ロスカット あの日の涙 虹となる

絶対的な自信を持つまで大きな金額でトレードしない

「マーケットの魔術師」シリーズの著者であるジャック・シュワッガーは、「自分の成功に絶対的な自信を持たないトレーダーは、トレードを始めるのに慎重になるべきだ」と述べている。

ある程度キャリアのあるトレーダーは、予測不可能なできことに対しても柔軟な対応ができるという自信を持っている。

たとえ損を出す可能性があったとしても、致命的な損失は絶対に出さないように資金管理を徹底させている。

“自信”は、意識的に獲得したり、身につけるものではない。

何かを成し遂げることによって、自然と手に入れる心理作用だ。

何かの経験を積んだり、実績を残すことによって、人は自信をつける。

トレーダーの自信は、過去に大きなドローダウンを食らい、そこから回復し、困難を克服することによって身につく。

心理学者のバン・K・ターブ博士は、優秀なトレーダーの最も本質的な資質は「始める前からゲームの勝利を確信している」ということだという。

数百人のFXトレーダーにアンケートを送ったところ、トレーダーの成功には「取り組んでいる姿勢」が重要な要素だということを発見した。

また別のアンケートでは、トレード以外においても、さまざまなストレスに直面した場合、断固たる決意を持つことが欠かせない、と報告されている。

強い自信、取り組むときの姿勢、断固たる決意というこれらの資質は、すべて経験によって養われる。

どれだけ莫大な資産を持つトレーダーでも、最初から自信に満ち溢れていたわけではない。

自信をつけるまえに、誰もが通過すべきステップがある。

それは、自分の実力を客観的かつ冷静に測ることだ。

健全な自信を持つトレーダーは、謙虚で現実的に考える。

自信を考えるうえで面白いエピソードがある。

イチロー選手がメジャーリーグへ行くとき、「向こうで通用しない」と散々アメリカと日本のマスコミに叩かれた。

彼は、周囲の予想に反して、誰もが納得する結果を出した。

その後、デビュー時に批判されたことを回想して、こう答えている。


「いや、通用するとかそんなレベルで考えてはいなかった。通用するなんてあたりまえ。首位打者を取るのもあたりまえ。メジャーリーグの歴代記録を塗り替える確信を持ってアメリカへ渡った」


イチロー選手は日本野球時代に、すでにメジャーで活躍できるように万全の準備をしていたのだ。

そして、絶対に成功できると確信できたときに、最高のタイミングで渡米した。

自分の実力を客観的に正しく自己評価できる能力は、株や為替のトレードで成功するうえにおいて最も大きな要因のひとつかもしれない。

もし、自分のトレードスキルに少しでも自信がなかったり、絶対的な勝利を確信できない段階で、相場で大きな資金を晒すのは自殺行為だ。

未来において成功している自分のビジョンが鮮明に描けるようになるまで、少額ロットでトレードすべきだろう。

もしタイムマシンがあるとしたら、10年前の自分に対してそうアドバイスしたい。
スポンサーサイト
[ 2018/06/21 19:44 ] メンタル | TB(0) | CM(0)

幸楽苑の醤油ラーメン

業績の低迷が続いているという噂の幸楽苑へ行ってきた。

一番人気の醤油ラーメンをオーダーする。

DgNG8ZyVQAEhgnv.jpg

流行っているラーメン店は、必ず大勢のリピーターによって支えられている。

リピーターは「また食べにいきたい」と思うからこそ通う。

ラーメン店にコスパの良さを求める人は少数派だ。

中毒性のある美味しさがあれば、一杯1000円以上のラーメンでも毎月のように通う。

もう一度食べたいなと思わなければ、一杯300円のラーメンでも二度とお店の暖簾をくぐらない。

正直、幸楽苑のラーメンは「また食べにいきたい」というインパクトに欠けるのだ。

なぜここの会社の経営が傾いているのか、その理由がわかったような気がした。
[ 2018/06/21 19:21 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

勝負師鬼才奇人事典

囲碁、将棋、スポーツ、相撲、相場、政治、etc…様々な分野で活躍する勝負師達を取り上げた本。

5252_20180608185053594.jpg

本書に登場する相場師は、石井定七、是川銀蔵、鈴木久五郎、田中平八、山崎種二、野村徳七の6人。

横堀将軍の渾名で知られた石井定七は、堂島での米相場や日露戦争での材木相場、第一次世界大戦での銅相場で大儲けをしたことで知られる。

是川銀蔵は、1981年から1982年にかけての住友金属鉱山の仕手戦で、当時のお金で200億円以上の利益を手にし、1983年の全国所得番付で1位なった。

鈴木久五郎は、露戦争中の1905年に株を買い始め、現在の貨幣価値で500億から1000億ほど儲けたといわれる。

しかし、わずか2年後の1907年には相場は暴落し、全財産を失ってしまう。

晩年は政界にも進出し、明治期を代表する稀代の相場師として、現在でも兜町界隈で語り継がれている。

田中平八は、生糸・為替・洋銀・米相場で成功し、通称「糸屋の平八」「天下の糸平」と呼ばれた。

その後、東京株式取引所を設立し、大株主となり、米相場の仕手戦でも大儲けする。

山崎種二は、明治初期の米相場で勝ち抜き、「売りの山種」と称された。

本人も、「買いよりも売りで儲けるほうが値打ちがある」と豪語していたといわれる。

野村徳七は、鈴木久五郎との仕手戦で売りを仕掛け、勝利したことで知られる。

野村財閥の創始者としても有名で、他の相場師と違って、最後まで退場することはなかった。

明治、大正、昭和にかけて活躍した相場師達は、いかにも勝負師的な性格で、破天荒な生き方をした人物が少なくない。

それゆえ、築き上げた資産もケタ違いで、新聞の3面記事を賑わせ、芸能人並みの知名度があった。

彼らは1世紀を経た現在でも、その名が伝説として語り継がれているが、昨今のSNS界隈で署名なトレーダーで、あと100年後に名を残している人がはたしてどれだけいるだろうか。

いくらBNF氏が1000億の資産を築いたところで、その知名度は足元にも及ばないだろう。

今はトレーダーでも、性格的にも能力的にもバランスの取れた人が多くなり、鈴木久五郎のような昔堅気の相場師は消滅したといっていい。

それがかえって寂しくもある。

ノルかソルか、相場に人生そのものを賭けて勝負していた先人達の胆力の凄まじさに溜息が漏れた。
[ 2018/06/21 18:03 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき