FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

NBAプレーヤーに学ぶ矜持のあり方

かってボストンセルティックスのスタープレーヤーで、現在はデンバーナゲッツに所属しているアイザイア・トーマスは、レブロン・ジェームスと並んで現在のNBAの中で最も好きな選手でもある。

42424242

「NBAのポイントガードの中で自分は今どの位置ぐらいにいると思いますか?」

と問われたアイザイア・トーマスの回答。

「自分は世界で最も優れたプレイヤーの一人だ。それはポイントガードに限った話ではない。」

ここまで言い切ってしまえるメンタルの強さが彼の最大の武器だろう。

2メートル近くの巨人がひしめくNBA選手の中で、身長180センチにも満たない彼が活躍するには絶対に必要不可欠な要素であるもといえる。

「自分は日本で最も優れたトレーダーの1人だ。それはFXに限った話ではない」

天才がひしめく為替市場でこの台詞を吐けるほど身の程知らずではないが、気持ち的にはそれぐらいの矜持を持ってマーケットと対峙すべきだと思っている。
スポンサーサイト
[ 2018/09/14 15:12 ] NBA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき