FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

ヘリマネ失望相場

21日、黒田総裁は英BBCのインタビューの中で「ヘリコプターマネー」の実施の可能性を排除した。

日本は財政政策と金融政策との間の明確な線引きをあいまいにしてはならないとの考えから、現時点ではヘリコプターマネー実施の必要性も、実施する可能性もないと全面的に否定した。

この黒田総裁のインタビュー内容が市場に伝わると、円が対ドルで1%以上上昇し、他の通貨に対しても、軒並み円高に推移した。

ちなみに「ヘリコプターマネー」とは、その言葉のとおり、ヘリコプターから市中に現金をバラまくかのごとく国民に直接カネを渡し、マネーサプライを大幅に増やす景気対策のこと。

ベン・バーナンキ前FRB議長は、この「ヘリコプターマネー」の強い賛成論者として知られているが、先日、彼が来日し日本政府と接触したことで、間違いなくヘリマネ政策を日銀に迫ったとマーケットは判断した。

これをきっかけに大幅な円安株高が進行したのだが、ヘリマネ期待が夢に終わったことで、市場のリスクオンムードが消失した。

8765_201607221959182c9.jpg

ドル円1時間足チャート。

この円高によって日経平均は大きく下落し、ダウにも影響が及んだ。

戻り売りを狙ったが、クロス円が想定以上にリバウンドし、しばらくショート・ポジションが焦げ付いていた。

気合と根性で何とか利益を確保する。
スポンサーサイト
[ 2016/07/22 20:08 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき