ロスカット あの日の涙 虹となる

ドロ-ダウン

大負けするときのパターンはいつも決まっている。

怒りの感情が制御できなくなり、見境なくポジションを保有してしまうことだ。

昨夜はその悪い癖がでてしまった。

気が付いたら、建玉一覧にポンド円とポンドドルのロングポジションを何枚も所有していた。

99999_201805150821237ce.jpg

ポンドドル5分足チャート

チャート的には決して難しい相場ではない。

むしろ絶好のチャンスであり、素直に順張りで入れば大きく利益が出たはずだ。

だが、ここであろうことか逆張りをしてしまった。

しかも、朝起きたら逆指値のストップを入れていないドル円のショートポジションで含み損が出ていた。

恐ろしいことに、どこでエントリーしたのかまったく記憶にない。

ワインを飲んで、若干酔っぱらっていたことは言い訳にならない。

何回も同じ失敗を繰り返している自分に対して憤りを通り越して呆れている。
スポンサーサイト
[ 2018/05/15 08:25 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき