FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

ビットコインの2140年問題

ビットコインのマイニングの電力が、世界の消費電力の0.3%に到達したらしい。

すでに世界中の159ヶ国のそれぞれの消費電力量よりも多くの電力を消費しており、2018年の10月には、イギリスの総電力消費量をも凌駕するのではないかと予想されている。

しかし、専門家のあいだでは、このままマイニングの電力が右肩あがりに上昇することはないという意見が多数派を占める。

なぜなら、ビットコインには発行上限数があり、そのことが悲惨な未来を招く理由とされているからだ。

ビットコインの発行上限数は2100万ビットコインと決められていて、2028年頃にはビットコインの上限の28%が、2032年頃には99%が、そして2140年にはすべてのビットコインが発行済になるとされている。

それ以降も、ブロックは記帳され続け、取引を続けることは可能だが、マイニングに対する報酬はまったく付与されない。

ビットコインを取り引きするインセンティブがないでのあれば、終わりの日が来るまえに撤退する業者が相次ぐだろう。

マイニングは事実上ビットコインを動かす生命維持装置みたいなものだ。

それが行われないとなると、市場はどう判断を下すのか容易に想像できる。

もはや利用価値の失ったビットコインは投資家に見捨てられ大暴落を起こす可能性が高い。

ウォーレン・バフェットはビットコインを「ヘロインを二乗したようなもの」と発言し、チャーリー・マンガーに至っては、仮想通貨への投資は「糞を取引する」ようなものだと形容している。

現在ビットコインは9000ドル前後で推移しており、すぐに下落するような雰囲気はないが、やはり個人的には長期で保有しようとは思わない。

発行上限数に到達しても、複数台のパソコンにビットコインのソフトウェアがある限り、ビットコインはずっと存在し続ける。

ただし、誰にも見向きされないような状況になると、円やドルに換金できなくなるほどその価値が限りなくゼロに近くなるもしれない。

いずれにしろ、この先仮想通貨が世界中の市場で使われるようになったとしても、その主役は間違ってもビットコインではない気がする。
スポンサーサイト
[ 2018/05/14 00:01 ] ビットコイン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき