ロスカット あの日の涙 虹となる

英ポンド、メイ首相の演説後に上昇

4月18日、日本時間の午後6時過ぎ頃、英国のメイ首相は緊急声明を発表し、下院を解散して2020年5月に予定されていた総選挙を今年6月8日に前倒し実施する意向を表明した。

この発言を受けて、マーケットではポンドが大きく買われる動きとなった。

今のところ、今回の選挙でEU離脱の結論が覆ることはないと見られているが、1日の上げ幅としては2008年の金融危機以降最大の大幅高となった。

789_20170420030245e15.jpg

ポンド円1時間足チャート。

朝鮮半島情勢の緊迫化など、地政学的リスクがにわかに高まりつつあるなか、ポンド円、ユーロ円、オージー円などのクロス円を全力で売っていたが、今回のポンド円の大幅高で致命的な損失を被った。

19日正午を過ぎたところで、もう戻らないと確信し、ポンド円のショート・ポジションをすべて損切りした。

やはりファンダメンタル分析を軸とした時間軸長めのスイングトレードは自分には向いていない。

市場はいついかなるタイミングでどんなことでもおこりうると改めて認識し、ポジションの大量保有は危険だと猛省するはめになった。
スポンサーサイト
[ 2017/04/19 21:32 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき