ロスカット あの日の涙 虹となる

トランプリスク

S&P500指数が9日連続安になっている。

123455_201611060559291b5.jpg

S&P500指数2時間足チャート。

これは1980年以来、36年振りのことらしい。

株も為替もリスクオフに傾いている。

クリントン氏のメール問題が再浮上し、マーケットはあからさまに11月8日の米大統領選を警戒している。

141141_20161106060558776.jpg

ドル円2時間足チャート。

大統領選挙直前の3ヵ月間でマーケットが上昇トレンドであれば現職大統領の所属する政党の候補が勝ち、下降トレンドであれば負けるというジンクスがあるそうだ。

1945年以来、下げ相場で現職大統領の所属する政党の候補が勝ったケースは、僅か1回しかない。

現在の支持率はクリントンが46.6%、トランプが45.0%と拮抗している。

クリントン候補が大統領選を制した場合、FRBによる12月利上げを織り込む動きになるとの見方が多い。

つまりリスクオンに傾き、株が買われ、ドルは急上昇する可能性があるということ。

しかし、万が一トランプが当選したら、マーケットは未曽有の大暴落が起こり、ドル円は一直線に99円台に突入するという予測をするアナリストは少なくない。

トランプは大嫌いだが、ショートポジションで大きな利益を得たいがためにトランプが当選することを望んでいるリバタリアンなトレーダーもいるだろう。

過去にここまで相場に影響を与えた大統領選挙があっただろうか。

トランプとヒラリーの滑稽な誹謗中傷のやりとりを見ていると2人ともとてもアメリカの大統領になるべき素質を備えているとは思えず、できればオバマに継続してもらいたいと感じているアメリカ国民も多そうだ。
スポンサーサイト
[ 2016/11/06 05:39 ] チャート分析 | TB(0) | CM(2)
Indicator
チャート下の Long or Short を表示するインジケーターは何というものですか?
MAのクロスきっかけで切り替わっているようにみえますが。
[ 2016/11/10 15:55 ] [ 編集 ]
Moving Average Cross System
VTトレーダーにデフォルトで入っているインジゲーターです。
EMAのクロスで転換するようになっています。
トレンドフォローでは使いやすいですよ。
[ 2016/11/11 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき