FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

Pete Namlook & Mixmaster Morris - Dreamfish

もう20年以上前に制作された本作品であるが、今聞いても全く色褪せていないばかりか新鮮ですらある。

90年代アンビエントテクノの金字塔。

CDを所有していたが、引越しするときに売ってしまった。

今はネットで聴けるので買い直す必要はない。

いい時代になったものだ。

この音楽をイメージして、タイムラプス動画を編集してみた。

ここをクリック。

3333

Pete Namlook & Mixmaster Morris - Dreamfish
スポンサーサイト
[ 2019/04/30 09:50 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

4月22日  -76
4月23日  +574
4月24日  -2180
4月25日  +378
4日26日  -32

total  -1339

帰国して数ヵ月が経つが、まだリゾ-ト気分が抜けない。今週のFX界隈はGWのスワップ金利獲得の話題で盛り上がったが、まったく恩恵をうけなかった。それはともかく、24日にドル円のショートを焼かれたことで、逆張りとナンピンの怖さを改めて思い知らされた。ここ数年トレードスタイルに迷いが生じていたが、今週負けたことですべて吹っ切れた気がする。今までなんという稚拙なトレードをしていたのだろうかと内心忸怩たる思いを噛み締めている。
[ 2019/04/29 05:30 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

GH4

動画を撮るために中古のGH4を購入。

ユーチューバーにはGH5が人気だが、バッテリーが長時間持たないらしいので、あえて旧モデルのGH4を選択した。

今の自分にはGH5は完全にオーバースペックで、機能的にはGH4で十分満足している。

9888

おそらく来年あたりにはニューモデルのGH6が出るだろうから、安くなってからGH5を買うつもり。

それよりも今欲しいのはスムーズに動画を撮るためのジンバルだ。

DJIの「RONIN-S」が評価が高いが、かなり重いので手に入れるのを躊躇っている。

あと3年もすれば今の値段の半分ぐらいでもっと高性能なジンバルがでるだろうが、それまで待てるかどうかだ。
[ 2019/04/25 18:43 ] ショッピング | TB(0) | CM(0)

規律とトレーダー

「ゾーン」の執筆で有名なマイケル・ダグラスの初期の本。

42242

為替相場で6割程度、7割勝てるならかなり優秀なトレーダーだろう。

問題は負けトレードの処理の仕方で、それを適切にこなさないと9勝1敗でも、トータルの損失でマイナスになってしまうこともある。

逆に4勝6敗でも、リスクリワード比が良ければ利益を残せる。

9割以上の勝率を求めて、ナンピンをしたり損切りを先延ばしにするのは最終的にトレーダーの寿命を縮める。

FXを始めたばかりの頃は、損切りについてどうしても抵抗がある。

だが、そのバイアスや恐怖を取り除かないとトレーディングでは勝てない。

まず、1つの買いに対して必ず2つの売り水準(利食い、損切り)を設定する。

勝ち負けは完全無視してもいいから、とにかく自分の設定したルールにしたがってトレードするといった検証期間を設ける。

そして、それを徹底的に遵守する。

1か月間ぐらい継続すれば、メンタルも鍛えられ、それにともなっておのずと結果もついてくるだろう。

この経験がトレードで食っていける大きな自信になる。

トレーダーにとってメンタルが大切だとよくいわれる。

最初の頃は、メンタルの重要性についてどうもピンとこなかった。

本書は、なぜメンタルが大切なのか、そもそもメンタルとは何なのかということから、優位性のあるトレードについて、その手がかりともいうべきヒントを与えてくれる。


「トレードでの勝敗の80%は心のあり方によって決まり、トレードの手法や戦略の貢献度はわずか20%にすぎない」


この言葉を心の底から理解するまで、10年の月日が必要だった。
[ 2019/04/25 18:05 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ドル円で事故る

昨晩の為替相場はスワップ金利が11日分付与されるとあって、クロス円が鬼のように爆騰した。

5252

ドル円15分足チャート

112円を超えたあたりからこれはいくら何でも上げすぎだろと思ったので、逆指値を入れずに逆張りしたら、そこからさらに35銭も売られたので焦った。

その日の利益を簡単に吹き飛ばし、速攻でロングポジションをオーダーした。

結局、禁断の両建て作戦で壊滅的な損失は免れたが、最終的にドル円は111円台に戻ってきた。

逆張りショートポジションを全力で保有していたら爆益だったが、そんなまったく度胸はない。

5535

トルコ円15分足チャート

トルコ円は、スマップ金利目的の個人投資家が売買していることが如実にわかる値動きになった。

NY時間の引け後、11日分スワップ金利の付与を受けた直後に大きく急落した。

逃げ足が遅かったら巻き込まれて大損していたところだ。

他のクロス円はその時間帯でもなぜか大人しい値動きだった。

ちなみにロングもショートも同じくらい持っていたのでスワップ金利の損益は相殺され、11日分の恩恵を受けることはできなかった。

今回の件で肝に命じたことがある。

今更いうまでもないが、たとえ値幅の狭いドル円といえどもトレンドに逆らって逆張りすると痛い目にあうということだ。

もし政府の為替介入があったら、その上げ幅は今回の比ではなくトラウマ的なダメージを受けるだろう。

派手に負けたとはいえ、改めてその教訓を得ただけでも、今回の値動きを目撃したことは有意義な経験になった。
[ 2019/04/25 15:53 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)

FXは投資ではなくギャンブルである

通貨は信頼によって成立している。

その信頼は各国の中央銀行が支えている。

通貨の価値は一定ではなく、その通貨に関するファンダメンタルズ要因によって通貨同士の力関係は変わってくる。

その為替差益をトレーディングによって得るのがFXという金融商品だ。

儲けるには経済の知識はあまり役に立たない。

数字が上がるか下がるかそれだけなのだ。

取引ツールは恐ろしくシンプルで結果はすぐに出る。

口座さえ持っていれば、スマホでいつでもどこでもできる。

それはハマるゲームの条件を満たしている。

しかも、24時間取引可能なので中毒性がある。

株取引のような社会に還元できる投資ではなく、むしろネットの世界に存在するソーシャルゲームに近い。

だからこそ危険なのだ。

もしFXにチャレンジするなら大儲けしようと思わず、パチンコやマージャンのようなお遊びの範疇にしておいたほうがいいだろう。

誤解を恐れずはっきりいってしまうとFXは為替相場を賭場としているギャンブルである。

簡単に稼げると思って大金を注ぎ込むと、取り返しのつかない悲劇が待っている。

専業トレーダーなんてパチプロのようなもんだから、いくら大金を持っていようが職業的なヒエラルキーは低く、どちらかといえばアングラな商売だと思っている。
[ 2019/04/25 15:28 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

両建て両損

昨日はボロボロに負けた。

098

ドル円15分足チャート

下がったところを戻り売りしたら、強烈な踏み上げ相場になり、ナンピンして途中でブン投げ。

877

ユーロドル15分足チャート

急激に下がったところで、中途半端なところでロングを入れてしまい被弾。

そのまま含み損に耐えて持っていれば儲かったのだが、両建てという意味のないことをしてしまった。

両建ては損失と利益のバランスを取るのが難しく、よほど上手く立ち回らないとトータルで勝つのが難しくなる。

結局、ポジションを多く持ちすぎて頭の中が混乱し、ロンドンフィックスを過ぎた頃に全決済。

今月最大の負けを食らってしまった。

セオリーに従って売買すれば楽に儲かった相場なのに、わざと負けるような最悪のトレードをしている。
[ 2019/04/24 11:42 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)

諦める力

どんなに優位性のある手法でも6割、7割程度勝てれば、それはかなり優秀なストラテジーではないかと思う。

6割、7割程度の勝率であれば、2回、3回連続で負けることなんてザラにある。

トータルで利益を残すには、そうした負けを容認することが大切で、「負けても仕方ない」という意識でトレードに向き合わないととてもじゃないが長く相場を張っていられない。

辣腕デイトレーダーは例外なく、いかに効率よく負けるかという職人芸なスキルを持っている。

逆に言えば、エントリーポイントを吟味する能力はそれほど重要ではないということだ。

完璧とは行かないまでも、8割、9割以上の勝率を目指そうとすると、どうしてもロスカットを躊躇する意識が働く。

負けを認められない、つまりロスカットにストレスを感じるようであれば、それはトレードの要諦を理解していないことでもある。

絶対に負けたくないからと含み損を放置すれば、口座の資金は早かれ遅かれマーケットの養分になるだけだ。

この世界で長く生き残るには、潔く敗北を認める「諦める力」が必要不可欠であると感じる今日この頃。
[ 2019/04/22 16:18 ] メンタル | TB(0) | CM(0)

増殖するFXユーチューバー

動画共有サイト「ユーチューブ」は2005年にシリコンバレーで誕生した。

グーグルは2006年に16.5億ドル(1800億円)を投じ買収したが、企業価値はいまや1600億ドル(18兆円)を超えるとの試算もあり、テレビに取って代わるほどの巨大動画サービスになった。

グーグルにとっても、全世界で毎分500時間分の動画が投稿されるほどのメジャー市場に成長するとは嬉しい誤算だったに違いない。

ユーチューブの普及によって、動画を配信して収入を得る「ユーチューバー」なる職業も生まれた。

小中学生のなりたい職業の上位に顔を出すほどに社会的な認知度もあがった。

ユーチューバーが活躍するジャンルもさまざまだが、ゲーム実況やガジェットの紹介をしたりと、他人がやらない面白いことをやるのが主流になっている。

もちろんユーチューバーとして生きていけるだけの稼ぎを得られているのは、動画を次々とアップしている人のなかでもほんの一握りの人だけだろう。

日本人ユーチューバーの平均年収はおよそ806万円だという。

FXで億を目指すのも動画配信で億を目指すのも、どちらも同じくらいハードルが高そうだ。

最近になってFX関連の動画を配信するユーチューバーの存在が目立ってきているが、このニッチな市場はまだ始まったばかりであり、近い将来には本業のトレードよりも動画の配信の収入をメインに生計を立てるトレーダーも出てきそうな予感がする。

今後、FXユーチューバーはますます増えて、日本の為替業界にも大きな影響を及ぼす存在になっていくと想像してしまうのは僕だけだろうか。
[ 2019/04/22 14:39 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

フクロウラーメン

去年、惜しくも閉店した「伊藤家の食卓」跡地に新しいラーメン屋さんが開店した。

0000

おススメの辛味噌ラーメンを食べてみたが、素直に美味しかった。

自宅から近いので、今後は週一ペースで通うことになるだろう。
[ 2019/04/22 04:44 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき