FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

未必の故意

「未必の故意」という言葉がある。

積極的にその実現を意図するわけではないが、実行されたらされたで、別に構わないとする態度、あるいは実現の可能性を容認している状態を指す。

今やっているトレード手法はまさにそれだ。

正しくないやり方と認識しており、しかも大きな損をする可能性があると知りながら、スリルを求めんがためにあえてリスクを負っている。

もしかしたら、自分の中で潜在的な破滅願望があるのかもしれない。

本当に心の底から成功したいと望まなければFXは勝てない。

敵は自分の心の中に潜んでるのだ。
スポンサーサイト



[ 2019/08/22 05:35 ] 反省 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき