ロスカット あの日の涙 虹となる

バフェットが日本株を買わない理由

ウォーレン・バフェットの資産は、全米2位の756憶ドルといわれている。

日本円でおよそ8兆円だ。

そんなとてつもない富豪であるバフェットだが、日本株を買ったことはない。

過去に中国株、ペドロチャイナやBYDといった会社を保有していたが、何故か日本株だけには投資していないのである。

もちろん日本にもバフェットの目利きにかなった優良企業があるだろう。

しかし、東芝の不正会計問題、オリンパスの粉飾決算などの企業の不祥事などが定期的に起きている事実からしても、コーポレートガバナンスの点でイマイチ信頼性に欠けるのは否めない。

バフェットはそういった日本の企業体質を問題視しているのかもしれない。

ndrr_UyO.jpg

今回の森友問題にしても、海外のメディアは辛辣だ。

英ガーディアンなどは、「安倍晋三と妻 超ナショナリスト学校に現金を渡したと責められる」などと報道している。

いずれにしても、公文書が書き換えられてしまったという事実は、日本の政治や行政システムそのものが疑われてもしかたがない。

この件が関係しているのかはさだかではないが、今年の外国人投資家の売り越しは過去最高の8.5兆円らしい。

日本株はネガティブな材料に反応しやすく、リーマンショックでも株価の下落幅は先進国でトップだった。

これらの事実を鑑みれば、バフェットが日本株に投資しないのもごもっともという感がある。

今から30年前のダウ平均株価は100ドル前後だったが、2018年には2600ドルという驚異的な右肩上がりのカ-ブを描いている。

ところが日経平均は1989年に付けた史上最高値の3万8,957円から、上がったり下がったりの変動はあるものの、ほぼレンジの横ばいで推移している。

これだけで日本株市場はバイアンドホ-ルドスタイルの長期投資には向いていないことがわかる。

もしバフェットが日本に生まれて日本株に投資していたら、とてもじゃないが世界一の投資家になれなかっただろう。

仮にインデックス投資を始めるなら、アメリカのダウ平均連動タイプを買って、ヘッジとして日経平均を売るという戦略がうまく機能しそうな気がする。

やらないけどね。
スポンサーサイト
[ 2018/03/31 12:35 ] | TB(0) | CM(0)

伊勢神宮

5年ぶりに伊勢神宮に行ってきた。

天気も良く、日中は暑いくらいだった。

18814546_1254212528034006_6271058335581447667_o.jpg

18814729_1255784771210115_9098393940949546014_o.jpg

18836726_1255784544543471_4007933579753484308_o.jpg

18836775_1254212508034008_2287236237661554940_o.jpg

18880163_1255784777876781_8608297706553991685_o.jpg

18700558_1254212028034056_5720772277634875883_o.jpg

18738352_1254211648034094_116219801988489108_o.jpg

18738534_1254212194700706_2778309410465330792_o.jpg

18738582_1254191088036150_4819128144880397779_o.jpg

18738621_1254211624700763_6253140132011207669_o.jpg

18768648_1255784421210150_2968207930083892060_o.jpg

18768564_1254191391369453_4164299062748962338_o.jpg

18768355_1254191398036119_8573448221312194662_o.jpg

18768174_1254212034700722_7872972772398420129_o.jpg

18766799_1254211501367442_1817412528529381892_o.jpg

18766689_1254211504700775_8381465817919782656_o.jpg

18739049_1254191388036120_6242775210794847857_o.jpg

18739029_1254212378034021_114663843282533942_o.jpg

18738780_1254211398034119_2077799018409932306_o.jpg

18738717_1254211388034120_363049334694756303_o.jpg

伊勢神宮の正殿の前には、「おさい銭箱」がない。

じつは伊勢神宮の最も重要な規定のひとつに「私幣禁断」というのがある。

つまり、個人的な願いをかなえようと手を合わせてはいけないのだ。

「受験に受かりますように」なんてお願いは当然NGである。

伊勢神宮には皇大神宮(内宮)に天照大御神が、豊受大神宮(外宮)には豊受大御神が祀られている。

天照大御神は天皇・皇室の御祖神であり、豊受大御神は衣食住の神様で天照大御神のお世話をする神様。

本来、天照大御神は天皇家と日本国の永遠の繁栄のために伊勢神宮に鎮座されているのであり、庶民のための神様ではない。

平安時代の「伊勢太神宮式」には、「天皇以外の者が奉幣すること」が禁止されている。

しかし、そんなルールもいつのまにか黙殺されている。

現在の伊勢神宮は、神さまのお住まいというよりは、庶民のための観光地で、地域の経済を潤すパワースポットなのである。
[ 2018/03/30 21:03 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

3月26日  +132 PIPS
3月27日  +137 PIPS
3月28日  +609 PIPS
3月29日  -1559 PIPS
3月30日  +29 PIPS

total -650 PIPS

木曜日の午前中のロスカットは心が折れた。ポジションを翌日に持ち越すリスクの高さを改めて感じた。その他にも、1分待っていれば損切りしなくていい局面がいくつかあり、非常にストレスが蓄積される相場だった。
[ 2018/03/30 15:51 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

フィランソロピー

欧米では、成功した投資家は、社会貢献のためにお金を使うのがあたりまえという風潮がある。

私的なものより、公益性が高いものにお金を注ぎ込むことが、一種のステータスとして定着しつつある。

成功したスポーツ選手が慈善事業に多額の寄付をしているといった話も珍しくはない。

その背景には、「金持ちが高級品で身を着飾ることは、もはや恥ずかしいことである」との認識があるようだ。

マイクロソフト社を一代で築き上げ、IT業界に不朽のレガシーを残したビル・ゲイツが今、最も情熱を傾けているのが“フィランソロピー”と呼ばれる慈善活動だ。

ゲイツの言葉を借りれば、“フィランソロピー”は、「政府機能に対するベンチャーキャピタル」だという。

民間企業は利益モデルが存在しないマラリア撲滅などに投資せず、政府も効果的な対策を打ち出せない。

そこで、リスクを恐れず研究開発を行い、実験的プログラムに投資できるのが“フィランソロピー”というわけだ。

ゲイツは引退後、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を起ち上げ、死後50年以内に財産のすべてを使い切ると宣言した。

あのウォーレン・バフェットも、同財団に300億ドル超の寄付を約束している。

もしビル・ゲイツがあれほどの富豪になってなかったら、こうした発想は生まれてこなかっただろうと思う。

リッチになるということは、単純に金銭的に裕福になることではない。

理想とする自分の姿に少しでも近づくことができるのだ。

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットは、それぞれ世界で最も裕福な二人だが、究極的に成功した投資家の正しくあるべきモデルケースとして君臨している。

世界の20%の富を占める超富裕層の人達が彼らのようなマインドを持てば、人々はもっと豊かになる。
[ 2018/03/30 15:38 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

伊勢河﨑商人館

江戸・明治期に建築された伊勢河崎を代表する商家「伊勢河﨑商人館」を訪問。

当時の伊勢は海運業が盛んな比較的規模の大きい港町だった。

海岸に面した通りにはたくさんの商家が軒を連ねていたが、現在残っているのはこの一軒だけである。

18815064_1254398724682053_4631305321256764443_o.jpg

18814878_1254399188015340_3640019269912761464_o.jpg

18739236_1254399444681981_4533902190446100058_o.jpg

18738744_1254399091348683_8714486921087680632_o.jpg

18738591_1254399178015341_487027318121663132_o.jpg

18738333_1254398851348707_2569471171900423170_o.jpg

現在、この家をそっくりそのまま建てようと思っても不可能らしい。

当時の技術を持つ大工職人が存在しないからだ。

襖で仕切られた居間からは中庭が見えるようになっており、独特の開放感がある。

建物の内部は、外の空間と時間の進み方が違うような感じがした。
[ 2018/03/30 05:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

知能指数の高い人がトレーダーとして成功するとは限らない

人間の体質は遺伝子によって決まる。

社会主義国のキューバでは、筋肉の質で幼い選手をどのスポーツに向いているか振り分けている。

速筋や遅筋のバランスを精査し、野球やオリンピックで活躍するような選手を毎年輩出しているのだ。

遺伝子を調べて、自分が将来どのような病気になるかを調べるサービスがすでにアメリカで始まっている。

遺伝子情報を元にした医療を「オミックス」といい、将来はそれがあたりまえになるかもしれない。

遺伝子で人間の個々の適正がわかるとしたら、トレーダーの適正もわかるのだろうか。

たとえば、高学歴の人、知能指数が高い人はトレーダーに向いているのだろうか。

精子バンクでは優秀な人の精子には高い値段がついているとの噂があるが、成功したトレーダーの精子は高く売れるのだろうか。笑

実際に偏差値の高い大学を出ているトレーダーは多く、知り合いにも何人かいる。

ゴ-ルドマンサックスのトレ-ダ-部門は、今でもハ-バ-ド、スタンフォ-ド、MITなどの有名大学で占められているという。

しかし、必ずしも記憶力がよかったり、学校の勉強が出来た人が、トレードで結果を残せるとは限らないようだ。

2014年4月に報道された伊藤忠商事の横領事件は、当時の投資家ニュースで話題になったので覚えている人も多いだろう。

容疑者の元社員は、警察の調査に対し「自己資金でやっていたFXに損失が出て、穴埋めをするために会社の資金を使った」と詳述しており、その経歴も世間の注目を集めた。

灘中学⇒灘高校⇒東京大学卒業という典型的なエリートだったのである。

おそらく彼は、完全にギャンブル感覚でFXをやっていたのだろう。

ギャンブル狂いといえば、有名なのが大王製紙の前会長である井川意髙氏だ。

彼は、マカオのカジノでの賭けで巨額の借金を被り、借金返済と更なる掛け金のために、大王製紙の子会社からおよそ100億円を横領した疑いで逮捕された。

井川氏は東大卒で、中学受験の模擬試験で全国2位を勝ち取ってしまうほどの地頭の良さの持ち主なのだが、ギャンブルではその類まれな知性がいかされることはなかった。

カジノで勝つにはさまざまなセオリーがあり、勝負の際には綿密な期待値計算をして挑むのが常識なのだが、頭のいい彼がそれを知らなかったとは思えない。

理屈では理解していても、いざゲームとなると熱くなって我を忘れてしまうという極度の負けず嫌いの性格だったのかもしれない。

優秀なトレーダーは、本業のトレード以外にも、カジノやマージャン、パチンコとすべての賭け事において、無類の強さを誇る。

基本的にそれらのゲ-ムは確率を求める数学的な遊びであり、その方面の才能に秀でた人が有利になる。

人にはそれぞれ適性があり、トレードやギャンブルで成功するには、学業が優秀であることとはまた別の頭の良さを必要とするのだろう。
[ 2018/03/30 00:05 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

意地商いは破滅の因

28日、欧州時間を過ぎたあたりからドル買いが加速。

ドル円は右肩上がりにジワジワと上がり、トレンドはNY時間が終了するまで続いた。

7654_20180329175950170.jpg

ドル円30分足チャート

ドル円のショートポジションとユーロドルのロングポジションを、それぞれドルコスト平均法を駆使して持ち越し。

今日になってドル円は106.394円まで下がったが、その後反転した。

午後になって106.690円まで上昇し、ポジションの大半は利確できた。

ユーロドルは戻りが鈍く、さらに下がったので諦めて損切り。

3月に入って一番大きな損失になった。

教訓。

一方方向にジワジワと騰がる場合、たとえドルコスト平均法といえどナンピンは危ないということ。

意地を張らずに早めに撤退するべきだった。
[ 2018/03/29 18:01 ] 反省 | TB(0) | CM(0)

朱子学と陰陽学

朱子学は、中国の南宋の時代に朱熹によって再構築された儒教の学問体系のひとつで、江戸時代の保守派の思想としても知られる。

もともと儒教でいう「忠」は、「自分に忠実であれ」という意味だったが、徳川幕府は封健体制を強化するために、「上のいうことに絶対に逆らうな」という意味にかえてしまった。

朱子学の「上の者への忠誠を重んじる」という思想は、トップダウンで組織をコントロールするのに都合がいいからだ。

幕末の時代、それでは組織が硬直化して国が滅ぶと危惧した人たちは、こぞって陽明学を学んだ。

陽明学は、中国の明代に王陽明がおこした儒教の新しい一派だが、朱子学と比べると上下関係に厳しくなく、実力主義で開かれている。

幕末の志士達は陽明学に心酔し、自分たちの力で国を変えると奮起した。

日本の歴史において、陽明学と朱子学が与えた影響は大きい。

朱子学が流行るときは、官僚や為政者の力が強くなり、全体主義に走る傾向がある。

第2次安倍政権は、良くも悪くもやや朱子学的な色合いが強いと感じる。

野党の立ち位置は、形骸化した朱子学の批判から出発しているという意味で陽明学と似ているところがある。

森友問題は、官僚の「上の者への忠誠を重んじる」あまり暴走してしまった事件だろう。

朱子学と陰陽学は、どちらが正しい思想なのかを論じるものではない。

どちらも学問としてそれぞれ優れた点がある。

今の国会は野党と与党のバトルが延々と続き、「確証バイアス」に囚われ、相手を論破することが目的になっている。

同じ日本人同士が異なる思想的背景を軸に真っ二つになっている。

相手の意見を尊重し、お互いが建設的な議論をしようと努力しない限り、森友問題はいつまでたっても終わらない気がする。
[ 2018/03/28 16:07 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

杉原千畝記念館

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原千畝は、外務省からの訓令に反して、大量のビザを発給し、およそ6,000人にのぼるユダヤ人避難民を救った。

彼の功績を称える岐阜県八百町にある杉原千畝記念館を訪れた。

21731833_1359316720856919_5935966265468990887_o.jpg

21731792_1359316327523625_105091606973325354_o.jpg

21743016_1359316377523620_9098246614652692686_n.jpg

8765_20180327175158bc6.jpg

21731445_1359316354190289_1721168390860766812_o.jpg

杉原千畝の偉大なところは、自己保身に走らず、リスクを負ってビザ発給を決断したところだ。

当時、ドイツと同盟を結んでいた日本政府からしたら由々しきことである。

彼は後年、「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった」と語っている。

もし杉原千畝がビザを発給しなかったら、ユダヤ人避難民はナチスの手によって全員殺されていたかもしれない。

救われたユダヤ人避難民の子供達は今ではおよそ10万人にものぼる。

世界中にユダヤ人は約1,300万人いるから、その中の約1パーセントが救われたことになる。

そういった歴史的背景から、この記念館の設立にあたっては、欧米のユダヤ人協会から多額の寄付があったという。

杉原千畝の行為はまさに国や人種、世代を超えて称賛されるべきもので、同じ日本人として誇りに思う。
[ 2018/03/27 18:18 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

国家に頼れない時代

英語でいう国を示す単語は一般的に“Country”となる。

日本語で言えば、変わり続けることなく存在している土地、地理的側面に焦点を当てた「独立した地域」を指すニュアンスがある。

国を表す英語には、もうひとつ“nation”がある。

これは、民族共同体としての「国」、あるいは「国家」といった意味合いになる。

国家とは、いわば人々を支配する権力機構であり、為政者でもある。

歴史を振り返ってみても、為政者は時代とともに常に変わってきた。

これは、人々が何のためらいもなく愛する国とはまったく別ものであり、国と国家はしっかり区別しなければならない。

なぜなら、国民の国を愛する気持ちを利用して、国家というものはときに暴走するときがあるからだ。

70年前にアメリカと戦争していたのは、日本という国家だった。

その戦争に反対しようものなら、愛国心のない売国奴とみなされた。

国家というものは、そういうことを起こしうる、ということだ。

ときに為政者は自分達の都合のいいように情報操作をする。

だから、常に冷静な視点で国政を監視しておかないといけない。

民主主義とは、文字通り国民が主体で、為政者は国民の投票によって選ばれる。

であるならば、国家というのは国民が忠誠を尽くすべき存在なのではなく、人々が安全に快適に過ごす為のシステム、ツールに過ぎないと考えるべきなのだ。

近い将来、日本の公的年金制度が破綻し、今の若者が老人になる頃には年金が支給されなくなると懸念する識者は少なくない。

つい最近も、日本年金機構からデータ入力を委託された東京都内の情報処理会社が、個人情報を中国の業者に渡しているとの事件が発覚したが、これに大きな不安を感じた人は多いだろう。

国が、30年後、40年後に自分が老いたときの生活の面倒を見てくれるという保証はない。

人生の最期を悲惨な状態で迎える人が急増しているという。

老後破産は決して他人事ではない。

そんな危機感を覚え、老後の資金確保のために、今まで以上にトレードのスキルを磨くモチベーションが高まる今日この頃である。
[ 2018/03/27 14:37 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき