ロスカット あの日の涙 虹となる

トレーディングは諦めが肝心

「諦めなければ必ず夢は叶う」、「成功するには成功するまで諦めないことだ」、「奇跡は諦めない人にだけ起こる」、などなど、世間では『諦めないこと』が美徳とされている。

しかし、世の中には、あきらめた方がいいものとそうでないものがある。

FXや株が自分に向いていないと思ったら、潔く諦めた方が得策だ。

ダラダラと続けても貴重な時間と金を浪費してしまう。

さっさと気持ちを切り替えて、もっと自分に向いている仕事なり趣味に時間を使ったほうがはるかに建設的だ。

向いていないことを無理やりやって成功を手にできるほど、この世界は甘くない。

「諦める」という言葉は、どうしてもネガティブなイメージがあるが、語源をたどれば『物事を明らか(あきらか)にする』、『思いを断つ』といった仏教の悟りに近いところから発生している言葉らしい。

「あきらめる」とは、「諦める」という意味の他に「明らめる」という意味もあるのだ。

もし、目標としているゴールに対して「諦めよう」という気持ちが生じたときは、そのゴールが本当に正しいのか、自分の望んでいる夢なのか、しっかり確認したほうがいいかもしれない。

その人にとって、そのゴールが本当に正しいものであったなら、すぐに諦める気持ちにはならないはずだ。

たとえ一時的に挫折し、「あきらめよう」と思ったとしても、いずれ再び挑戦しようという気持ちが必ず生まれる。

「どんな困難な壁が立ちはだかろうと、本気で実現したい」と思っていたなら、人は簡単に諦めたりしない。

つまり、何かを「あきらめよう」と思ったときは、要らないものを捨て、大切なものを見極めるチャンスなのだ。

トレーダーにとって、あきらめるということは退場しないためのスキルのひとつでもある。

トレーディングという作業にはミスがつきもので、ミスが発生したら、素直にそれを認め、素早く損切ることがセオリーとされる。

そこで一番やってはいけないことは利益がでるまで含み損を耐え続けることだ。

たった一つのミスでも放置おけば、壊滅的な損失につながるケースが多いことは、相場を張っているものなら誰しもが経験している。

潔く勝負を諦めることが次の勝ちに繋がるということ。

ミスをしても、いい意味で「諦める」ことができたなら、含み損が発生してもイライラしないですむ。
スポンサーサイト
[ 2018/02/18 10:15 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき