FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

トランプ大統領がツイッターでつぶやくたびに相場の雰囲気が急変する。

今回は「シリア攻撃がいつになるとは言っていない」というコメント。

この発言でシリア攻撃への警戒感が薄れ、地政学的リスクが少なくなったために、大幅に株高円安が進んだ。

日本時間の18時から午前0時まで、6時間にわたって上昇トレンドが続いた。

ダウ平均は24500ドル付近まで300ドル近く騰がった。

ドル円は107円11銭から107円43銭まで押し目らしい押し目もなく上昇。

ポンド円は約2カ月ぶりの高値152.83円をつけた。

98766.jpg

ポンド円5分足チャート

ドルコスト平均法で、ドル円とポンド円をナンピンしていたが、午前0時にすべて損切り。

素直に円を買っておけば爆益なのに、基本的なセオリーとは真逆の売買をしている。

スキャルピングの場合、「ここは絶対に買い」が数秒後には「ここは絶対に売り」になるケースは頻繁にある。

そこで臨機応変に対応できず、無駄に抗うことようなことばかりしていたら、資金がいくらあっても足りない。

最近は些細なミスがきっかけで、最終的に自暴自棄になってそれまでの利益をすべて溶かしてしまう破壊的なトレードが多い。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という諺があるが、今回はまさに必然的な負けだった。

しかし、考えようによってはこのような結果になってよかった。

間違った売買によって利益が発生してしまうと、結果オ-ライだとして後々もっと大きな損をしかねないからだ。
スポンサーサイト
[ 2018/04/13 03:49 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき