ロスカット あの日の涙 虹となる

ユーロ急騰

23日に行われた仏大統領選の第一回投票でマクロン氏とルペン氏が20%を超える得票率で決選投票への進出を決めた。

この結果を受けて24日の週明けのマーケットは極端に反応した。

仏大統領選は暫定集計で極右政党・国民戦線のルペン氏が得票率24.33%でトップとなっているが、22.24%で2位となったマクロン氏の支持を3位以下の候補が表明しており、大方の予想では最終決戦でマクロン氏が勝利するとみられている。

イギリスのブレグジットの影響もあり、ユーロ解体が懸念されていた今回の選挙だが、ここへ来てどうやら最悪の事態は避けられそうだと受け止められ、ユーロ買い円売りが加速した。

9876_20170424073617b22.jpg

ユーロドル1時間足チャート。

098_2017042407304518a.jpg

ドル円1時間足チャート。

3567.jpg

ユーロ円1時間足チャート。

日本時間午前6時00分現在、ユーロドルは昨年11月10日以来の高値1.0937ドルまで上昇。

ユーロ円は120円91銭、ドル円は110円64銭まで買われた。

どの通貨ペアも大きくリスクオンに振れているわけだが、選挙直前において指数が過剰に進み過ぎているとの見方もあり、再びリスクオフへの動きへの警戒感も高まっている。
スポンサーサイト
[ 2017/04/24 07:24 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき