FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

デフレマインドの恐ろしさ

「ひとりの人間の命は国家よりも尊い」という言葉がある。

だが、本当のところは「人のいのちは何にも代え難く、国家よりも尊いという表現も可能だし、国際的なモラルを考慮し、社会を運営していくうえで建前上そういうことになっている」ということであろう。

戦前の日本では「国民は国家の為に尽くす」のが当然で、人のいのちは人的資材的な扱いをされていた。

昨今の日本でも、過労死の報道が目立ち、社会的な保証は政府の予算から削られる傾向にある。

個人的には、この傾向の根底には日本人に染み付いた〝デフレマインド〟があるのではないかと思っている。

ほとんどの人は、デフレが人の深層心理に及ぼす影響の恐ろしさが分かってない。

単純にモノが安く買えて嬉しいという程度の認識の人もいるだろう。

一番恐ろしいのはデフレが続くことでオカネの価値が上がり、物価と共に人間の価値も下がることだ。

人のいのちが軽くなり、社会的セフティ-ネットがおざなりになる。

人を労働力としてしか考えない会社経営者が多くなり、コスト重視で時給が上がらず、必然的にブラック企業が増える。

会社のためにプライベートを犠牲にして働くことに何の疑問も持たなくなり、自殺や精神疾患が増加する。

デフレマインドが蔓延したことで、日本では会社も家計も、入ってきた資金を手元に貯め込むことが習慣になっている。

片っ端から預金という形で塩漬けにしていたのでは、世の中にオカネが循環せずに増えてもいかない。

株式市場にオカネを投入することはギャンブルであり危険な行為と見なされ、人々は経済ニュースよりも芸能ニュースにチャンネルを合わせる。

この状況が続けば、よほど大胆な経済政策がないかぎり、一時的にちょっと景気がよくなったとしても市場を覆う閉塞感は打破できないだろう。

デフレによる不況が長引けば戦争に突入するというシナリオは過去の歴史が証明している。
スポンサーサイト
[ 2017/12/13 13:30 ] 雑惑 | TB(0) | CM(2)
エラーについて
はじめまして。

下記表題をクリックしてもエラーになるのですが?

2017年12月03日 17:32
天才トレーダーになるにはどうしたらよいのか (ジョンメリ)
[ 2017/12/13 23:21 ] [ 編集 ]
エラーについて
拙いブログを読んでいただいてありがとうございます。

そのコンテンツは削除しました。

ちょっとタイトルがおこがましいと思ったので。
[ 2017/12/14 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき