FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

IKEBUKURO - BOOK AND BED TOKYO

話題のゲストハウス、池袋ブックアンドベッドトウキョウに泊まってみた。

36411825_1642595195862402_4248737217213628416_n.jpg

36442163_1642595155862406_6252416289172619264_n.jpg

36394073_1642595115862410_8723173771831148544_n.jpg

36389654_1642595072529081_7311923401847734272_n.jpg

図書館とドミトリーを融合したような宿だが、いかんせん寝るスペースが狭くて安眠できなかった。

2段ベッドの2階のスペースに泊まったのだが、天井までの高さが60センチもない。

加えて、冷房と換気が十分ではなく、蒸し暑くてたまらない。

ライブラリーという付加価値がなかったら、刑務所のような空間である。

もう二度と泊まらないと心の中で誓った。

ただし、本棚にある書籍のセレクトは素晴らしかった。

たまの休日にカフェに入る感覚で、お気に入りの本をソファで寝転んで読むだけだったら、最高の場所だと思う。
スポンサーサイト
[ 2018/07/16 18:42 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

長いトンネルの終わり

トレーディングでも他の競技と同様に基礎固めが重要だ。

その分野で常識とされるセオリーやストラテジーを検証し、すべてを疑ってみてみる必要がある。

だが、その作業はすぐには儲けに繋がらないだけに、非常に地味で退屈な作業であることは否めない。

しかも、その期間は個人差はあれど本人が想像している以上に長い。

トレーディングの基礎的な筋肉を身につけるには半年以上かかるのはザラだし、その期間は収入がゼロの日々が続く。

自分のような不器用な人はもっとかかるだろう。

長いトンネルに入ったような基礎固めの日々を過ごし、いよいよそのトンネルに出口はないのではないかというところまで精神的に追いつめられる。

しかし、この段階を超えなければ、専業トレーダーとしての道は閉ざされる。

長いトンネルという停滞期を通過せずに成功したトレーダーは、自分の知る限りただの一人もいない。

正直、メンタル的にはかなりキツいが、この収入が安定しない基礎固めの期間は、将来において安定した成績を残すためには大切なプレセスであることはいうまでもない。

トンネルの終わりは突然やってくる。

トンネルを抜ける瞬間が来るのは、直前になるまでわからない。

遠くのほうにかすかに明かりが見えて、だんだん大きくなるというものではなく、急にふわっと視界が開けるようなものでもない。

気が付いたら、トンネルの外の景色を見ていたという感覚だ。

何も見えない真っ暗な闇の中で試行錯誤していたという経験は、決して無駄にはならない。

そこまでには、随分と時間がかかるが、たどり着けたなら、過去の様々な経験が有機的にがっちりと自分の脳内で繋がるような感覚に陥る。

そして、疑問だったことや、不可思議に思えたことすべてに、答えが導けるようになる。

そこに到達したときの気持ちというのは、達成感よりもただただ、安堵しかない。
[ 2018/07/16 17:52 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

退屈だと覚悟していたのに、上映時間の2時間40分はあっというまだった。

39850426_143175.jpg

アメリカでは興行収入の面で芳しい成績を収められなかったらしく、まったく期待していなかった。

だが、かえってそれがよかった。

本作品はスターウォーズファンのあいだでも評価がまっぷたつに分かれているが、個人的にはジェダイの騎士やシスが用いる大仰なフォースの能力がでてこないぶんだけ、活劇として面白く仕上がっていると思った。

若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクも、違和感なく作品にハマっている。

エンドロ-ルのクレジットを見ると、ベテランのロン・ハワードの名が。

てっきり新人監督だと思いきや、なるほどと納得。

いつもならハリウッド映画特有の「ご都合主義のストーリー」が感情移入を邪魔するのだが、今回に限ってはなんだか安心してみていられたのも、彼が撮っていたからなのだろう。

これからもスターウォーズシリーズからは、今回のようないくつものスピンオフ作品が作られるに違いない。

100年後、1000年後、1万年後かもしれないが、現実に人類が銀河系の外側に進出するまでシリーズが続けられることを夢見ている。
[ 2018/07/16 01:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき