ロスカット あの日の涙 虹となる

コンフォートゾーンを突き抜けて自分の夢を叶える方法

コンフォートゾーンとは、内面の快適な領域、いわゆる自分にとって居心地のいい場所のことを意味する。

成功する人の多くは、この領域から積極的に抜け出す努力をしている。

ほとんどの場合、個人の収入はその人が属する社会的コミュニティで決まってしまう。

そのコミュニティの中で努力しても収入の上限は限られている。

自分の属するコミュニティから抜け出し、異なるコミュニティに移動する努力は収入増に効果的であり、就職、転職や大学受験がそれに該当する。

残念だが、日本ではコミュニティの移動手段が限られる。

故に多くの場合、努力は収入増に結びつかない。

サラリーマンで満足している限り、年収が億を超えることは不可能に近い。

さらに一段階上の収入を得るためには、居心地のいい場所を離れて、リスクを受け入れる必要がある。

自分の潜在能力を最大限に発揮するには、相対的に不安な状態、つまりいつもより少しストレスが高い環境にあえて身を晒さなくてはいけない。

株やFXなどの投資は決して易しくなく金銭的リスク、および精神的負荷がつきものだが、ある程度の技術を身につければ、自分の殻を破り、コンフォートゾーンを抜け出し、諦めようとしていた夢を叶える為の強力な手段になりうる。

どんな分野でも大きな成功は掴むためには、自分の居心地のいい場所に留まっていてはダメなのだ。
スポンサーサイト
[ 2017/03/12 02:10 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき