ロスカット あの日の涙 虹となる

イエレンFRB議長の議会証言

日本時間25日午前0時、NY時間午前10時にイエレンFRB議長の議会証言があった。

「失業率の段階的低下が可能なほどにGDPは強い」

イエレン氏のこの発言に、マーケットは円安ドル高で反応。

ドル円は119.84円と、2月12日以来の高値を更新。

一方で、ユーロドルは1.1288ドルまで下落した。

22222.jpg

↑はドル円の1分足チャート。

11111.jpg

↑はユーロドル円の1分足チャート。

その後、「雇用情勢はさらに改善の余地がある」と語ったことから、期待感に水をさしたようなムードとなり、ドル円は119.20円まで売り込まれ、ユーロドルは1.1355ドルまで反発した。
[ 2015/02/25 00:46 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)

今年最初のFOMC

本日午前4時、6週間ごと、年に8回行われる米連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee、略称:FOMC)の金融政策が発表された。

アメリカ経済は目先堅調で、金融政策に変更なしとし、大きなサプライズはなかった。

しかし、声明発表後、しばらくしてリスク回避の動きが強まり、クロス円が買われた。

87hb.jpg

↑はFOMCの声明直後のドル円1分足。

画像では逆張りで取りやすそうな値動きだが、実際は激しく小刻みに乱高下し、個人投資家が手を出す相場ではなかった。

したがってノートレード。
[ 2015/01/29 04:50 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)

ドラギ砲炸裂!

ECB政策金利発表から45分後、日本時間の22日午後10時30分にドラギECB総裁の会見が始まった。

今年3月から国債など月600億ユーロ(約8兆2200億円)ずつ、2016年9月まで、あるいはインフレ率が2%に近づくまで量的緩和を継続すると表明。

ECBが市場に投入する金額は3兆ユーロ強、日本円にしておよそ411兆円であり、日銀の黒田バズーカ砲のマネタリーベース、350兆円の規模を凌ぐ。

事前にリークされた情報では、月500億ユーロであり、予想を上回る数字にマーケットはジワジワと反応した。

2541.jpg

↑はユーロ円15分足。

ユーロドルは100pips以上売られ、11年ぶりの安値を更新。

ユーロ円も200pips以上売られるという暴落っぷり。

100pips程度下がったら押し目買いするという小生の戦略は見事にハズれた。

ここは素直にショートでエントリーするべきだったのあり、意地になって全力ナンピンしていたらメインの口座が壊滅するところであった。

結局、ユーロ円のロングポジションを大量にロスカットし、ドル円の押し目買いでなんとか利益を捻出する。

ユーロ安というせっかくの儲けるチャンスを、相場の見通しの甘さから、逆に危機的状況を招く結果となってしまったことが悔やまれる。
[ 2015/01/23 00:21 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)

ECB政策金利発表

日本時間午後9時45分、欧州中央銀行(ECB)は、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.05%に据え置いたと発表した。

62321.jpg

↑はユーロドル5分足。

マーケットは織り込み済みであったのか、たいして反応せず。

先週のスイスショックの凄まじいボラティリティを経験しているだけに、なんだか拍子抜けのような相場だなと思いきや、怒濤の暴落はその数時間後にやってくるのであった。
[ 2015/01/22 22:37 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき