ロスカット あの日の涙 虹となる

沈黙

マーチン・スコセッシ監督の「沈黙」を観てきた。

5252.jpg

「宗教」について深く考える機会を与えてくれる作品。

観客の宗教的バックグラウンドによって、これほど評価が変わる映画もないだろう。

現代を生きる信仰心の薄い一般的な日本人、つまり小生のような人は、自らがクリスチャンでもある遠藤周作の“伝えたかったこと”の半分も理解できないかもしれない。

葛藤する西洋人の神父よりも、卑怯者とされているキチジローの方が、もし自分が当事者であったらああするしか仕方なかったかもしれないという点で感情移入できた。

エンドロールの間、軽薄な音楽を使わず波の音だけってのがクールで心に響いた。
スポンサーサイト
[ 2017/02/06 01:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき