FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

BOOK AND BED TOKYO

去年できたばかりの噂の書籍ゲストハウス「BOOK AND BED TOKYO 浅草店」に泊まってみた。

26993669_1479032102218713_2002191952394596405_n.jpg

客層は若い社会人や学生が多い印象。都内の格安サウナに泊まる客層とは一線を画している。

26992082_1479032108885379_8995642689725411471_n.jpg

正直、就寝スペースは狭く、居心地は悪かった。

26903968_1479032105552046_9037057969330276689_n.jpg

ベーグルサンドは840円。お値段は高いが美味しい。

コンセプトは「泊まれる本屋」ということで、宿というより図書館っぽい雰囲気。

知らない客同士が気軽に話せるような繋がりを求めているなら、ここはあまりお薦めできないかな。

一人で読書に耽りたい人向けの高級漫喫のようなゲストハウスだった。
スポンサーサイト
[ 2018/01/24 17:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき