FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

蛇の唐揚げ

シェムリアップ最大の繁華街パブストリート。

そのとあるレストランのメニューにあった蛇の唐揚げ。

お値段は2ドルと安いこともあって、試しにオーダーしてみた。

53541735_1986974961424422_2640530573432455168_n.jpg

ビジュアル的にインパクト抜群で、蛇が嫌いな人は身の毛がよだつだろう。

気になるお味だが、カリカリに揚げられており、魚の干物とそんなに変わらなかった。

シェムリアップには、他にもサソリとかカエルとかを食わすレストランがたくさんあり、ゲテモノ料理好きにはたまらない食の都といえる。
スポンサーサイト
[ 2019/03/10 22:53 ] | TB(0) | CM(0)

専業トレーダーとして把握しておくべき数値

専業トレーダーとして独立して食べていくために、重要な指標がある。

自分のトレード手法がどのようなパフォーマンスなのか、その平均値を把握しておく。

そして、月にしていくら稼ぎたいのか、具体的な金額を明確にしておかなければならない。

たとえば、証拠金が100万円あるとして、1回のトレードでどのくらいのリスクをとるかというようなことだ。

1回のトレードでレバレッジを最大25倍を効かせて、2%のリスクをとったとしよう。

損益率が平均1.5倍のストラテジーなら、勝った場合は3万のプラスで負けた場合は2万のマイナスになる。

月20回トレードで勝率5割だと、月20万円稼げる計算になる。

これは専業トレーダーとしては、毎月最低これだけは絶対に稼いでおかなくておはいけないというボーダーラインともいえる金額かもしれない。

以下、確認しておくべき数字。


✔証拠金

✔最大リスク

✔損益率

✔平均取引数

✔勝率


トレーダーの成績は波があるが、以上の数値を明確にして、平均して月30万以上利益が計上できるまでにならないと、専業トレーダーとして食べていくには大きなリスクがあるだろう。

今年の自分のパフォーマンスは散々なので、今までの手法そのものをゼロから見直す必要に迫られている。
[ 2019/03/10 22:20 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

シャムリアップでバルーン体験

今回のツアーで最も参加者の評判が良かったのが、アンコールワットを空から見下ろすバルーン体験だ。

いわゆる気球とは少し違っていて、場所は移動せずに上に上昇するだけ。

したがって料金も午前が15ドル、夕方からのサンセットを見る時間帯が25ドルとリーズナブルな料金で体験できる。

54514319_1987785361343382_3976371926267330560_n.jpg

2222_20190311132932df7.jpg

時間にして30分程度だが、アンコールワットの壮大な寺院を上から見下ろすという貴重な体験を15ドルで購入できるのは、お得なお値段といえるかもしれない。

ただし、日本ではなくカンボジアなので不慮の事故が心配ではあるが。
[ 2019/03/10 21:35 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

15年振りのアンコールワット

友人が主催しているスタディツアーにカメラマンとして同行することにした。

行先はカンボジアのシェムリアップとプノンペン。

とりあえずは、カンボジア最大の観光地であるアンコールワットへGO!

53661823_1987776554677596_3417402720334643200_n.jpg

53582155_1987775991344319_1339374118054658048_n.jpg

53570538_1987784634676788_2332376943506227200_n.jpg

53429868_1987779261343992_8862304826453655552_n.jpg

53903839_1987780871343831_5289143055545270272_n.jpg

53361291_1987775718011013_8880939706003488768_n.jpg

15年振りに訪れたアンコールワットだが、今回は7名という大人数で、しかも解説付きのツアーとあって、とても新鮮な気分で遺跡観光を楽しめた。

カメラマンとしての最低限の仕事もしっかりこなすことができ、参加者、主催者ともに満足のいくツアー内容になったと思う。
[ 2019/03/10 17:22 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき