ロスカット あの日の涙 虹となる

Cabages & Condoms

知る人ぞ知るコンドームがコンセプトのタイ料理レストラン「キャべジズ&コンドームズ」。

737722_296588380463097_886546715_o.jpg

737605_296588360463099_574993222_o.jpg

736384_296588457129756_1720855561_o.jpg

705222_296588520463083_2083833267_o.jpg

705216_296588433796425_1783665854_o.jpg

飲食店なのにもかかわらず、コンドームで作られたランプシェードやマネキンの服など、日本では考えられないような演出が施されている。

メインメニューは本格的なタイ料理だが、辛すぎることはなく上品なテイストで日本人の舌にもあう。

緑に囲まれたバルコニー席などもあり、コンドームが飾られているとはいえオシャレな雰囲気で、お値段もリーズナブル。

訪れてみて後悔するようなレストランではないと断言できる。

会計が済むとオリジナルのコンドームをくれるので、カップルで行くことをお薦めしたい。笑
スポンサーサイト
[ 2017/01/30 23:16 ] | TB(0) | CM(0)

トレーダー目線で語るトランプ政権

トランプ氏は大統領就任以降、メキシコとの壁やイスラム国籍を持つ人の入国禁止の大統領令など事前の公約を次々と実行している。

しかも、この大統領令を出したらその後どうなるといったことを真剣に検討するのではなく、政策決定のプロセスはかなりいい加減っぽい。

トランプ氏自身、アメリカの最高権力者としての責任感をまったく感じさせない軽率な発言が多く、げんなりさせられる。

「トランプはめちゃくちゃやっているようだけど、じつはクレバーでしたたかに計算している」という評価をする向きもあるが、それは彼をかいかぶりすぎているのであって、はっきりいってトランプ氏はまともではなく一国のトップになる器ではない。

トランプ氏は自分の支持率につながる白人の貧困層が気にいりそうな政策を掲げて大統領選に勝利した。

センセーショナルな発言やアメリカのナショナリズムを前面に押し出すことによって支持を集めてるうちはいいが、政策が選挙戦で勝つ為のその場しのぎだから、やがてそういった層も欺瞞に気付き始める。

そうなった時にも、自分の正しさをアピールするために「国の誇りをとりもどす」などと他の相手国を批判し、民衆のナショナリズムに訴えかけようとするだろう。

アメリカファーストのトランプ政権は日米安全保障についても容赦なく日本に負担を求めてくるのは容易に想像できる。

敵を増やすことによって自国の利益や安全を守ろうというトランプ外交は、多くの矛盾を孕んでいていて、国外はおろか米国民の支持率も低く、これ以上の求心力は望めそうにない。

いろいろ批判を述べたが、刺激的な問題発言が多く、市場に過度なボラティリティをもたらすトランプの傍若無人な行動に対して好意的なトレーダーは少なくない。

ウォール街からも今のところ批判的な声はきかれない。

トランプ政権が失速し、株価が下落しても、それはそれで絶好の収益機会と見なし、ショート・ポジションで儲けようとするのがトレーダーという人種で、そこに世界経済の縮小を憂慮する思想はない。

皮肉なことだが、トランプ政権は白人貧困層を救うのではなく、長期的なスパンで俯瞰すれば貧富の差をますます広大させることになっているのだ。

トランプ政権のやり方は、表面的には世界の右翼化や保護主義の台頭を助長させているようでいて、水面下では政府に対する失望感を増幅させ、さらなるグローバル化を推進させる原動力となりうる。

そのことに気付いている社会学者やエコノミストはいるが、彼らの多くは不毛な論争になることを恐れ沈黙を貫いているようだ。
[ 2017/01/28 01:23 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

ドンムアン空港

10年振りのドンムアン空港。

LCC専用の空港と化しているが、すごくキレイになっている。

かってはここがタイの玄関口だった。

15726424_1094060780715849_8564324813595097480_n.jpg

北京国際空港やスワンナプーム空港などの巨大空港は規模が大きすぎて搭乗時に何時間も待ったり、乗り継ぎ時も何百メートルもの距離を歩かなくてはいけない。

今回利用した北京国際空港では搭乗時間の3時間前に到着したにもかかわらず、空港が人で溢れていてイミグレ通過に2時間近くかかり危うく乗り遅れそうになった。

ドンムアン空港ぐらいの規模の空港が一番使いやすい。
[ 2017/01/27 23:27 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

タイに行ったら絶対に食べるべき屋台料理

カオカームーというタイ料理を知っている人はいがいに少ない。

3131_20170204031622e12.jpg

タイでは「庶民の味」として親しまれ、ほとんどの食堂のメニューに載っているポピュラーな料理だ。

屋台だと日本円で100円程度で食べられる。

台湾には「魯肉飯」という煮込み豚肉かけ飯があるが、あれと似ているかもしれない。

豚肉や豚足を大鍋で長時間グツグツと煮込み、まな板で骨から肉をそぎ落とし、ご飯に煮込み汁と一緒に盛り付けて完成。

空芯菜を煮汁に浸して添える場合もある。

じっくりと煮込まれた豚肉はとろとろに柔らかく、赤身を噛みしめると、旨味が口の中にじんわりとひろがる。

タイで最も食べているお気に入り料理のひとつだ。
[ 2017/01/27 02:11 ] | TB(0) | CM(0)

タイで一番美味しいパッタイ

欧米のグルメ誌がタイで一番美味しいパッタイと絶賛するチップサマイのパッタイ。

5335353.jpg

タイで一番ということは即ち世界一旨いパッタイといっても過言ではあるまい。

ここのパッタイはマンクンというエビミソが入っていて、独特のコクと甘みがあるのだ。

じつはボクの本当のオススメは、このお店オリジナルのココナッツジュース。

いつもパッタイと合わせてオーダーしている。
[ 2017/01/27 02:07 ] | TB(0) | CM(0)

バンコクのユニクロ

今や世界中の都市に支店のあるユニクロ。

16177645_1121081294680464_7469449821456346558_o.jpg

タイは常夏の国だが品揃えはほとんど日本と変わらない。

暑くてもオシャレなタイ人は長袖を着てジャケットを羽織っているのに気付かされる。

日本で4900円で売られているダウンが1990B、およそ6千円で売っていた。

中国でもタイでも同じ製品だったら、日本がダントツに安く、母国でユニクロのお店がありながら、なぜ日本のユニクロで行列を作ってまで買うのかその理由がわかった。
[ 2017/01/26 12:04 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

ダウ史上最高値更新

ダウがついに史上初の2万ドルを突破した。

トランプ新政権への政策期待を背景にした「トランポノミクスラリー」が再加速しつつある。

個人的にはトランプの掲げる保護主義経済政策に懐疑的とはいえ、ここでダウ平均のロングポジションを持っていないことへの憤りを覚える。

1年以上前からダウはいずれ2万円を突破するだろうと予測していたからだ。

いくら予測が当たろうが、儲からなくては意味がない。

0987_20170126000129f90.jpg

ダウ日足チャート。

224.jpg

日経平均日足チャート。

日経平均はダウとリンクせず、方向性が定まらないドル円に足を引っ張られている。東芝の株価メルトダウンも少なからず影響していると思われる。

98760.jpg

ドル円日足チャート。

将来の為替の値動きを予想をしてもしかたがないが、短期的にはトランプ大統領の支離滅裂な発言に翻弄されそうな1年になりそうな予感がする。

世界中で保護主義が加速すれば、最悪の場合個人投資家がトレードを規制されるという可能性もある。

世論がいくら右派的ポピュリズムに傾こうがそれに異議を唱えるのではなく、リバタリアニズムに撤して稼げるときに稼いでおくというのがトレーダーとして正しいあり方、生き残る術だと開き直っている。
[ 2017/01/25 23:59 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

タイで一番お得な両替商

バンコクで一番お得な両替商といえば、昔も今もスーパーリッチであることには違いない。

15726242_1093808224074438_7239009670127355576_n.jpg

昔はスクンビットの伊勢丹前にあったが、今はバンコクのいたるところに支店がある。

ここで気を付けることはたとえ少額を両替するときでもパスポートが必要なこと。

泊まっているホテルの名前も訊かれる。

面倒くさいと思うかもしれないが、それでも他の銀行のレートよりもずっとお得なレートで両替できる。

現在のレートであれば、1万円を両替すればおよそ3000バーツ前後になる。

タイの物価では、1000バーツが日本円で1万円ぐらいの価値がある。

何か大きな買い物をしたり贅沢をしない限り、1000バーツ以内で十分一日暮らせるわけだ。
[ 2017/01/25 13:49 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

MahaNakhon Building

タイは地震のリスクが少ないので、設計の自由度が日本と異なり、斬新なデザインの高層ビルが多い。

15826867_1106058796182714_9197619750169823131_n.jpg

とりわけ目立つのが、バンコクのサートンエリアに新たに建設された77階建てのマハナコンビル。

ビルの高さは314メートルで、これまでタイで最も高い建造物だったバイヨーク・タワーⅡを抜き、現在タイで最も高い高層ビルになる。

ちなみに大阪のアベノハルカスは300メートル。

マハナコンビルは世界的に有名なイタリア人建築家のシーレン・オレーによって設計された。

シーレン・オレーは、北京にある中国中央電視台放送局やシンガポールの「The Interlace」といった奇抜なデザインのビルを設計したことで知られている。

地元の人達は、その独特な外観から「虫食いビル」と呼んでいるらしい。

ビルの高層部分は、リッツカールトン系高級コンドミニアムが入るという。

気になるお値段は、135平米~508平米で、37,700,000B~185,200,000B。

日本円にすると1億36000万円〜6億7800万円で、物件のゴージャスっぷりのわりには安い。

これが東京や上海だったら、倍近くの値段がついてしまうかもしれない。

それを考えると、タイはまだまだ魅力的な投資先といえる。

バンコクでは、世界でも10指に入る高さのビル「Super Tower」の建設が計画されており、外資系企業による建築バブル期はしばらく続きそうな気配だ。
[ 2017/01/24 00:29 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

La La Land

サイアムパラゴンで 「La La Land」を鑑賞。

日本ではまだ公開されていないようだが、タイでは一足先に公開され大ヒットしている。

15965152_1105999432855317_6270614308615391139_n.jpg

ライアン・ゴズリングが渋くてカッコいい。

エマ・ストーンも彼女以外考えられないほど役にハマっている。

この二人は「ラブ・アゲイン」でも共演しているのだが、今回も相性はバッチリ。

ジョン・レジェンドも役者として出演しており、バックに流れる音楽も素晴らしい。

久々にハリウッド映画の底力を感じた。

たとえトランプのような排外主義者が大統領になろうが、こういう映画が作れるアメリカなら未来に希望が持てる。
[ 2017/01/23 00:27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき