ロスカット あの日の涙 虹となる

専業トレーダーが向いている人と向いていない人

世の中には、トレードスキルが上手い下手に関係なく、専業トレーダーに向いている人とそうではない人がいる。

日本社会ではまだまだトレーダーは職業的にまっとうではないと思われているフシがあり、アウトサイダー的な扱いであるから、そういった社会的ステータスを気にする人は当然向いていない。

安定した社会的地位と給料を優先するのであれば、たとえトレードで生活費を稼げる能力があっても専業になるべきではないだろう。

トレーダーとして成功するには、いわゆる農耕民族的な思考ではなく、リスクを得ることに快楽を得る狩猟民族的な資質が求められる。

根っからのリスクテイカーでなければ、たとえトレードで大金を得ても、心の奥底で不安を抱えることになる。

専業トレーダーは収入的な不安定さと引き換えに、自分の自由な時間を満喫できる。

毎日好きな時間に起きて、好きな仕事を好きなだけできる。

苦手な上司や部下と顔を突き合わせて働かなくてもいいし、人間関係でストレスがたまらない。

ある程度の技術を習得してしまえばお金に困ることもない。

だが、「好きな時に好きなことしかやってない」という後ろめたさみたいなものがあれば、やはりその人は専業に向いていないといえる。

逆に向いている人というのは、まず孤独に耐性があることが挙げられる。

四六時中PCに向き合い1人で作業していても平気だったり、自分の仕事の内容を他人に理解されなくてもまったくかまわないという人は、専業トレーダーをしていて心理的にしんどくなることは少なさそうだ。

環境の変化が嫌いじゃない人も向いているかもしれない。

毎日同じ場所に行き、同じ人に会い、同じような仕事をするのがしんどい、あるいは閉塞感を感じるという人は少なくともサラリーマン向きではなく、潜在的に独立志向のある人だ。

空気が読めない、もしくは読めても人と合わせるのに苦痛を感じる人も間違いなく専業トレーダー向きだ。

こういうタイプの人は仕事ができても、政治力がモノをいう会社組織でのし上がるのはまた別の能力が必要で、たまたま会社で出世できてもストレスが蓄積しかねない。

ブラック会社で酷使され、過労死寸前まで負いつめられている人は、一つの選択肢としてトレーダーにシフトチェンジすることを検討してみてはいかがだろう。

本人の努力と才能次第で億単位の金額を稼ぐことも夢ではなく、チャレンジしがいのある仕事だと思う。

小生の場合は人一倍成功願望があるわけではないが、ADHD的傾向が強く、組織の中で働くのを苦手としており、社会的不適格者の烙印が押されていると自負している。

こういうタイプの人間が経済的に成功するには選択肢として専業トレーダー以外にない。

トレーダーという人種はどこまでいっても、“賭博をもって業となす者”であり、だからこそどれだけ稼いでも専業トレーダーってのはどこかアウトローな臭いを隠し切れないんだと思う。
スポンサーサイト
[ 2017/06/30 11:02 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

ユーロ乱高下

日本時間午後9時20分頃、突然ユーロが高値から売られた。

対円で126円48銭付近まで、対ドルでは1.1292ドル付近までプチ暴落。

987_20170629024814a7b.jpg

ユーロドル15分足チャート。

ドラギ総裁は27日、欧州経済の見通し改善に伴いマイナス金利や大規模な債券購入といったECBの政策手段の調整を行うことは可能であると発言。

これを受け、ユーロドルはおよそ10カ月ぶりの高値をつけ、上昇率は約1.5%にもなった。

ユーロ安に誘導したいECBは、27日のドラギ総裁の演説を「マーケットが誤って判断した」とのコメントをだす。

これが原因でユーロが売られたわけだが、4時間後の午前2時には1.1380ドル付近まで戻している。

テクニカル分析的にはいわゆる調整が入ったというところだが、ファンダメンタルズを軸に為替予測をすることの困難さを思い知らされる。

いずれにしても、マーケットは政府の思惑に沿って誘導できないことを今日の値動きは示唆している。
[ 2017/06/29 01:23 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

馬籠宿

中山道六十九次のうち、木曽には11の宿場があり、なかでも馬籠宿は往年の雰囲気を最も色濃く残している。

妻籠宿と結ぶルートは、信濃路自然遊歩道として整備され、自然豊かな旧街道を歩くことができる。

日本に来る観光客で馬籠の存在を知っている人はまだまだ少ない。

古い民家を改造したリーズナブルなユースホステルがあれば、トレッキング好きな外人観光客が増えそうだ。

18891733_1257348907720368_4968160127561202967_o.jpg

18839812_1257349024387023_7941864486058361867_o.jpg

18839537_1256803037774955_4220194299030505846_o.jpg

18815382_1257348694387056_5568576951170627965_o.jpg

18836821_1257349161053676_1109754850954259715_o.jpg

18814958_1257348901053702_3899250716515518530_o.jpg

18814882_1256788217776437_5527926600653639617_o.jpg

18837030_1256787481109844_6760596405800243617_o.jpg

18814967_1256787464443179_1819639421918202513_o.jpg

18839764_1257348537720405_2453503364739955406_o.jpg
[ 2017/06/27 08:21 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

ニューマシン

新しいPCを組み立てた。

CPUは今年の3月に発売されたばかりのインテルの「Core i3 7100」。

PCケースはいままでずっとアンテックというメーカーをチョイスしていたが、今回は気分を一新させフラクタルデザインの「Define R5」を選んだ。


202122ab-c82c-4733-b3a6-3e1f1cd160f0.jpg

びっくりしたのはその静音レベル。

防音性に優れた高密度吸音素材を使用しているらしいが、負荷をかけてもまったくといっていいほど内部の動作音が目立たない。

静音クーラーを装着しているとはいえ、現在メインで使用しているPCケースとは雲泥の差だ。

地味なケースだけど、このケースを選んで正解だった。

今のところとくにトラブルもなく順調に動いている。

PCを新調したら、いがいなほど気分よくトレードできていることに自分でも驚いている。
[ 2017/06/27 08:21 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

今週の成績

6月19日  +151
6月20日  +28
6月21日  +102
6月22日  -90
6月23日  +3

total +194

含み損がのったポジションというのは自分のトレードが間違っていたと市場から通告されたようなものだ。そのシグナルをスルーしたままほったらかしにすると退場がぐっと近づく。一番危険なのはスルーをし、運よく含み損が含み益に変わることだ。間違った成功体験がトレーダーの寿命を縮める。損切りという行為を“敗北”と認識するのは、トレーディングというゲームを理解していない証拠といえる。確実性を追い求めれば、失望と落胆に満ちた未来が待っている。このゲームに勝つには100%の勝率を求めるのではなく、まずは上手い負け方というのを学ぶべきで、長期にわたって成功しているトレーダーは例外なくその技術が卓越している。トレーディングの要諦はどれだけ儲けるかよりも、どれだけ損失を抑えるかにかかっている。
[ 2017/06/24 01:32 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

カーニー砲

日本時間午後4時30分発表。

カーニーBOE総裁は「今は利上げの適切な時期ではない」と発言。

EUからの離脱交渉に臨む中で、賃金上昇の鈍化や収入への悪影響に警戒感を示した。

ポンドドルは1.27ドル台半ばから1.26ドル台後半へ、ポンド円は序盤に142.50台まで買われたが、しばらくして141円台前半へと急落。

先週15日の英MPCでは利上げ票が前回の1名から3名に増加したことで対ドルや対円でのポンド買いが強まったが、今回の下げで帳消しになってしまった。

ポンドはボラティリティがハンパないから怖い。

0987_20170620220445919.jpg

ポンドドル5分足。

ポンド円を戻り売りで参戦。

10pips程獲得したが、日が変わるまでポジションを持っていたら100pipsは余裕で取れていた局面だった。

ここで大きく稼げるかどうかがFXが上手い人と下手な人の分水嶺となる。
[ 2017/06/20 21:55 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)

伊吹山登山ナビゲート

滋賀県最高峰で日本百名山にも選ばれている伊吹山に登ってきた。

19243403_1273874502734475_7916788763431617343_o.jpg

午前11時。三ノ宮神社横の伊吹山登山口から、いざ登山開始。

19237989_1273679622753963_441442992861201124_o.jpg

一合目までは緑深い樹林帯が続く。軽いウォーミングアップのつもりで登る。

19264392_1273680669420525_7168771461117375587_o.jpg

二合目からは高原のように広くなる。危険個所はないが登山者泣かせの急登として知られる。

19095672_1273728702749055_1911910795415196995_o.jpg

登山口から3合目までは結構距離がある。頑張って登ったのに「3合目」の看板を見ると、「こんなに登ったのにまだ3合目かよ…」とちょっと衝撃を受ける。

19222714_1273728489415743_483589070352049923_o_20170620102359357.jpg

午後1時。五合目の目印であるベンチに到着。近くに自動販売機もあり、絶好の休憩場所になっている。

19250807_1273874146067844_167496847252667022_o.jpg

ここからはいっさい日陰がないので、晴れた日は帽子などの暑さ対策が必須だ。威圧感ある伊吹山の全容を拝みながら、ひたすら草原の斜面を登っていく。

19222965_1273731566082102_5587634533003922806_o.jpg

登山道はよく整備され、道に迷うことはほとんどない。野生の熊が出るとかの危険性がないので、夜間の登山者も多い。

19242998_1273732109415381_8198462313059044954_o.jpg

午後2時。6合目にある避難小屋に到着。ここまで来るとかなり涼しい。高度が上がるにつれて気温が下がるのを体感できる。

19243286_1273732096082049_3543446405308926557_o.jpg

7合目からの景色。晴れていれば右手後方に琵琶湖が見渡せる。よくここまで登ってきたなとしばし感慨に耽る。

19221705_1273735432748382_5613308334578563955_o.jpg

八合目まで来ると再びベンチがある。最後の休憩場所。ここからは石灰岩の急斜面が多く、滑りやすいので注意が必要。

19221463_1273874729401119_4158623708501579694_o.jpg

午後3時半。頂上にある山小屋が見えてきた。あともう少し。早い人だと一合目から頂上まで二時間あまりで登ってしまうらしい。

19388461_1273873039401288_6645546150929888761_o.jpg

午後4時。ようやく山頂に到着。標高は1377メートルだが、登山口から1100メートルほどはひたすら登りなので、登山に慣れていない自分のような初心者はけっこうハードに感じる。

19221927_1273873402734585_8600086114980024764_o.jpg

7月、8月は山頂まで直通のバスがでている。右下に見えるのがバスステーションのある駐車場。麓から頂上まで1時間ほど。

19264495_1273873746067884_7781118290374812139_o.jpg

午後7時。太陽が沈み始める。この時間になると登ってくる人もほとんどいない。下界と違って物音ひとつしない静寂が支配していた。
[ 2017/06/20 05:39 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

今週の成績

6月12日  +10
6月13日  +20
6月14日  +164
6月15日  +0
6月16日  +0

total +194

トレードで安定した成績をあげる最も重要な要素のひとつとしてメンタルの占める部分は大きい。トレードの達人は売買のシグナルがでたら何のためらいも葛藤もなくトレードを仕掛ける。そしてそのトレードが成功しなくても、同じくらい何のためらいも葛藤もなく、容易にその事実を認める。たとえ含み損で手仕舞っても、不愉快な感情は微塵も生じることなく、次のトレードへと気持ちを切り替えることができる。まだまだ自分はその域には達していない。だからひまひとつ安定性に欠け、確固たる自信が持てないのだ。
[ 2017/06/18 12:04 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

前日の午後9時半に発表された米・小売売上高が市場予想より悪かった上に、タイミングが悪く米下院議員など数人を銃撃した事件が発生したこともあって、円高ドル安が進む。

ドル円は日付が変わる前に108.94円まで下落した。

そうしたリスク回避の流れの中でFOMCを迎えることとなったが、結果は事前の予想通りで、0.25%の利上げ。

発表直後は108.78円まで下落した。

その後、ドル円は109円60円台までリバウンドし、さらなる円高は回避された。

90976.jpg

ドル円5分足チャート。

下落後のリバウンドのタイミングを狙って逆張りで参戦。

成功したのはいいが胆力不足で微益に終わった。

もともと大きな利益を狙っていなかったから良しとするか。
[ 2017/06/15 03:36 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

We’ll be back

098_201706140249028b9.jpg

2017年のNBAの頂点はウォーリアーズが制した。

ファイナルMVPはケビン・デュラントに決まった。

彼は移籍時にさんざん叩かれたわけだが、悲願だった王者の称号を手に入れ、結果的にこれで良かったのかなという気がしている。

一方の敗退したキャブスは、沈んでいるエースのアービングにレブロンがこう声をかけたという。


「We’ll be back!」


彼らは戻ってくる気満々だ。

来年のファイナルも今年と同じカードの可能性が高い。

もうしばらくはウォーリアーズとキャブスの2強の時代が続くかもしれない。

現地へ行ってもチケットを取るのは大変そうだが、レブロンやカリーが全盛期のときに一度くらいはプレーオフの試合を見たいものだ。
[ 2017/06/13 17:06 ] NBA | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき