ロスカット あの日の涙 虹となる

移住先としての日本

海外の富裕層が移住を希望する上位5ヶ国はオーストラリア、米国、カナダ、UAE、ニュージーランドらしい。

治安に関しては、おそらく日本は世界でもトップクラスの安全な国だろう。

なのに、海外の富裕層には移住先としていまいち魅力がある国と映っていないようだ。

宮崎駿などのアニメカルチャーに憧れて日本に移住する富裕層がいてもよさそうなものだかそうはなってない。

この人気のない理由はなんだろう。

やはり言葉の壁が大きいのか、それとも原発の影響か。

法人税が高いというのも一因だろう。

もしかしたら人気のなさはもっと単純で、この国では文化の多様性を受け入れる準備が整っていないのが大きな理由のような気がする。

富裕層が移住を考えるうえにおいて、もっとも重視するのは教育の充実度だというが、正直ボクがアメリカ人だとしたら日本で子供を育てようと思えるかどうか。

今の日本は、森友学園の籠池理事長のような戦時中の大日本帝国を理想の国家であるとする懐古主義の人々が少なからずいる。

海外の観光客にはフレンドリーな姿勢で対応する人でも、移民受け入れには難色を示したりする。

日本のような日本人が大多数を占める単一民族国家では、外国人はマイノリティな存在であり、当然居心地の悪さも感じる筈で、富裕層はそうした排他的な雰囲気を敏感に嗅ぎとっているかもしれない。

海外の富裕層に人気がないだけでなく、日本人の富裕層も国籍を捨て海外に移住する傾向にあるということは、事実として深刻に受け止めなければならないと思う。

日本が海外の富裕層から見ても魅力的だと思うような国になれば、世界中から優秀な人材や富が集中し、グローバル国家として経済的にも繁栄すると考えるのは楽観的すぎるだろうか。
スポンサーサイト
[ 2017/03/12 23:46 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

東日本大震災の被災地で起こったあるエピソード

東日本大震災から6年経った。

2011年3月11日、津波の被害にあった街のパチンコ店での出来事。

地震が起こった直後、パチンコ店の社員は必死で避難誘導するものの、ほとんどのお客はすぐに非常口に向かわず、玉交換をしようとカウンターに殺到していたという。

社員がそれどころではないと玉交換を止めようとしたところ、「換金だけはさせろ!」と罵声を浴びせるお客もいたらしい。

人の欲深さを思い知らされるハナシである。
[ 2017/03/12 04:16 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

コンフォートゾーンを突き抜けて自分の夢を叶える方法

コンフォートゾーンとは、内面の快適な領域、いわゆる自分にとって居心地のいい場所のことを意味する。

成功する人の多くは、この領域から積極的に抜け出す努力をしている。

ほとんどの場合、個人の収入はその人が属する社会的コミュニティで決まってしまう。

そのコミュニティの中で努力しても収入の上限は限られている。

自分の属するコミュニティから抜け出し、異なるコミュニティに移動する努力は収入増に効果的であり、就職、転職や大学受験がそれに該当する。

残念だが、日本ではコミュニティの移動手段が限られる。

故に多くの場合、努力は収入増に結びつかない。

サラリーマンで満足している限り、年収が億を超えることは不可能に近い。

さらに一段階上の収入を得るためには、居心地のいい場所を離れて、リスクを受け入れる必要がある。

自分の潜在能力を最大限に発揮するには、相対的に不安な状態、つまりいつもより少しストレスが高い環境にあえて身を晒さなくてはいけない。

株やFXなどの投資は決して易しくなく金銭的リスク、および精神的負荷がつきものだが、ある程度の技術を身につければ、自分の殻を破り、コンフォートゾーンを抜け出し、諦めようとしていた夢を叶える為の強力な手段になりうる。

どんな分野でも大きな成功は掴むためには、自分の居心地のいい場所に留まっていてはダメなのだ。
[ 2017/03/12 02:10 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー