ロスカット あの日の涙 虹となる

相場で勝つための留意点

勝ち続けているトレーダーの多くは、自分の得意な何らかの武器を持っている。

逆に何の戦略も持たずにマーケットに参戦すれば、イチかバチかのギャンブルをやるとのと同じ結果になる。

勘に頼るトレードは、地図もコンパスも持たずに海へ漕ぎだすようなものだ。

運が味方すればビギナーズラックを含む大勝ちがあるかもしれないが、最終的に負けてしまう可能性が高い。

安定して儲けるためには、統計的優位性を持った売買モデルを構築し、マーケットから退場しないようにマネーマネジメントを徹底させる必要がある。

たとえプラスの期待値を持ったストラテジーであったとしても、資金に見合った適正な投資金額でトレードしなければ、想定外の大きな波が来た時に破産してしまうリスクが高くなる。

「儲ける」ためのポイントはおおまかにわけて3つある。


⓵ 手法にプラスの期待値が内包されていること。

② 一貫した手法を継続できること。

③ 破産リスクを回避するために適正な投資金額でトレードすること。


具体的にルールを設定し、過去のデータで検証し、そのバックテストの結果に満足できれば、デモトレードでフォワードテストをしてみる。

一定期間における利益率、最大損失額、一日の取引回数など詳細にデータを取り、ルールの再検討を行った後、実際の取引においても十分に利益を挙げられる可能性が高いと判断した場合にのみ、リアルマネーで市場に参加するようにする。

マーケットからお金を得ることを決して“不労収入”と考えてはいけない。

これは極めて高度な職人芸が求められる仕事であり、一人前のスキルを習得するにはそれなりの時間を要する。

純粋な意味で“お金”はトレードのモチベーションにならない。

一流のスポーツ選手が“お金”の為だけでプレイしないように、優れたトレーダーもトレーディングそのものをゲームのように楽しんでいる。

そうでなければ、2年、3年と続けられない。

どのような職業でも共通していると思うが、単純に楽にお金を稼ぎたいという欲だけでは成功はおぼつかないだろう。
スポンサーサイト
[ 2017/03/15 07:26 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき