FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

上海総合指数が続落

世界のGDP成長に対する寄与度が最も高いのは中国で、全体の36%を占める。

したがって、中国経済の成長が鈍ってくると、世界中のマーケットに影響を及ぼすことになる。

19日午前、上海総合指数が続落でスタートし、リスクオフの動きが加速した。

222_20150821003751b68.jpg

日経平均2251分足チャート。

444_201508210037497aa.jpg

US301分足チャート。

333_20150821003750d39.jpg

豪ドル円1分足チャート。

1111_20150821003753710.jpg

ドル円1分足チャート。

中国の経済と密接に関係しているオセアニア通貨も下落した。

日経平均が続落しているのにもかかわらず、ドル円がもみ合いで推移している。

円がすべての通貨に対して売り込まれていない限り、本格的なリスクオフ相場ではなく、反発する可能性が高い。

今回のようなケ-スでは、もっと積極的にリスクを取るべきだったかもしれない。

この先どうなるかわからないが、今のところ中国政府の強引な買い支えが功を奏しているといえそうだ。
スポンサーサイト
[ 2015/08/20 01:11 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき