ロスカット あの日の涙 虹となる
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

里山キャンプ

天気がいいので、トレードを早々に切り上げて、近所の里山でキャンプ

876_20180404131446c85.jpg

プリムスのストーブを持参して、即席ラ-メンを自炊する。

新緑の中でいただくUCCの50円のインスタントコーヒーが美味しすぎる。
スポンサーサイト
[ 2018/04/04 13:19 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

相場で生き残る技術

結果が出ないときは、それが自分の本来の実力なのか、あるいは一時的なスランプなのか、冷静に見極わめることが求められる。

スランプならば、時間が経てばパフォーマンスが戻ってくる。

しかし、実力不足であれば、やればやるほどお金が減っていく。

そこで大切になるのは、資金に対するポジションの大きさだ。

20回や30回というありえないくらいの負けトレードが続いても、それなりの資金が取引口座に残っているように調整しておかなくてはいけない。

未来の値動きを完璧に予測するのは不可能である以上、トレードで連続して負けるのは必然的に起こりうる。

だからこそ資金管理が重要になってくる。

資金が枯渇して退場するのは、個人事業主として死を宣告されることに等しく、それだけは絶対に許されない。

なぜならマーケットは自分でコントロールできないが、リスクコントロールは完全に自分の裁量で決められるから。

相場で負けるのはある意味しかたがないことだが、資金管理さえしっかりとできていれば、どれだけ負けようが何度でも復活できる。

デモ口座でいくら練習しても、トレードは上達しない。

リアルマネーでトレードしないと損切りしたときの精神的な痛みがともなわず、自分のミスの癖を修正できない。

人は追い込まれないと深く考えないし、そういうギリギリのプレッシャーのなかでしか、本当の実力というものは育っていかないと思う。
[ 2018/04/04 05:14 ] 資金管理 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき