ロスカット あの日の涙 虹となる

LeBron James VS Donald Trump

レブロン・ジェームスのトランプ大統領批判が止まらない。

つい先日も「バカだな」と自身のSNSに投稿した。

トランプ大統領は人種差別主義者としてアメリカのスポーツ界全体から忌み嫌われており、昨季のリーグ覇者であるウォリアーズが優勝チーム恒例のホワイトハウス表敬訪問を取りやめる事態になっている。

記者会見に臨んだレブロンは、自身の言葉の選択について後悔していないかと問われると、無表情で「ノー」と回答。

この件に対し、FOXニュースの女性キャスターがトランプ批判を繰り返すレブロンに釘を刺した。

「不幸な事にこのようなバカなコメントを真に受ける子供や大人もいるでしょう。これが高校から1年はやくNBAヘ行こうした人間に起こる事です。政治的な事は自分の中に留めておき、黙ってドリブルしてればいい」

この発言に対し、レブロンがSNSにアップした画像がこれ。

I am more than an athlete

その後に行われた記者会見で、レブロンは女性アナウンサーに対して感謝していると述べた。

「ただ黙ってドリブルはしない。彼女の名前なんて知らないけど、ありがとう。ここでこうして本当に重要な事(社会の不正義、平等など)を話す事ができる」

オールスターゲームの会見で、NBAを代表するトップアスリートがメディアで堂々と現職の大統領を批判する。

日本では考えられないが、このあたりがじつにアメリカらしいところだ。

大胆な予想をしておくと、レブロンはアスリートの枠を超えて、近い将来、ドナルド・トランプが立っているステージに上り詰めるかもしれない。
スポンサーサイト
[ 2018/02/19 05:01 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき