FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

為替の時間帯における値動きの違い

為替相場は、月曜午前6時からオープンし、土曜の午前6時までオープンしている。

会社ごとにメンテナンスを延長しているところもあるが、基本的には24時間月曜から金曜まで取引可能だ。

今回は自分自身の確認のために、時間帯ごとの為替の値動きの特徴と、それに対応するストラテジーを書いてみることにした。



6:00~9:00 シドニー市場

クロス円は市場参加者も少なく、あまり動かないことが多い。

NY市場のトレンドを受け継ぐように、緩やかなトレンドが発生するときがある。

指標によっては、豪ドル、NZドルはボラティリティが高くなりがちなので、安易な逆張りは避けたいところ。

午前7時10分から20分のあいだに多くの証券会社のシステムメンテナンスが行われるせいもあってか、不穏な値動きになることもある。

そこである裏技をつかって利鞘を稼ぐトレーダーさんもいるのだが、その手法が今も通用しているのかどうか不明。



9:00~12:00 東京市場 

9:55までに、銀行が企業や個人との取引に使う為替レートを決める。

いわゆる中値というもので、公示レートと呼ばれることもある。

この時間帯は、輸入企業のドル資金調達の注文が入るため、若干ドル買い傾向がすすむときもある。

とくに5の倍数の「ゴトウ日」にはまとまった買いが入るといわれている。

だいたい凪相場なので、狭いレンジの上下をコツコツと細かく取っていく。



12:00~15:00 東京市場 

特に目立つ動きがなく退屈な時間だが、じつは過去の取引履歴を見ると、この時間が最も効率よく稼いでいるんだよね。

狭いレンジで振動のような値動きが多いのも特徴で、ボリンジャーバンドの1分足の逆張りが比較的うまく機能する時間帯でもある。

たまに中東マネーと思われる大きな動きが突然起きたりする。

でも、すぐもとの値段に収斂するパターンがおおいので、慌てて損切りすると酷く後悔することになる。

この時間帯に限り、含み損が発生したときの、ナンピン、マーティンゲール戦略はアリだと思う。

東京時間の15時は、東京市場の行使期限のオプションが消滅する時間帯だ。この時間を境にいっきに注文がなくなってしまったり、買い優勢の相場が売り優勢になるなど、それまでの相場の流れが変わることがあるので注意が必要だ。



15:00~20:00 ロンドン市場オープン

ユーロ圏市場が動き出す時間。

日本時間の午後4時、ロンドン時間の午前8時の中値決め(略してロンパチと呼ばれる)があり、日本の中値きめと同様に大口注文が入りやすい。

日本市場が終わった直後、午後3時からいっせいに欧州勢が動き出すこともある。

そこから「午前中は円安、15時以降円高」というアノマリーが生まれたのかもしれない。

欧州の重要な指標発表が増えてくるにしたがって、相場の動きが活発になってくる。

ただ、午後7時から8時にかけては欧州地域が昼休みになっている場合が多いので、まれに嵐の前のような静けさになるときもある。



21:00~深夜0:00 ニューヨーク市場オープン

ロンドンとニューヨークが交差する時間。

つまり、一日のうちで最も出来高の多くなる時間帯で、大きなトレンドが発生しやすい。

NY時間のオープンが近づくにつれ、徐々に雰囲気が変わるってくる。

具体的にはボリンジャーバンドの+2の収斂を狙う逆張りが通用しなくなってくるのだ。

バンドウォークが頻繁に現れるようになり、気がつけば含み損みたいなw

なので、最近は午後8時を過ぎたあたりから、意識して移動平均線の傾きの方向に沿った順張りに切り替えるようにしている。

NY時間に入ってからは、東京・欧州時間の高値と安値にレジスタンス・ラインとサポートラインを引き、そのレンジブレイクを狙っていく。

この手法は、ロブ・ロッカーのNYボックスとほぼ同じで、大きなpipsを獲得するチャンスでもある。

これだけ一方方向に動いたのだから、そろそろ戻すだろうと安易に逆張り目線でエントリーすると、その後にさらに加速するパターン多し。

それで過去に何度もブッこいている。

雇用統計など、米国の経済指標の発表が相次ぐ時間帯でもあるので、あらかじめ発表される指標をチェックしておく。

僕はよく羊飼いさんのサイトを見ている。

指標トレードは、ハイリスク・ハイリターンだが、それ専門で稼いでいるトレーダーも少なからずいる。

ここでも順張りが基本だ。

順張りと逆張りと欲張って両方取ろうとすると、先週の僕のように失敗する。

午前0時にはオプション取引の「ニューヨークカット」もあり、ボラティリティ増大に拍車がかかる。

ナンピンはFXにおいては必ずしもご法度だとは思わないが、この時間帯だけはやめたほうがいいと自分に言い聞かせている。

大きな波に飲み込まれ含み損が増大する危険があるので、損切りも徹底するようにしている。



深夜1:00 ロンドンFIX

ロンドンFix(ロンドン現地時間16時)はロンドン時間の「仲値」みたいなもので、世界中の投資家が注目している。

wm社という会社がロンドン16時のレートを参考に、fixレートを発表しているので、別名wmレートと呼ばれる。

大口の機関投資家が投資信託のポートフォリオの組み入れをするのもこの時間帯で、日本の投信会社、年金ファンドもこの時間帯に買ってくるという。

このような外貨買いの動きが原因で、クロス円が円安傾向になるいうアノマリーがあるらしいが、最近はあてはならないことも多い。

この時間はテクニカルよりも需給の動きによって相場が大きく変動しやすく、RSIやストキャスのようなオシレーター系のインジゲーターも、ダイバージェンスがでまくりで逆張りが通用しなくなる。

ボラティリティがあるので稼ぎやすいのだが、個人的にはあまり積極的に参入しようとは思わない。

この時間帯はどうしても苦手意識が拭えない。

もはやトラウマだな。




深夜1:00~早朝6:00 ニューヨーク市場

日本は真夜中だが、NYはランチタイムから午後にかけての時間。

ここからは移動平均線の傾きの方向に沿った順張りから、再びボリンジャーバンドの収斂を狙った逆張りに戻す。

ダウの値動きを横目で睨みながら、細かい振動をスキャでコツコツ取っていく。

ロンドン市場は午前2時にクローズし、値動きが落ち着いてくるが、ウォール街のクオンツの連中が、お小遣い稼ぎに個人投資家からお金を巻き上げようとトラップを仕掛けてくるので最後まで油断がならない(笑)。

今年5月7日の誤発注悶絶セリクラが起こったのもこの時間帯だった。

あのときはまずダウが大きく下落し、それに連動するように為替もナイアガラになった。

基本的にNYの連中が起きている時間帯は、奴らに逆らってはいけない。

ジャイアンに媚びるスネオのように、余計なバイアスを排除し、値動きに従順についていくのが無難だ。


ここで興味深いアノマリーをひとつ。

NY市場が閉まるのは現地時間の午後5時、日本時間の朝7時で、シドニー市場だけが開いている時間になる。

出来高が非常に少なく、大口のプレイヤーが不在な為、NYのトレンドをそのまま追随するケースになりやすい。

午前8時になり東京市場が開くと、NY市場の終値に吸い寄せられていく。

シドニー時間に大きく動いているようなら、東京市場オープン後に逆張りするというのもストラテジーとしては面白いかもしれない。

ゼロサムゲームな為替相場において、時間帯によって異なる値動きの癖を把握し、それに適した戦略で攻めることは、確実に利益を得るための大きなアドバンテージになりうる。

FXと株は値動きのくせがまったく異なるが、コアな部分では共通しているような。

値動きは人々の欲望の動きであり、それゆえテクニカルでは説明のつかない動きをする。

マーケットの需給関係を頭の中に叩き込み、その需給バランスが大きく変化したところをタイミングよく狙ってポジションを取る。

このアプローチは株に限らず、FXでも有効ではないかと。

何度も書くけど、常に再現可能な必然性を持った鉄板ストラテジーなど存在しない。

それよりも、トレーディングに必要なのは、どんな相場が来ても対応できるような柔軟性と想像力だと思う。
スポンサーサイト
[ 2018/01/30 04:14 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき