ロスカット あの日の涙 虹となる

Jアラートは儲けのチャンス

8月29日早朝、北朝鮮によるミサイル発射という報が伝わると、為替はドル安円高、ダウ先物は全面安と大きくリスクオフに振れた。

午前6時2分にJアラート、直後にNHKが速報テロップが入ると、まるでナイアガラのように段階的にクロス円のチャートが右肩下がりになった。

今のところ、Jアラートはショートポジションを仕込む絶好の合図になっている。

一般市民やコメンテーターのあいだでは北朝鮮のミサイル関連のニュースに関しては「怖いです」「心配です」という漠然とした不安の声があがるが、欲望に取り付かれたトレーダーはここぞとばかりに円を買い先物を売るのである。笑

69098.jpg

ドル円15分足チャート。

ドル円は109円30銭から108円30銭まで1円余り円高になったが、午後6時ぐらいから本格的なリバウンドが始まり、結局30日の午前1時にはほぼ北朝鮮ミサイル前の水準に戻した。

このパターンもお約束の値動きで、北朝鮮のミサイル関連ではリスクが限定的で、市場が本気で恐れていないのがわかる。

それにしても、日本上空をミサイルが飛んだというニュースだけでここまで落ちるのだから、実際にどこかの都市に着弾したら為替も株も想像もできないほどのセイリングクライマックスが生じるに違いない。
スポンサーサイト
[ 2017/08/30 01:53 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき