ロスカット あの日の涙 虹となる

貧困層をターゲットにしたビジネス

テレビメディアにおける業界人の本音が興味深い。

ビートたけし

「情報ってだれが出してるんだってことですよ。 広告代理店はじめ、いろんなところが、次はここに行かないといけないとか、流れをつくっていくわけですよ。 それにみんな家畜のように、檻(おり)から檻へと動かされている。その構図が格差を生んでいるのに気づいていない。 今の日本って、品がいいとか悪いとか言わなくなったね。 どうしてこう下品になったか。 貧乏を貧乏の中に封じ込めて、その中で金を回すという商売が多すぎるんだよ。」


土屋敏男(TVプロデューサー)

「実は、ぼくら地上波のテレビをやっている人たちは、視聴者を信じていないんですよ。 見ている人のことを、かなりモノがわからない人だと想定して、その人たちにどう見せるかと工夫しているんです。 ものすごく悪い言い方をすると、もう『どうせ馬鹿が見ているんだ』と、みんな絶対にクチには出さないけれども、どこかの所ではみんながそう思っているようなフシがありますね。」

池田信夫(元NHK)

「 私がNHKに勤務していたころ教わったのは、『典型的な視聴者は、50歳の専業主婦で高卒だと思え』ということだった。 たぶん民放はもっと低く設定しているだろう。それが市場メカニズムでは正解である。 1億人の知的水準の平均値は、想像もできないぐらい低いのだ。」

堀江貴文

「みんなが思考停止に陥ってるからこそテレビはやるわけですよね。ある意味、思考停止ビジネスというか。最近よく貧困ビジネスっていうのがあるじゃないですか。 例えば消費者金融の過払い金の差し戻しの請求訴訟で弁護士業界が儲かってたりとか、モバイルゲームでGREEとかディー・エヌ・エーという会社が儲かってたりとか。 今はそういった所謂貧困層で暇な人達を相手にしてるビジネスが凄く流行っていて、でもその人達って意外と思考停止になっていて、自分達が搾取されていることに気付いてない。 気付いてない事をいい事にそれをターゲットにして、またビジネスを展開してるというのが今の現状ですよね。 今、モバイルゲーム、弁護士業界がTVスポンサーのトップ1,2なわけですよ。その前は消費者金融だったでしょ。その前はパチンコ。これ全部貧困ビジネスなんですよ。 貧困層をターゲットにしたスポンサーがいて、そういった番組を視聴率を上げて見せて、思考停止の人たちを量産していってるという状況なんですよね。」


TVではあいかわらず相撲のニュースを垂れ流しているが、彼ら業界人のコメントを読めばその理由も「推して知るべし」だろう。

つまり、貧困層で暇な人たちを相手にどうでもいいコンテンツを展開しているということ。

そのほうが視聴率を稼げるからだ。

最近話題になっている「仮想通貨ブーム」も同じ層をターゲットにしている。

楽をして人生一発逆転を狙いたいと思っている人たちは、詐欺まがいの仮想通貨業者の美味しい誘い文句に弱い。

もちろん初期の頃のFXブームだってそうだ。

そのなかのほんのわずかな人たちだけが億万長者になっている。

だが、本当に賢い人はFXなどの危険な香りのする投資ゲームには最初から参加しない。

くりかえすけど、世間で簡単に儲かると宣伝している金融商品はほぼすべてがファイナンシャルリテラシーの低い貧困層をターゲットにしていると思って間違いない。

自分がFXに手を染めたのもその貧困層の中の一人だったからだ。
スポンサーサイト
[ 2018/02/08 19:07 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき