FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる
月別アーカイブ  [ 2019年06月 ] 

勝てない理由

ここ数ヵ月負け続けているオレがいってもまったく説得力はないが、あえて断言する。

トレードは難しく考えすぎると混乱する。

ぶっちゃけ移動平均線のトレンドフォロ-だけで勝てる。

手法はできるだけシンプルなほうが勝ちやすい。

勝てない理由は明白で、一貫性のない取引をしているからだ。

根拠のない運頼みの逆張りをしたり、インジゲ-タ-をいじくりまわしてみても、あまり意味はない。

ナンピンは「負ける努力」をわざわざしているようなものだ。

自分のトレ-ドの負けの99%は自滅である。
スポンサーサイト



[ 2019/06/30 21:55 ] 反省 | TB(0) | CM(0)

カウンタートレードの弊害

逆張りトレードの要諦は「安いところで買って高いところで売る」ことで、反対に順張りトレードは「安いところでさらに売って、高いところでさらに買う」だ。

株でもFXでも大きな利益をあげている人は、どちらかというと後者の手法を実践している人が多いように思う。

もちろん逆張りトレードでも成功しているトレーダーもいる。

逆張りトレードはトレンドに逆らうという性質上、心理的に損切りができにくかったり、ナンピンありきの手法になりやすいというデメリットがある。

つまり、コツコツドカンといったトレードになりやすいのだ。

にも関わらず、逆張り癖がなかなか修正できないのは、そのやり方で成功した体験が忘れられないから。

5353

ポンドドル10分足チャート

先週の金曜日、ポンドが大きく買われたが、逆張りしていれば結果的に大きな利益が出た。

やけっぱちの逆張りや、マーチンゲールを駆使したナンピン、これらは必ずしも損になるとは限らない。

トレードのセオリーに反したやり方であっても、運が良ければ莫大な利益になることだってあるわけだ。

これは非常にタチが悪い問題で、手法を混乱させる原因にもなっている。

しかし、この悪癖を修正しないかぎり、トレーディングで長期的に大きな成功を収めることはできないと自分に言い聞かせている。

逆張り癖というのは、裁量トレードをおこうなう上で「致命的な欠点」だと認識している。
[ 2019/06/30 04:58 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき