FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

Kabu Berry 52

ヤマさん主催の株ベリーの親睦会に出席する。

前回からなんと3年振りである。

いつもと違って今回はレオパレスホテルの宴会場を貸し切っての立食パーティー形式だった。

666

初めて出席したのは今から10年以上前だが、当時から参加している古株のトレーダーはほとんどいない。

しかし、名古屋の長期投資家さんら懐かしい投資家さんとの再会もあり、終始和やかなムードで楽しめた。
スポンサーサイト



[ 2019/03/31 21:53 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

3月25日  +0
3月26日  +60
3月27日  -14
3月28日  +245
3日29日  +112

total  +343

帰国してすでに数週間経つが、モニターの前にずっと座っていることが苦痛になっている。しかし、これは仕事なのだから受け入れるしかい。トレードが楽しくて仕方がないという人がいるが、羨ましいとしか言いようがない。
[ 2019/03/31 21:41 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

塔ノ岳登山

今年2回目の丹沢登山。幸運にも雲ひとつない快晴に恵まれた。雪化粧をした富士山も美しかった。

55686871_2007217842733467_2548716808437760000_n.jpg

東野岳山頂に鎮座する尊仏山荘。名前の由来はここに大きな大仏があったことらしい。

56262453_2007218229400095_7871232197959614464_n.jpg

山小屋では自炊する人が多かった。ビールや日本酒といったアルコール関係が北アルプスの山小屋と違って安いので助かる。

54521894_2007217886066796_7086646358513287168_n.jpg

雲ひとつない快晴に恵まれた。今年のお正月に登った時はガスで何も見えなかったのでリベンジを果たした気分だ。

54522062_2007218172733434_3929223291415298048_n.jpg

早朝の朝焼け。この風景を見るだけでも苦労して登ってきた甲斐があった。

5252_201903271444164d8.jpg

帰りは鍋割山を登り、名物のうどんを食す。山小屋の飯は不味いというイメージを覆すような美味しさだった。

丹沢は決して難関度の高い山ではない。標高1490mとむしろ低山の部類に入る。それでも山頂付近は雹が降り雪が積もっていた。氷点下は0度以下。下界とはまったく異なる世界を体験できることが登山の醍醐味だと改めて思った。
[ 2019/03/27 14:41 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

利益を伸ばす癖を身につけないとFXで大勝ちできない

利益を伸ばすメンタルの強さをつけないとFXで大勝ちは期待できない。

利益を伸ばす過程で、「利益が乗った後、マイナスなる可能性」は常にある。

しかし、「あのとき早く利益確定しておけばよかった」と後悔する必要はない。

そのリスクを受け入れなければ大勝ちはできないのだ。

自分のようなメンタルが弱い人間が損小利大のトレードをするには、利益確定のための新たなルールを設定しなければならないと痛感している。
[ 2019/03/27 13:58 ] メンタル | TB(0) | CM(0)

イチロー選手引退

イチロー選手が引退した。

彼の凄いところはグラウンドのプレーはもちろん、生活の全てを野球に捧げていることだ。

「ありったけの自分を野球に注ぎ込んでいる」

日米のプロ野球の垣根を超えたレジェンドの言葉は重く響く。

イチロー選手の弟子ともいえるマリナーズのゴードンも泣いていた。

その謙虚な人柄もメジャーで愛された理由だろう。

そんな男に野球の神様が大きなギフトを与えないはずはない。

日本での最後の試合ではヒット1本も打てなかったけど、それでも彼の偉業は少しも色褪せることはない。

むしろあの終わり方でよかったと思う。

Ichiro2010-3-530x350.jpg

さて、自分ははたして生活のすべてをトレーディングに注ぎ込んでいるのかといえば、答えはノーだ。

相場の神様からの薫陶を得るには、もっと命がけで相場と対峙しなければダメってことだよね。
[ 2019/03/21 23:34 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

ポンド円ブレイクアウト法

今まで押し目買いや戻り売りに執着してきたけど、値動きが荒く変動幅が大きいポンド円の場合、素直に水平線のブレイクアウトを狙ったほうが簡単でなおかつ利益が出るような気がしてきた。

従来のドル円逆張り手法とは全く真逆のアプローチになる。

押し目買いや戻り売りの転換点をピンポイントで探り当てるのは至難の技で、それよりも単純なブレイクアウトのほうがリスクが少ない気がする。

そう思うと、今日の値動きは絶好の稼ぎ時だった。

44444

ポンド円1分足チャート

勝率が高くなるかは別として、少なくともナンピンをしないだけ逆張りよりも被弾する確率は圧倒的に低くなる。

ただし、取引時間は夕方から深夜にかけてとチャンスが限られてくるだろう。
[ 2019/03/21 23:09 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

今週の成績

3月18日  -455
3月19日  +193
3月20日  -101
3月21日  +529
3日22日  +8

total  +584

火曜日と水曜日と調子がよかったが、木曜日のFOMCの超絶円高で大損。損切りはしていないのでト-タルの収支はプラスになっているが、今週も安定した負けトレードが続いている。
[ 2019/03/21 20:05 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

FXブログの紹介

FXに関するブログは多い。

正確に数えたことがないからわからないが、日本だけで更新していないのも含めたら1000ぐらいあるかもしれない。

ただし、まともなブログは驚くほど少ないのが実情だ。

ほとんどのブログは情報商材を売りつけるか、あるいはアフィリエイト広告の収入を得るのが目的だと言っても過言ではない。

たとえば、上から目線で自分の勝ちトレードを解説しているなんてのは、ほぼ100%商材を売る目的だろう。

ブログのタイトルがうさん臭いのも要注意だ。

「 1年で10万円を3000万円まで増やしました」なんてのは、もはや読む気力すら萎える。

情報商材や広告収入で儲けようとする人は、かってFXにチャレンジしたものの安定した利益を出せずに挫折したのだろう。

そのまま諦めるのは癪だから、それまで勉強した知識をできるだけ生かして初心者をカモにして利益を得ようとしているのである。

逆にいえばそれだけFXで安定した利益を稼ぐのは難しいということだ。

では、読む価値のないブログばかりかといえば、ごく少数ながら信憑性の高い真面目に書かれたブログも存在する。

今回はブログ主の主観と偏見でそうした良質なコンテンツを提供しているブログを選んでみた。


FXデイトレーダーぶせなのブログ

ひろこの“ボラタイル”な日々

FXだけで生活しちゃおー

amkeiのFXブログ(FX初心者からのFX生活の手法)

FXブログ|プロニートが億稼ぐ海外FXブログ!

モモタのドル円一本勝負!

為替大好きナースのFXトレードブログ


以上、個人的にお勧めするブログでした。

昔はもっとたくさんあったのに今は驚くほど少なくなってしまった。

FXの上達の秘訣のひとつはブログを毎日つけることだと思う。
[ 2019/03/21 19:59 ] ブログ紹介 | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

FOMCが20年の成長見通しを下方修正し、追加利上げを従来の2回から「利上げ無し」と発表。

2020年にも1回の利上げを示唆したことから、ドル全面安の展開となった。

5525

ドル円15分足チャート

333

ユーロドル15分足チャート

ドル円はどうせ下がっても戻るだろうと思って、安易に逆指値を刺さずにロングポジションを持ったまた放置プレイ。

そのまま寝落ちしてしまった。

午前10時ごろに目が覚めてチャートをチェックしたらとんでもないことになっていた。

とりあえず細かいスキャで戻り売り押し目買いを繰り返したが、損失は取り戻せず。

途中で心が折れてしまい両建て作戦に変更したせいで、売りと買いもどっちも含み損のある状態になっている。

今週はできるだけ逆張りはしないと誓ったのに、その舌の乾かぬうちから逆張りしてしまった。

自業自得といったらそれまでだが、為替相場が嫌いになりつつある。

ま、不幸中の幸いだったのは午前中に大量の含み損が発生した時点で全力で逆張りしなかったことだ。

今回もしそれをやったら確実に死んでいた。
[ 2019/03/21 06:02 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

ルーファーの悲劇

高層ビルの屋上などの高所を歩いたり走ったりするエクストリーム愛好者を一般的に「ルーファー」と呼ぶ。

誰も怖がってやらないようなスリリングな動画をネットにアップして高収入を得る人達だ。

その第一人者と言われる中国人ルーファーが、62階建ての高層ビルの屋上から落下し死亡した。

彼はユーチューバーとして世界的に有名で、SNSでは数十万人のフォロワーを集めていた。

危険な行為をすればするほどフォロワー数も増えて収入も増すために、その行動も徐々にエスカレートしていく。

他人に注目されればそれだけ自己承認欲求も満たせる。

注目されるという快楽は恐怖をも麻痺させる。

誰も制止するものがいなくなったルーファーは残酷で悲劇的な結末が待っている。

151650725856086584179_4371801.jpg

果敢にリスクを取ることによって収入を得るという意味では、ルーファーもトレーダーも同じだ。

しかし、トレードでいくら損をしても死ぬことはない。

せいぜい破産するだけだ。

自分の命を懸けて危険な行為に挑むルーファー達に比べれば、命の危険にさらされることがないトレーダーのプレッシャーは微々たるものだ。

お金に貪欲なだけではルーファーになることはできない。

それなりのノウハウとスキルもあるだろう。

彼らの行為は決して褒められたものではないが、リスクテイカーとしての立場からモノを言わせてもらうと、その勇気と度胸は尊敬に値する。

くだんの中国人ルーファーは病気の母親の医療費を稼ぐためにルーファーの道を選んだそうだ。

冥福を祈る。
[ 2019/03/20 16:23 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき