ロスカット あの日の涙 虹となる
月別アーカイブ  [ 2017年04月 ] 

台北行ったらこれ食べよう。

台湾といえば、「小籠包」が有名だが、意外と知られていないチープで美味しい料理もたくさんある。

89876.jpg

天天利美食坊の「荷包蛋」。魯肉飯のうえに目玉焼きをのせたシンプルな料理。半熟の黄身をつぶして食べると旨い。

8976_201704302153562fb.jpg

華西街夜市の外れにある阿猜嬤甜湯。現地の日本人ライターにも人気の穴場の店。写真は人気メニューの「花生湯」。水でやわらかく戻したピーナッツを甘く煮込んだ、ピーナッツのぜんざいのようなスイーツ。

18209062_1223771001078159_1563143072155174554_o.jpg

台北のスイーツ専門店といえばまっさきにあがるのが「小南門」。桃園国際空港の中にもチェーン店があり、伝統的な定番の豆花がオーダーできる。

18193228_1223771184411474_1280118179996125838_o.jpg

豚バラ肉を醬油ベースで角煮にした料理。日本との違いは料理のうえにパクチーがのっていること。これがいいアクセントになっている。

18193062_1222734834515109_4310134931822862236_o.jpg

「蓮子雪蛤膏」は日本ではいわゆるゲテモノ料理に分類されそうなスイーツ。というのも、雪蛤(ヒキガエルの背脂)と蓮子(蓮の実)を煮込んでいるからだ。滋養強壮の効果があり、腎臓が弱い人に効く薬膳料理でもある。ぷるぷるした食感はツバメの巣のスープを彷彿させる。

18192572_1223372161118043_2931634549289073936_o.jpg

大根のスープ。「蘿蔔湯」と呼ばれる定番料理。魯肉飯のようなご飯ものと一緒にオーダーする人が多い。

18156516_1222734817848444_7435699613324795457_o.jpg

屋台でも時々見かける豚の脳みそスープ。「豚脳湯」と呼ばれる。見た目はグロテスクだが、現地の人はまったく抵抗なくオーダーしている。女性でもおいしそうに食べているのを見ていると、やはり日本人とはメンタリティが違うと感じる。

18156150_1223753641079895_1121056602252178033_o.jpg

挽肉とブラックペッパーがたっぷり入った中華饅頭。現地では「胡椒餅」と呼ばれる。

18155872_1223771287744797_3171455182019886481_o.jpg

台湾の庶民的料理の中では最もポピュラーなメニューのひとつである魯肉飯。バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を細切れにし、台湾醤油、米酒で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた丼物。通常、小ぶりな茶碗で供される。魯肉飯はどの子の店で食べてもハズすことはない。

18155806_1222757191179540_1521336815398748292_o.jpg

台湾の料理の中でも意外な人気なのが、このタケノコのサラダ。現地では「涼筍沙拉」と呼ばれる。歯ざわりはシャキシャキで、缶詰のホワイトアスパラを固くしたような感じ。これだけおいしいのになぜ日本の台湾料理屋のメニューにないんだろう。謎だ。
スポンサーサイト
[ 2017/04/29 09:52 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき