FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

The Synth Hero Show w/ Chris Carter - 5th March 2018

スロッビング・グリッスルのクリス・カーターがおよそ60分ほどのミックス音源「Synth Hero Mix」を公開した。

70年代、80年代のアンダ-グラウンドな電子音楽を網羅していて、とてもク-ルなミックスになっている。

80年代は音楽だけでなく、サブカルチャ-全体が独特の熱を帯びていた。

ブレ-ドランナ-が公開され、サイバ-パンクなる小説が読まれた。

ミックスからはその当時の雰囲気が妙に生々しく伝わってくる。

音源はここで聴ける。

TRACKLIST:

BBC RADIOPHONIC WORKSHOP, JOHN BAKER - MILKY WAY
DAPHNE ORAM - POP TRYOUTS PART 1
DAPHNE ORAM - KIA ORA
DAPHNE ORAM - POWER TOOLS
DAPHNE ORAM - ROTOLOCK
BBC RADIOPHONIC WORKSHOP, DELIA DERBYSHIRE - SCIENCE AND HEALTH
BBC RADIOPHONIC WORKSHOP, DELIA DERBYSHIRE - A NEW VIEW OF POLITICS
JOE MEEK, THE BLUE MEN - LOVE DANCE OF THE SAROOS
WENDY CARLOS - TIMESTEPS
PAULINE OLIVEROS - THIS GREAT FOOLS STAGE
BBC RADIOPHONIC WORKSHOP, DESMOND BRISCOE - QUATERMASS AND THE PIT
WHITE NOISE - THE VISITATIONS
VANGELIS - AT MR. CHEW'S
GIL MELLÉ - WILDFIRE
BARRY GRAY - UFO MAIN THEME
PIERRE HENRY - LES PETITS MÉTIERS
BBC RADIOPHONIC WORKSHOP, DAVID CAIN - WAR OF THE WORLDS
SUZANNE CIANI - SECOND BREATH
JOHN CARPENTER - THE THING
KLAUS SCHULZE - SENSE
TANGERINE DREAM - RUBYCON
JOHN BARRY - NIGHT IN THE OUTBACK
THE ART OF NOISE - ROBINSON CRUSOE
GAVIN BRYARS, TOM WAITS - JESUS' BLOOD NEVER FAILED ME YET (THE SINGLE)

スロッビング・グリッスルっていってもピンとこないひとがほとんどだろう。

日本じゃほとんど無名に近いバンドだと思うけど、80年代はポストパンクとしてイギリスじゃそこそこ名声を得ていた。

クリス・カーターはもう70歳近くだと思うけど、今でも現役で活動しているのがスゴい。
スポンサーサイト
[ 2018/03/14 14:25 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき