ロスカット あの日の涙 虹となる

台北101

帰国日の前日、台北101に登ってみた。

日本製エレベーターの上昇スピードが速くて驚いた。

18193046_1223771841078075_8098587521417066630_o.jpg

89階の展望台から見た台北の夜景。台北101の他に目立った高いビルがないのがわかる。

18193253_1222734981181761_8535086496755117413_o.jpg

虹色の天井に彩られたエントランスホール。一般人と団体客の入り口が分けられている。展望フロアまで上がるには600台湾ドルかかる。現在のレートでおよそ2200円。

18156137_1222734707848455_4856786903339408740_o.jpg

強風によるビルの揺れを防ぐためのウインドダンパー。台北101のウインドダンパーは直径6メートル、重さが660トンと世界一だそうだ。
スポンサーサイト
[ 2017/04/30 22:38 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

4月24日  +642
4月25日  +0
4月26日  +0
4月27日  +0
4月28日  +7

total +649

今週は火曜日から台湾に旅行に出かけていたのでほとんどトレードせず。月曜日の利益は持ち越しのショートポジション。
[ 2017/04/30 10:26 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

台北行ったらこれ食べよう。

台湾といえば、「小籠包」が有名だが、意外と知られていないチープで美味しい料理もたくさんある。

89876.jpg

天天利美食坊の「荷包蛋」。魯肉飯のうえに目玉焼きをのせたシンプルな料理。半熟の黄身をつぶして食べると旨い。

8976_201704302153562fb.jpg

華西街夜市の外れにある阿猜嬤甜湯。現地の日本人ライターにも人気の穴場の店。写真は人気メニューの「花生湯」。水でやわらかく戻したピーナッツを甘く煮込んだ、ピーナッツのぜんざいのようなスイーツ。

18209062_1223771001078159_1563143072155174554_o.jpg

台北のスイーツ専門店といえばまっさきにあがるのが「小南門」。桃園国際空港の中にもチェーン店があり、伝統的な定番の豆花がオーダーできる。

18193228_1223771184411474_1280118179996125838_o.jpg

豚バラ肉を醬油ベースで角煮にした料理。日本との違いは料理のうえにパクチーがのっていること。これがいいアクセントになっている。

18193062_1222734834515109_4310134931822862236_o.jpg

「蓮子雪蛤膏」は日本ではいわゆるゲテモノ料理に分類されそうなスイーツ。というのも、雪蛤(ヒキガエルの背脂)と蓮子(蓮の実)を煮込んでいるからだ。滋養強壮の効果があり、腎臓が弱い人に効く薬膳料理でもある。ぷるぷるした食感はツバメの巣のスープを彷彿させる。

18192572_1223372161118043_2931634549289073936_o.jpg

大根のスープ。「蘿蔔湯」と呼ばれる定番料理。魯肉飯のようなご飯ものと一緒にオーダーする人が多い。

18156516_1222734817848444_7435699613324795457_o.jpg

屋台でも時々見かける豚の脳みそスープ。「豚脳湯」と呼ばれる。見た目はグロテスクだが、現地の人はまったく抵抗なくオーダーしている。女性でもおいしそうに食べているのを見ていると、やはり日本人とはメンタリティが違うと感じる。

18156150_1223753641079895_1121056602252178033_o.jpg

挽肉とブラックペッパーがたっぷり入った中華饅頭。現地では「胡椒餅」と呼ばれる。

18155872_1223771287744797_3171455182019886481_o.jpg

台湾の庶民的料理の中では最もポピュラーなメニューのひとつである魯肉飯。バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を細切れにし、台湾醤油、米酒で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた丼物。通常、小ぶりな茶碗で供される。魯肉飯はどの子の店で食べてもハズすことはない。

18155806_1222757191179540_1521336815398748292_o.jpg

台湾の料理の中でも意外な人気なのが、このタケノコのサラダ。現地では「涼筍沙拉」と呼ばれる。歯ざわりはシャキシャキで、缶詰のホワイトアスパラを固くしたような感じ。これだけおいしいのになぜ日本の台湾料理屋のメニューにないんだろう。謎だ。
[ 2017/04/29 09:52 ] | TB(0) | CM(0)

台北・龍山寺

台湾を代表するパワースポット、龍山寺(ロンシャンスー)に行ってきた。

18156135_1222260341229225_7506882331398151453_o.jpg

清時代に建てられた台北最古のお寺で、故宮博物館や中正紀念堂などと並ぶ台北の一大観光名所として知られる。

18121975_1222245891230670_7908220987090385106_o.jpg

人目を気にせず熱心に祈りを捧げている人が目立つ。現地の人々の生活に根づいた信仰心を肌で感じることができる。

18193013_1222260334562559_2799619200815993330_o.jpg

三川殿の両側にある燭台でロウソクに点火し、そえぞれにお供え物をする。

18156077_1222245884564004_1653005910285237347_o.jpg

仏教だけでなく、多方面に霊感あらかたな「ご利益のデパート」ともいわれている。

18121433_1222245901230669_6579307884494165221_o.jpg

日本と比べるとお供え物はバラエティに富んでおり、お菓子や果物などとにかく量が多い。
[ 2017/04/28 22:47 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

From Taipei

3泊4日の過密スケジュールで台北弾丸旅行をこなしてきた。

18155798_1223753501079909_3724251809491732330_o.jpg

18192994_1222757081179551_5481173265345053677_o_20170501010246811.jpg

18121778_1222734714515121_6983827273587300719_o.jpg

18192601_1222757971179462_7863554907342702195_o_20170430221523edd.jpg

18237915_1223771894411403_3500657812048102897_o.jpg

18156768_1222735024515090_7186360193113498682_o.jpg

18192555_1223753301079929_2944746418568122383_o.jpg

18208937_1223372837784642_8055536171385738449_o.jpg

18155772_1222757084512884_8269040084888041650_o.jpg

18156396_1223753851079874_8588734016779086238_o.jpg

中国や韓国が反日国家と目されているのに比べて、親日といわれている台湾。

そんなところも日本人旅行者に人気がある理由だろう。

3泊4日の旅程では目的の半分以下の観光巡りしか達成できなかった。

次回来るときは、大人数で食道楽旅行をしたい。
[ 2017/04/27 21:36 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

ユーロ急騰

23日に行われた仏大統領選の第一回投票でマクロン氏とルペン氏が20%を超える得票率で決選投票への進出を決めた。

この結果を受けて24日の週明けのマーケットは極端に反応した。

仏大統領選は暫定集計で極右政党・国民戦線のルペン氏が得票率24.33%でトップとなっているが、22.24%で2位となったマクロン氏の支持を3位以下の候補が表明しており、大方の予想では最終決戦でマクロン氏が勝利するとみられている。

イギリスのブレグジットの影響もあり、ユーロ解体が懸念されていた今回の選挙だが、ここへ来てどうやら最悪の事態は避けられそうだと受け止められ、ユーロ買い円売りが加速した。

9876_20170424073617b22.jpg

ユーロドル1時間足チャート。

098_2017042407304518a.jpg

ドル円1時間足チャート。

3567.jpg

ユーロ円1時間足チャート。

日本時間午前6時00分現在、ユーロドルは昨年11月10日以来の高値1.0937ドルまで上昇。

ユーロ円は120円91銭、ドル円は110円64銭まで買われた。

どの通貨ペアも大きくリスクオンに振れているわけだが、選挙直前において指数が過剰に進み過ぎているとの見方もあり、再びリスクオフへの動きへの警戒感も高まっている。
[ 2017/04/24 07:24 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)

世界で一番美しい村

名古屋の名演小劇場で石川梵監督の「世界で一番美しい村」を見てきた。

0987_20170423234712df1.jpg

安倍昭恵夫人が絶賛しそうな作品であった。
[ 2017/04/23 23:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

4月17日 +351
4月18日 -3177
4月19日 -47
4月20日 +39
4月21日 +66

total -2767

火曜日の大きなマイナス収支はポンド円の損切り。こんなへたくそでよく専業を続けていられるよ。
[ 2017/04/23 23:35 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

人の目を出し抜く市場の賢者たち

カリスマトレーダー、経済評論家、アナリストやストラテジストなど、相場の予測を語る人は少なくない。

ただし、あくまでも他人の書いたシナリオである。

事実かどうかは別にして、多くの市場関係者はそれぞれの利害を背景にした発言をすることが多い。

19世紀、ロスチャイルド家のネイサンは、ワーテルローの戦いでナポレオンが敗れるのを確認してから、「ナポレオンが勝ってイギリスが負けた」と嘘のニュースを流した。

他の投資家達はそのデマを信じて、英国債を我先にと売り始め、最終的に大暴落した。

ネイサンは、紙クズ同然となった英国債を買いまくった。

翌日、イギリス勝利の情報とともに英国債は暴騰した。

ネイサンは当時としては天文学的な数字であるおよそ100万ポンドの利益を獲得し、この日の儲けだけで財産が2500倍に増えたと言われている。

このエピソードは後に「連合軍はワーテルローの戦いに勝ったが、実際に勝ったのはロスチャイルドだった」といわれるようになった。

これ以降、ロスチャイルド家はヨーロッパの金融業界で盤石の地位を築くことになる。

マーケットはまさに生き馬の目を抜く世界。

ネイサンのように儲けるためなら他人の目を欺くことなど朝飯前の人間が犇めいている。

評論家の見通しを鵜吞みにしたり、ヘッジファンドのポジショントークに踊らされていると、それこそ連中の餌食になってしまう。

中国の「菜根譚」にこんな文章がある。


鷹の立つや、睡るが如く、虎の行くや病むに似たり。まさにこれ、かれの人を攫(つか)み、人を噬(か)む手段のところなり。 故に君子は、聡明を露わさず、才華を逞しくせざるを要す。 わずかに肩鴻任鉅(けんこうにんきょ)の力量あり。


鷹が木に止まる姿はあたかも眠るようであり、虎の動きはあたかも病んでいるように見える。

しかし、そのように相手を油断させておいて、鷹や虎は獲物を襲うのである。

野生の世界もマーケットの世界も、生き抜くために相手を欺くことはあたりまえに行われている。

誰が仕掛けているのか。

誰が一番得をするのか。

想像力を働かせて、じっくりと策を練る。

莫大な資金力を持つヘッジファンドが鷹や虎だとするなら、我々個人投資家はさしずめ死肉を漁るハイエナだろうか。

サバイバルゲームで生き残る為には、神経質なくらい臆病なほうがいい。
[ 2017/04/21 05:19 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

達人と常人の違い

エクストリームスポーツと呼ばれるジャンルがある。

一般的には、スノーボードやスカイダイビングなどの、速さや高さ、危険さや華麗さなどの「過激な(extreme)」要素を持った、離れ業を売りとするスポーツのことを指す。

その世界で活躍するトップアスリートたちは、医療テクノロジーの進歩により、脳の構造からして違うということがわかってきた。

脳の動きをライブでスキャンして、過去の詳細なデータを時系列で分析してみると、明らかに従来の人類の脳と異なる箇所が見てとれるという。

ドーパミンやアドレナリンなどの脳内物質にも変化の兆しがあるらしい。

人間が新しい進化の時代に入ってきたというと大袈裟だが、脳にスリルという負荷をかけることにより、少しずつ耐性ができてより大きな負荷に耐えられるようになってきたのは間違いなさそうだ。

その証拠として、エクストリームスポーツのほぼすべての競技で毎年のように新記録が更新されているという事実がある。

脳に負荷を与えるという意味では、トレードも頭脳のスポーツといえる。

トレードの達人も脳の構造が常人とは違うのではないかと疑っている。

いずれにしても、金融リテラシーの高い人とそうでない人の収入の格差はますます開いていくのだろう。
[ 2017/04/20 05:45 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき