FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

ホテル・アンドルームス名古屋栄

今年の6月にオープンしたばかりのホテル・アンドルームス。

部屋も広くて、スタッフのサービスも洗練されている。

屋上には、大きな庭付きの風呂がある。

名古屋での常宿になりそうだ。

37809905_1679971392124782_1006482528770457600_n.jpg

そして、なによりも気に入っているのは、1階にあるカフェ。

コンセント完備で、ネットが接続でき、スタバのように混んでいないのがありがたい。

BGMはオーナーの趣味なのか、いついっても70年代から80年代にかけてのブリティシュロックがかかっている。

もちろん、ホテルに泊まっていない一般客にも開放されている。
スポンサーサイト
[ 2018/07/30 19:53 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

時間の価値

経済全体での貴重資源はエネルギーであったり、食料であったりするが、個人にとっての希少資源といえば、まず思い浮かぶのが時間だ。

長い人生の中では、時間よりもお金が大切だと思うときもあるが、歳を重ねるごとに時間の希少性が増してくる。

時間を大切にするために気を付けるべきことは、自分の時間を簡単に売らないことだ。

「お金が手に入るなら人生の時間が減っても気にならない」という考えに染まっていたのでは、自分の人生を安くたたき売っているのと同じことになる。

人生は有限であり、時間の価値の大きさに気づけば、安い値段で自分の時間を売ることや、時給で働くことに対して心理的な抵抗を覚えるようになる。

今の自分にとっての貴重な資源は、「一定レベル以上の集中力で頭を動かすことのできる時間」だ。

20代の頃は、一日に8時間ぐらいは集中できたような記憶があるが、今はぜいぜい4時間が限度だ。

それを超えると、とたんに集中力が切れ、物事を深く考えることができず、判断力も鈍ってしまう。

トレーディングでも本気で集中できるのは一日3時間ぐらいが限度で、それ以上モニターの前にいても、一定のパフォーマンスをキープすることが困難になっている。

一日のうちで頭が冴えている貴重な時間をなににどれぐらい使うべきか、というのはもっかの最重要課題といっても過言ではない。

頭の動く時間は、年齢を重ねるごとに減っていく。

それとともに「やる気」や「エネルギー」といった活力も衰えていく。

自分の限られた「頭が冴えている貴重な時間」を、ネットサーフィンや雑用などのどうでもいいことに使ってしまわないよう慎重に選んでいる。

生活の質を上げるために、今の自分にとってなにが希少な資源なのか、それを正確に理解しておかないと、人生という貴重な時間はあっというまに賞味期限切れになってしまう。
[ 2018/07/30 18:56 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

槍ヶ岳山頂

標高3,180mの頂きをシータで撮ってみる。360度の絶景写真。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


なによりも天候に恵まれて本当に良かった。
[ 2018/07/30 03:30 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき