ロスカット あの日の涙 虹となる

永平寺

鎌倉時代に道元によってつくられた曹洞宗の寺院。

現在も全国有数の禅寺として知られる。

実際に行ってみたら、想像していたものよりもはるかに近代的なシステムで運営されていて驚いた。

入り口を抜けると鉄筋コンクリート5階建ての吉祥閣があり、中にはエレベーターまで設置されている。

境内で観光客を案内するお坊さんは、大企業で働くサラリーマンのようにきびきびと動いていた。

17990589_1210293269092599_1640108303734478180_o.jpg

17990554_1210292932425966_7508849971772444311_o.jpg

17973582_1210292929092633_2619744015538615450_o_20170419163528088.jpg

17972408_1210293122425947_7784269986826663377_o.jpg

234_20170419155040027.jpg

17917646_1210293302425929_3001140969507103055_o.jpg

17917589_1210292935759299_5670695498639880853_o.jpg

永平寺では、出家してない一般人も修行の体験が出来る。

選べるコースは1泊2日と3泊4日の二通り。

気軽に参加できる1泊2日のコースは「参籠(さんろう)」、本格的な3泊4日のコースは「参禅(さんぜん)」と呼ばれる。

参籠は8000円、参禅は12000円。

修行中はもちろん携帯電話などは一切禁止。

財布などの貴重品と一緒にお寺に預けなければならない。

外界からノイズを遮断し、お手軽に禅宗の厳しさを体験するにはもってこいだろう。

永平寺はいい意味で商売が上手だ。
スポンサーサイト
[ 2017/04/18 11:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき