ロスカット あの日の涙 虹となる

唐松岳登山

10月中旬、唐松岳に登ってきた。

22552824_1390076617780929_5259294160476337762_n.jpg

午前8時、山頂を目座してゴンドラリフトに乗車。

22519562_1390066061115318_6563391292252753925_n.jpg

八方池山荘まで行くには、ゴンドラとリフトを3回乗り継ぐ。

22519731_1390117051110219_7269237216856989636_o.jpg

リフトから眺める紅葉のグラデーションが、まるでフォトショップで加工したかのように鮮やかだった。

22496264_1390117751110149_4141589046810490032_o.jpg

八方池山荘から八方池までは普段山登りしない人でも歩きやすいように整備されている。

22496364_1390113374443920_6161470718047066373_o.jpg

八方山山頂には大きなケルンが鎮座している。唐松岳ル-トにある三つのケルンのうちの一つ。

22554820_1390075664447691_699002139956029120_n.jpg

眼下には八方池が広がる。ここは日本で最も美しい場所34選に選ばれているそうだ。

22490140_1390075731114351_2771448673916535802_n.jpg

稜線から北側に目をやると遠くに白馬岳が見える。

22499213_1389498464505411_1974328387518228102_o.jpg

春にはニッコウキスゲなどのお花畑がひろがる天上の散歩道。

22490186_1390068074448450_4065230575040359491_n.jpg

ガラガラ沢と呼ばれる谷。日本アルプスならではの威容だ。

22491860_1390067901115134_5775890153508510897_n.jpg

左手奥に見えるのが五竜岳。その先には餓鬼岳、燕岳と続く。

22520100_1390116717776919_8283724135607050351_o.jpg

扇雪渓と呼ばれる雪渓。1年中溶けることはない。

22459185_1390114914443766_497318917348730410_o.jpg

午前11時、丸山ケルン到着。ここからは森林限界を超えて岩ばかりになる。

22499291_1390114894443768_2557535201045407889_o.jpg

この橋を超えると唐松岳頂上山荘はもうすぐ。

22553012_1390113607777230_1583894115920105364_o.jpg

山頂付近では雷鳥の親子が出迎えてくれた。

22539035_1390114307777160_1845028121649766350_o.jpg

午後2時、唐松岳山頂に到着。風が強く五竜岳への縦走は諦めた。
スポンサーサイト
[ 2017/10/18 21:25 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき