ロスカット あの日の涙 虹となる

今週の成績

5月15日  +171
5月16日  -281
5月17日  -1055
5月18日  -2755
5月19日  +125

total -3850

今週も旅先からのスマホのみのスイングトレード。逆指値を解除していたロングポジションの損切りが響いた。やってはならない初歩的なミス。やはりPCの前に座って粛々とスキャるのが一番稼ぎやすい。つーか、自分の場合、それが唯一期待値がプラスになる取引になる。慣れないトレードをすると大怪我をする。
スポンサーサイト
[ 2017/05/21 23:36 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

乗鞍岳畳平

18620783_1243005899154669_5871737517977687281_o.jpg

18595439_1246289252159667_574864983087558738_o.jpg

18595260_1246289175493008_8914440750046916410_o.jpg

18589037_1246289438826315_7447854861156682513_o.jpg

18588704_1246288915493034_1239853298097737445_o.jpg

18558562_1243006042487988_6451203029761341564_o.jpg

18556914_1246288795493046_7876416378191943105_o.jpg

18489835_1243006039154655_2193607636363236061_o.jpg

18451362_1243006745821251_1449662129629603353_o.jpg

17546983_1246288838826375_7042219091961710851_o.jpg
[ 2017/05/21 23:36 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

トランプ大統領に揺さぶられるアメリカ

米政府の最高機密事項をロシア外相らにバラしたとして、CNNが全力でトランプ大統領を批判している。

CNN以外のメディアでも、「ホワイトハウスの危機」、あるいは「合衆国憲法の危機」など迷走っぷりを指摘した見出しが躍っている。

これらの報道をめぐり、アメリカ政界はパニック状態になっている。

今のアメリカの最大のリスクは、北朝鮮のミサイルでも、中国政府の東南アジア海洋進出でもなく、トランプという気まぐれで傍若無人な人物が大統領のいすに座っていることだろう。

9876_20170517232317195.jpg

ユーロドル1時間足チャート。

トランプ政権への不信感がドル売り圧力となり、相対的にユーロが強くなっている。

当然円もドルに対して強くなっている。

トランプ大統領を巡る一連の混乱は今のところ悪化する一方と言わざるを得ない。

今回の政治スキャンダルは、1972年のウォーターゲート事件になぞらえてロシアゲート事件と呼ばれている。

最悪のシナリオは議会による大統領弾劾で、これがもし現実になればトランプ辞任も視野に入ってくる。

どこかでドル売りユーロ買いが反転するんだろうが、そのまえにトランプクラッシュが来てもおかしくない雰囲気になってきた。
[ 2017/05/17 23:18 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

西川昌徳さんのトークライブ

5月13日にオリンパスギャラリーで行なわれた西川昌徳さんのトークライブに参加してきた。

彼はすでに10年以上も世界を自転車で回っているプロの冒険家であり、日本国内で今回のような講演などをして日々の生活の糧を得ている。

メキシコで強盗に遭ったエピソードなど、トークスキルが抜群で、どの話も面白すぎる。

もっと多くの人に聞いてもらいたいと思った。

987_201705180537074de.jpg

ファイナンシャルプランナー的な観点から言えば、彼の生きざまはリスクがありすぎるだろう。

しかし、リスクを受け入れ、それを乗り越えることに無上の快楽を得る人もいるのだ。

生涯年収がいくらかだとかは人の幸福とは関係ない。

そもそも、効率的な人生を極めるならすぐに死んだほうがいいし、むしろ生まれてこないほうがいい。

生きるということは、すなわちリスクと向き合うことといっても過言ではない。

人に何かを伝えることや、感動を共有してもらいたいということに、西川昌徳さんは自分の使命感、生きがいみたいなものを感じているようだ。
[ 2017/05/16 22:25 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

5月08日  +20
5月09日  +171
5月10日  +463
5月11日  +248
5月12日  +113

total +1017

旅先からのスイングトレード。時間軸が長ければ長いほど、技術よりも運の要素が強くなる。
[ 2017/05/15 09:13 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

上高地

残雪が春の空に眩しかった。

なによりも晴れてくれて本当に良かった。

18425494_1235602039895055_745639420325745884_n.jpg

18446982_1238590636262862_707349952943214708_n.jpg

18491754_1238598856262040_5770270314236634308_o.jpg

高山、松本、いずれの側から行くにしても日帰りでは余裕を持って楽しめない。

次回は五千尺ホテルにでも1泊したい。
[ 2017/05/15 00:32 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

白川郷

白川郷の萩町地区は、今も実生活の場として人々が住んでいる。

観光客の去った後、村は本来の静けさを取り戻す。

414623_180289458759657_748475650_o.jpg

472717_180289108759692_970637107_o.jpg

472238_180289208759682_912913810_o.jpg

464437_180290118759591_1879486629_o.jpg

464978_180290822092854_209276450_o.jpg

466317_180288062093130_2099533543_o.jpg

467395_180287415426528_1765165895_o.jpg

478819_180284912093445_1670128183_o.jpg

携帯もバッチリ繋がるので、山に閉じこもってトレードするのも十分可能だ。

クルマがなければ、夜は完全に陸の孤島になる。

トレードは孤独であればあるほど収益が増す。

こんな田舎に住んで、世捨て人のようなストイックな生活に憧れたりもする。
[ 2017/05/11 01:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

飛騨高山の旅

高山市内に流れる宮川を少しこえたところに「三町」という江戸時代さながらの古い町並が存在する。

この地域は重要伝統的建造物群として、国からの選定をうけ、飛騨の経済活動の中心地として発展してきた町人町の名残を今も残している。

472919_180028248785778_1215454091_o.jpg

470739_180027865452483_2128402040_o.jpg

458091_180027722119164_2087621469_o.jpg

416545_180028302119106_1495602801_o.jpg

1590212_2253806730_24large.jpg

1590212_2253806732_56large.jpg

1590212_2253806731_241large.jpg

1590212_2253806738_67large.jpg

7年ぶりに高山を訪問したが、ツーリスト向けに整備された街並みは何も変わっていなかった。

ただ中国人旅行客が倍以上に増えていた。
[ 2017/05/11 01:06 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

奈良井宿

18671434_1246114018843857_8628053564041675586_o_20170522105813b8a.jpg

18558764_1245973278857931_7281209487536629617_o_20170522105811d35.jpg

18589132_1245969625524963_1111250768541315955_o.jpg

18595158_1245969515524974_2766398496223931404_o.jpg

18558668_1245896388865620_9196270780516281394_o.jpg

18556771_1245969635524962_8094208218512840312_o.jpg

18556583_1246113685510557_42797854463103661_o.jpg

18556452_1245973275524598_5491558089872571470_o.jpg

18518294_1243045512484041_4964673866270224090_o.jpg

18595616_1246113505510575_4006410731163299916_o_201705221050596bd.jpg
[ 2017/05/10 23:29 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

有酸素運動で増えるニューロン

ニューロンは、一般的には神経系を構成する細胞のことを指す。

脳全体には1000億個のニューロンがあるとされ、人間がものを覚えたりして脳を使っているとき、このニューロンネットワークが太くなったり、機能を高めたり、新しくできたりする。

こうしてできたネットワークこそが、「記憶」の正体とされる。

以前は「脳のニューロンの数は生まれたときに決まっており、その後は加齢とともに減っていく一方で、増えることはない」と考えられていた。

だが最近では、さまざまな要因で後天的に増えることがわかってきた。

有酸素運動が「脳の神経細胞を育てる」という説を唱えるのは、『脳を鍛えるには運動しかない!』の著者、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士だ。

たとえばいくつかの研究では、有酸素運動によるトレーニングを行うことで、ニューロンが活性化され、記憶をつかさどる海馬が大きくなることが確認されている。

有酸素運動をすることで、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の中でさかんに分泌される。

このBDNFが、ニューロンや、脳に栄養を送る血管の形成を促すという。

ところがそうして生まれたニューロンも、そのままにしておくと、28時間後には消滅してしまうという。

生まれたばかりのニューロンに外部から刺激を与えると、脳内のネットワークに結び付けられ、信号の伝達処理速度も速くなる。

つまり、そのようにして学習と記憶の能力が高められる。

普段から四六時中PCの前にかじりついているトレーダーはなにかと運動不足になりがちだ。

とくに「スキャルピング」は記憶と反射神経の優れた人間が勝つようにできているゲームなので、日常的に適度な有酸素運動を取り入れることを意識している。
[ 2017/05/10 22:45 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング