジワジワとしか資産は増えていかない。

資産が数か月で倍になるような圧倒的なパフォーマンスとは無縁の世界だ。

損切りが何回も続くとさすがにストレスが蓄積される。

だが、本来トレーディングで勝つための技術はそうした苦痛をともなうものであり、損切りが抵抗なくできるようになれば、それだけスキルが上達したということでもある。

少ない種銭を短期間で何十倍にしたというトレーダーはだいたいオフェンス重視のトレーダーで、後に退場していくケースも少なくない。

いかに損失を限定し、利を伸ばせるかという出口戦略も重要だが、自己資金のうち幾らまでリスクに晒すのかということをあらかじめ決めておくことがディフェンス戦略の要だろう。

キャリアの長いトレーダーは、ここぞというチャンスに備えて、常にキャシュポジションを多めに持っている。

個人的には、1回のトレードでリスクに晒すのは自己資金の5%未満で、トレーディングの一日の利益目標は0.3%で十分と考えている。


「 まずは生き延びろ 儲けるのはそれからだ」


ジョージソロスの有名な言葉だが、ディフェンスの技術なくして大きな資産は築けない。

「これから起こること」に対して、期待しすぎてはいけないのが、過酷な相場を生き延びる秘訣だと思っている。
[ 2018/02/12 01:31 ] ストラテジー | TB(0) | CM(2)

あなたの損失がFX業者の利益になる

日本の場合、相対取引のFX業者が多く、顧客の注文が必ずしも、世界の為替市場という大きなマーケットに直接アクセスして取引しているわけではない。

一度注文を受けたFX業者はダイレクトにインターバンク市場には流さず、同量の売りと買いの注文があれば、顧客同士の注文をぶつけて相殺するケースもある。

これを”のんでいる”と表現し、業界用語でマリーと呼ばれる。

顧客の注文を取り付け、その注文をカバーしないのであれば、インターバンクの注文コストがゼロになるため、スプレッドや手数料はまるまるFX業者の利益になる。

競馬のようなギャンブルに例えるならば、客に頼まれた馬券を買わずに予想が当たったら自腹で払って、当たらなかったらそのまま自分のふところに入れてしまうということ。

ノミ行為が暗黙の了解として横行しているといったらいいすぎかもしれないが、仕組みとしては、顧客の注文を“のむ”ことによって、一部のFX業者はトレーダーが負ければ負けるほど儲かるということになる。

悪質な業者になると、相場が激しく動く指標時には約定力をあえて低く設定し、スリッページが起こりやすい状態を作って負けやすくしているという噂もある。

スプレッドの狭さを売りにしているFX業者にとって、エッジを持ったスキャルピングを駆使する勝ち組トレーダーは厄介な存在でしかない。

FX業者がインターバンク市場へオーダーを再発注する際、、秒速スキャルピングだとそのカバーディールが追いつかず、トレーダーの利益はそのままFX業者の負担になってしまう。

かっては勝ち組トレーダーの口座凍結ラッシュが相次いだが、FX業者からいわせれば利益にならない客などいらないということなのだろう。

ただ同じスキャルピングでも枚数が少なかったり、儲かっていなかったら放置される。

パチンコ店が負け組を囲い、常勝のプロを出入り禁止にするのと同じ理屈だ。

株式では、東京証券取引所などで、各株式の買い注文と売り注文をつきあわせてレートを決める。

そのため、どの証券会社でも基本的にレートは同じだ。

株式を扱う証券会社の場合、トレーダーが取引すればするほど手数料が儲かり、顧客の利益が証券会社の利益になるという両者の利害関係が一致している。

ところがFX業者の場合、顧客に提示するレートが不透明なうえ、顧客の損失が会社の利益という釈然としない利害関係が一方的に成立してしまっている。

それがビジネスといってしまえばそれまでだが、FXトレーダーは相場だけでなく、FX業者とも戦っているのだと認識しておかなければならない。

最近の仮想通貨の業者もFX業者と同じようなシステムを採用していると思って間違いない。

コインチェックという会社はそれで大儲けしていたという噂もある。

顧客のお金が返せないのは、”のんでいた”という可能性を否定できない。

以上の点からも、我々ユーザーにとって、業者選びがとても重要なポイントになってくる。

約定力、ツールの使いやすさ、信託保全の有無など、総合的に判断して慎重に選ばなければならない。
[ 2018/02/11 02:50 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

修羅の道へようこそ

トレーディングとは技術だ。

そして、技術とは知性、Intelligence のひとつであることはいうまでもない。

知性はヒエラルキーがつきものであり、最上(クラック)はそれを体得したものにしかわからない。

ゆえにモッブ(大衆)が到達することは至難の業。

密教の考え方もこれと似た思想なのかもしれない。

技術にもヒエラルキーがある。

技術には特定の人にしかできない技術と、誰でも階段を一段一段登っていけば体得できる技術がある。

たとえば、宮本武蔵は、彼の体力と人生が剣のなかに表れる、まさに宮本武蔵しかできない我流剣法を使う。

しかし、柳生宗矩は、剣を分解し、素人でもある一定の修行を積み、階段を一段ずつ上がっていって習得できる、いわばテクノロジーを剣術に持ち込んだ柳生新陰流を編み出した。

技術を一般レベルにも理解できるように体系化したといえるだろう。

かってリチャード・デニスというアメリカの投資家も、自らのトレードの技術を伝えるべくタートルズという常勝トレーダー軍団を率いていた。

彼もまたトレードの技術は訓練を積めば誰でも体得できると考えていた。

そして、実際にトータルズから師範のリチャード・デニスを凌ぐ成績をあげるトレーダーが誕生した。

武芸者が“武”を見せる一種の芸者であるように、トレーダーも“技”で生きる職人なのである。

だから、やり方さえ間違わなければある一定のところまでは習得可能なものといえる。

基本となる考え方を理解し、反復練習によって技術をある程度のレベルまでマスターすれば、長期間に渡って安定した利益を上げることができる。

もちろん、ハートの強さ、勝負勘、そしてほんの少しの運も味方につけなければならないが。

新参者が気をつけなければならないことがある。

それは、トレーディング道は一歩間違えば地獄への道標、修羅の道にも通じるからだ。

武芸者が殺しの螺旋、命を懸けた戦いを経て、辣腕な武士として名を馳せていくように、トレーダーも切磋琢磨しているようでお互い殺しあっている。

投資家は利益がどこかの山とつまれたマーケットと取引しているわけではない。

おのおのが買ったり売ったりするときは常に相手のトレーダーと対峙しているのだ。

どちらがより賢い選択をしているかを競いあうゲームであり、最後にババを引いたものが莫大な資産を失うことになる。

相場巧者は、株式市場の不条理に狼狽するシロートから資金を吸い上げ、己の資産として積み上げる。

株でも為替でもマーケットは戦場だ。

自らの資産を賭けた壮絶な騙しあいといってもいい。

ウォーレン・バフェットの投資原則、成功するセオリーはシンプルである。


「原則その一、損をしないこと。 原則その二、原則その一を消して忘れないこと」


さらに付け加える必要がある。

いささか下品な表現をあえて使えば、上手いトレードとは、ある商品(株)を安すぎる値段で売りに出している奴から買い、それをお買い得と思っている奴(バカ)に高く売りつけることなのだ。

かってジョージ・ソロスは「資本主義とは賢くない者から賢い者へお金が流れるゲームだ」と言ったが、マーケットはまさにその法則を端的に表しているといえる。

ボクは愚か者だから、もう少しこの生き残りゲームを続けるつもりだ。
[ 2018/02/11 02:36 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

エネルギーを充電する場所

先週末、とある投資オフ会に参加した。

4242_20180210160509256.jpg

人と人が出会う場所には、目に見えないエネルギーが充満している。

その空間は有益な情報を得る場所というより、そのエネルギーを充電するパワースポットという言い方の方がしっくりくる。

勝っている人のポジティブな空気は周りの人達に伝染するのだ。

オフ会の主催者としては、参加してくれた人に「楽しんでもらいたい!」って思うけど、毎回結局エネルギーを貰って帰るのはボクのほうだ。

投資オフ会というと若干打算的な臭いがして、敬遠する人がいるかもしれないが、実際には世間でよく行われているオフ会と変わらない。

勝っている人が多ければ多いほど、その場が明るくなるのはいうまでもない。
[ 2018/02/10 15:56 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

仮想通貨の世界に寄生している詐欺師たち

いつの時代も騙す人たちがいて、それにひっかかる人たちがいる。

投資で楽をしてお金を稼ぎたいって夢見る素人と、彼らをカモにして金儲けしようとする人。

詐欺師と詐欺師に騙される人、その需要と供給だけで成り立っている世界がある。

リアルで相場で勝ってる人たちがいるマーケットとはまったく別のところに、不毛なマーケットが存在しているのだ。

リアルな勝ち組トレーダーたちはこのような世界には興味もないし、積極的にかかわらろうとしないだろう。

投資家が素人を騙す商材屋をたいして敵視しないのは、 自分達のいる世界とは別の世界でやり取りされている出来事だから。

商材屋にダマされお金をむしり取られる人たちの中には、どのみち相場で勝つことなんて無理と悟り、自分達も新たに商材屋になり素人相手に金をむしり続ける。

狡猾な商材屋は過去に自分も同じような商材屋に騙された痛い経験があるに違いない。

繰り返される負の連鎖。

これも市場原理のひとつの側面であり、仕方がないのかもしれない。

昨今の仮想通貨ブームも、ファイナンシャルリテラシーの低い貧困層をターゲットにしているように思う。

仮想通貨取引所そのものが怪しいところが多すぎる。

ユーザーの利益を追求してより良いプロダクトを作っていくより、情弱から金をむしり取るビジネスモデルのほうが儲かってしまうのだ。

たとえば政府公認の宝くじもその部類に入る。

TVでCMをバンバン流し、消費者の射幸心を刺激し、当たる確率の極めて少ない金融商品を売っている。

不毛で残酷な世界だが、そのような罠に引っかからないようにするのも現代社会を生き延びる処世術のひとつだろう。
[ 2018/02/10 15:04 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

デッド・キャット・バウンス

ウォール街で囁かれている相場格言の一つに“デッド・キャット・バウンス”というのがある。

“高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返る”という意味で、ようするに相場が暴落したときには必ずといっていいほど小さな反発が起こることを示唆している。

何年に1度というセリクラが起こるときでも一直線に下落するのではなく、節目節目でリバウンドしながら落ちていく。

“落ちるナイフはつかむな”という格言があるが、著名投資家のピーター・リンチは“ナイフが地面に突き刺さり、しばらく揺れて、しっかりとまった後でつかむのが正しい”としている。

098_20180210073111312.jpg

ダウ先物5分足チャート

今回のような大暴落ではリバウンドも派手だ。

しかし、これで下落トレンドが終わったと考えるのは早計で、単なる“デッド・キャット・バウンス”に過ぎず、さらに暴落する可能性も考慮しておかなくていけない。

ボラティリティがあるので、ツボにはまったときは絶好の収益チャンスでもある。

株式市場は仮想通貨市場のようなノミ行為もなく、スプレッドも狭いので、とてもトレードがしやすい相場環境を提供してくれていると思う。

証券会社からお金が下ろせないなんていうリスクもないしね。
[ 2018/02/10 07:27 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

ナショナリズムとヘイトスピーチ

ナショナリズムは貧困の思想だといったのは、ポール・クルーグマンだったか、ハイエクだったか忘れた。

最近では投資家の瀧本哲史氏が自らの著作「君にともだちはいらない」で、「ナショナリズムに固執する人は、貧しい人が少なくなく、ほとんどの社会の中で底辺に属している」と書いている。

たしかに、フェイスブックやツイッターで韓国や中国を誹謗中傷するようなヘイトスピーチを繰り返す人、いわゆるネット右翼と呼ばれる人たちはほぼ年収300万以下という統計データがあるようだ。


「お前ら、そんな暇あったら将来の生活のために、経済や投資の勉強でもしてリッチになれよ!」



ヘイトスピーチを繰り返す貧困層にはそんなメッセージを送りたい。

どの国にもいつの時代にも排外主義者やレイシストは一定数の数で存在する。

今日の日本で靖国問題や尖閣問題がクローズアップされるのは、やはり日本の経済が低迷しているのと無関係ではないだろう。

日本が高度成長期の真っただ中のときは中国と韓国との関係は良好だった。

社会の不寛容さは、経済問題と水面下で繫がっている。

過去の多くの国際間の戦争の遠因は自国の経済の悪化を打破するために遂行された。

日本経済が回復すれば隣国との軋轢も自然と解消されるのではないかと考えていたが、残念ながらそれは当分先のことになりそうだ。

ドナルド・トランプがアメリカの大統領になって以降、人類が人類を滅ぼす確率は確実に高まっている気がする。
[ 2018/02/10 05:29 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

行き過ぎもまた相場

日経平均の暴落が止まらず、ついに下げ幅が1500円を突破した。

財政赤字の拡大懸念で国債値下がり、長期金利の上昇懸念から株価下落というロジックである。

もっともこれまでの株価上昇が異常であり、これが健全な市場というものだろう。

4242242.jpg

ダウ年間日足チャート

ダウ平均も1175ドルという過去最悪の下げ幅を更新しており、リーマンショックの2008年10月13日の936.42ドルの下落幅を記録を更新した。

株価は暴落しているが、あのときのような悲壮感は微塵もない。

報道も「ああ、またか」という感じで、ひとつのニュースとして消化している。

2008年の暴落は世界中がてんやわんやの大騒ぎで、あれから10年経って投資家もメディアも免疫ができているのだ。

つーか、仮想通貨の暴落と比較すると可愛いものだしね。

リスク回避で円を買う動きがあっても、それ以上にドルを買う動きが強いから、ドル円がなかなか下がらない。

リーマンショックの時はドル円もナイアガラの滝のように下落していたので、過去最高の株価暴落といってもピンと来ない。

これからは株式市場が大きく下落する場面では、逆にドル円が上昇するというアノマリーが常識となるのかもしれない。

こうした下落相場で勝つのはショートポジションを戻り売りするのが正しい戦略なのだが、実際にショートで稼ぐのは抵抗があるという人も多いだろう。

下落相場は損切りのスキルを磨くのに最適だと思う。

この局面で「ちゃんと負けること」ができれば、この先も退場することだけは避けられる。
[ 2018/02/10 04:43 ] 市況 | TB(0) | CM(0)

保身に走る人

今、日本の若者のあいだでは公務員が人気らしいね。

社会のために奉仕をしたいから公務員を目指すのではなく、自分の地位が安定して、一生食べるのに困らなそうだからというのがその理由らしい。

特別年金目的で議員の職にしがみついている政治家も多そうだ。

そんな不純な動機で役人になられたら、税金を払う身にとってはたまったものではないが、つまりそれだけ不況であり、社会全体が保身に傾いているといえそうだ。

保身は気分を凹ませる。

ある人の行動をみていて、「あれはちょっと腑におちないよなぁ」と思うような所作というものは、後から「あぁ、あれはあの人の保身行為だったんだ」と思うと納得できることが多い。

保身に走る人間に輝きはないのだ。

トレーダーは保身とは真逆のリスクを背負ってなんぼの仕事だ。

なんの保証もないという点では、カタギの仕事ではない。

稼げなくなれば退場を余儀なくされる完全実力主義の世界。

自分の持てる力を総動員しても、必ず勝てるとは限らない。

明日生き残っているかどうかもわからず、人生ゲーム的なスリルと常に背中合わせでもある。

だが、リスクを引き受け、自分の好きなことをやっている人は気持ちがいい。

独立してなにかにチャレンジしようとする人間は、職業を問わずポジティブな輝きを放っている。

ある人の行動をみていて、「ちょっと粋だよね」と思うような所作というものは、後から「あぁ、あれはあの人の素の性格から自然とできる行為だったんだ」と思うとなんだか嬉しくなる。
[ 2018/02/10 04:17 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

2月05日  -69
2月06日  -35
2月07日  -130
2月08日  -189
2月09日  +71

total -354

為替ではボロボロだったが、日経平均を売って利益がでた。しかし、今月に入って散々な成績だな。もはや引退勧告されるレベルだが、修正するべき点は理解している。しかし、トレードに「たら」や「れば」は禁物だが、もし先週のユーロ円とポンド円のショートポジションを損切らずに持ち越していたら口座の金額の倍近くの利益になった。こればっかりはしょうがない。
[ 2018/02/10 00:03 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき