ロスカット あの日の涙 虹となる

値幅と変動率

今年の2月5日、米株式相場は急落し、前日比で1597.08ドル安となった。

これはNYダウ史上で最も大きな下落幅であり、世界中のメディアはこぞって「史上最大の下落が起きた」と報じた。

日経平均株価も前日に比べて下げ幅が一時1600円を超えた。

しかし、インパクトでいえば、2008年のリーマンショックには及ばない。

2008年の10月15日、ダウは733ドル安をつけた。

数字的には2月5日の半分にも満たない。

しかし、下落率はマイナス7.87%で、今回の2月5日の下落率であるマイナス4.60%を凌ぐ。

このときは死者が出ると噂され、実際に多くの銀行や会社が倒産した。

ちなみに過去最も大きな下落率だったのは1987年のブラックマンデーで、マイナス22%という当時としては未曾有のスケールの大暴落だったことがわかる。

ところが下落幅はわずか508ドル安にとどまっている。

これはダウ平均そのものの値段が今の10分の1以下だったためだ。

急落相場で為替や株が下落した場合、日経平均が300円安とかドル円が1円安とか報道されるが、どれだけ市場に破壊的なエネルギーをもたらしたかは下落幅よりも下落率を見て判断した方がよさそうだ。

あのBNF氏が200億もの資産を築いた手法は、25日移動平均線からの乖離率からの逆張りだった。

FXでカウンタートレードを行う場合も、値幅ではなく変動率を考慮してエントリーした方が成功率は高くなると思われる。

もっともデイトレーダーで上手い人はほとんどが順張りなんだけどね。
スポンサーサイト
[ 2018/04/17 22:53 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

カフェぷらな

リニューアルオープンしてしばらくご無沙汰していた近所のカフェ。

いつのまにかメニューも刷新されていた。

0987_2018041717485792a.jpg

お店の雰囲気はおろか、客層も変わっていた。

もちろんお値段も。

それでも、1000円でメインディッシュに、ヴォリュームのあるシフォンケーキ、さらに美味しいコーヒーも付いてくる。

常連になってしまいそうだ。
[ 2018/04/17 17:56 ] | TB(0) | CM(0)

勝率と損益率

トレードで利益をあげることと勝率の高さはまったく関係がない。

たとえば、勝率60%のパフォーマンスを叩き出す手法があったとして、長期的にこの手法を使って売買すれば、確実に利益が積みあがると考えがちになるが、必ずしも儲かるとは限らない。

というのも、勝率60%であっても、勝ったときの利益の大きさが負けた時の損失の大きさを上回れば、トータルで損をする可能性が高くなるからだ。

ひとつの例をあげれば、勝率60%で、勝ったときの利益率が「プラス10%」で、負けた時の利益率が「マイナス20%」だったとしよう。

10回勝負して、勝ちが6回、負けが4回という結果になったとしても、「プラス10%」が6回で、「マイナス20%」が4回なので、平均ではマイナス10%となり、トータルの利益はマイナスになってしまうのだ。

トレードで結果を残すには、勝率だけでなく損益率とのバランスも考慮しなければならない。

勝率が低くても、リスクリワード比が高ければ、トータルで利益を積み重ねることができる。

スキャルピングのような超短期売買は、勝率を重視するために、損益率が低くなりやすい。

つまり、コツコツドカンという取引になりやすく、負けた時の損失が大きくなりがちだ。

少しでも損切りが遅れると、すぐにトータルの利益がマイナスになってしまう。

反対にブレイクアウトを狙う順張り系に分類される手法では、損益率重視を重視するために利益の乗っているポジションをできるだけのばす握力が求められる。

それぞれメリットとデメリットがあり、どちらのやり方を選択するのかは、本人の性格にもよる。

自分の場合は勝率重視型で、長時間ポジションを持つことにストレスが溜まってしまうタイプ。

FXではスキャルピングのスタイルは珍しくないが、株取引で大きく資産を築こうと思ったら、損益率重視を重視するやり方のほうが有利に働くと思う。
[ 2018/04/17 17:17 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

気まぐれテント泊

今年に入って2度目のキャンプ。

テントは先日購入したばかりのモンベルのステラリッジ。

フライシートはテント場で目立つようにオフホワイトを選択した。

uytr_2018041712114837a.jpg

天体写真を撮ろうと夜まで粘ったが、空には厚い雲が覆ったままだった。

アナリストの予想と同じで、天気予報が必ずしも当たるとは限らない。
[ 2018/04/17 12:20 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

レバ規制に思う

先日の有識者会議では、店頭FX全面禁止案も台頭したという。

いわゆる「ノミ行為」をしている業者を締め出すのが目的かもしれないが、そうなると日本のFX業界は完全に終わる。

投資家保護の大義名分の裏に、FXへの資金流入を好まない勢力の金融庁への圧力があるのではないかと疑いたくなる。

悪質な業者も多いので、規制がまったく必要ないとはいわないが、政府が口をだしすぎると現場ではいろいろ弊害が起こる。

国内FXのレバ規制に対して、反対運動もあるがイマイチ盛り上がっていない。

多くの個人投資家は、レバ規制に反対しても無駄で、そんなところにエネルギーを費やすのは徒労だと諦めている。

これはもはや既定路線であり、ブログやSNSで文句言ったところで金融庁はビクともしないことはわかっている。

そもそもFX取引がすべて規制されたって、世の中に困る人なんてごくごく少数派にすぎない。

いつの時代も「ルールの変化」というのがある。

今はたまたま個人投資家が為替や株式市場に自由に参加できる幸せな時代だ。

しかし、この平和な状態が未来永劫にわたって続くと思っていたらダメで、この世界のルールは遅かれ早かれ変わるということ。

万が一戦争にでもなったら、海外の渡航は制限され、個人投資家の売買は大きく規制されるだろう。

いずれにせよ今回の規制で、FXから他の金融商品にシフトする流れがますます加速しそうだ。
[ 2018/04/17 01:19 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき