FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

行き過ぎもまた相場

日経平均の暴落が止まらず、ついに下げ幅が1500円を突破した。

財政赤字の拡大懸念で国債値下がり、長期金利の上昇懸念から株価下落というロジックである。

もっともこれまでの株価上昇が異常であり、これが健全な市場というものだろう。

4242242.jpg

ダウ年間日足チャート

ダウ平均も1175ドルという過去最悪の下げ幅を更新しており、リーマンショックの2008年10月13日の936.42ドルの下落幅を記録を更新した。

株価は暴落しているが、あのときのような悲壮感は微塵もない。

報道も「ああ、またか」という感じで、ひとつのニュースとして消化している。

2008年の暴落は世界中がてんやわんやの大騒ぎで、あれから10年経って投資家もメディアも免疫ができているのだ。

つーか、仮想通貨の暴落と比較すると可愛いものだしね。

リスク回避で円を買う動きがあっても、それ以上にドルを買う動きが強いから、ドル円がなかなか下がらない。

リーマンショックの時はドル円もナイアガラの滝のように下落していたので、過去最高の株価暴落といってもピンと来ない。

これからは株式市場が大きく下落する場面では、逆にドル円が上昇するというアノマリーが常識となるのかもしれない。

こうした下落相場で勝つのはショートポジションを戻り売りするのが正しい戦略なのだが、実際にショートで稼ぐのは抵抗があるという人も多いだろう。

下落相場は損切りのスキルを磨くのに最適だと思う。

この局面で「ちゃんと負けること」ができれば、この先も退場することだけは避けられる。
スポンサーサイト
[ 2018/02/10 04:43 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき