FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

伏見稲荷神社

京都の伏見稲荷神社に行ってきた。

14712914_1021403047981623_7136116032425704751_o.jpg

鳥居を奉納する習慣は江戸時代以降に広がったようだ。鳥居をくぐることによって願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味があるという。現在は約1万基の鳥居がお山の参道全体に並んで立っているという。

255816_243159685805967_421738480_o.jpg

「稲荷大神様」のお使いは狐。口にくわえている巻物は知恵を表す。狐は神社のいたるところにいる。

14711253_1021403187981609_2652369018047138972_o.jpg

朱色は魔力に対抗する色とされ、鳥居はすべて朱色に統一されている。朱の原材料は水銀で、昔から木材の防腐剤として使われてきた。

255958_243182829136986_2041835651_o.jpg

伏見稲荷神社は知る人ぞ知る日本で一番外国人旅行者に人気のある観光地でもある。アップルのCEOのティム・クックやビル・ゲイツなどIT企業の著名人も訪れている。当日は日本人よりも欧米人や中国人の団体観光客で溢れかえっていた。
スポンサーサイト



[ 2016/12/02 13:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ナショナリズムの台頭と格差社会の拡大

日本が世界で2番目に資産額100万ドル以上、日本円にしておよそ1億1千万円の資産を持つ富裕層が多い国であることが、クレディスイスの「グローバル・ウェルス・レポート2016」から判明した。

この層は世界の人口のわずか0.7%と最も希少な層であるにも関わらず、世界中の金融資産の46%を所有している。

富のピラミッドの頂点に位置している資産1億ドル以上の富裕層は世界に数百人、日本でも50人近くいるといわれる。

ちなみに世界で一番富裕層が多い国はアメリカで、その後に日本、イギリスと続く。

2016年度における資産額100万ドル以上の富裕層は3293万1000人で、2015年から2016年にかけて59万6000人増えた。

富裕層が増えた主な原因は世界的に経済が堅調であり、株価が高騰したことが挙げられる。

おそらく資産額100万ドル以上の富裕層の中には、かなりの割合で市場で直接マネーを取引する金融関係者が多く存在しているに違いない。

トランプ氏はアメリカにおける一部の白人のブルーカラー層に熱狂的に支持されて大統領に当選したが、ここ最近の株高の恩恵を受けているのはトランプ氏を積極的に支持しなかったグローバル企業やウォール街の投資家という皮肉な結果になっている。

トランプ氏の掲げるナショナリズムは白人の貧しい人々には受けがいいが、極端な保守主義と自由貿易の規制はマーケット全体が縮小すると批判する経済学者は少なくない。

トランプ氏が大統領に就任しても、貧困層が減ることはなく、かえって所得格差が拡大していく可能性があると指摘されている。

今のところトランプ氏の政策は富裕層優遇政策といってもよく、たとえ景気がよくなってもそれによるトリクルダウン効果は期待できないというのだ。

格差社会が進行すればするほど、世論は極端な保守主義や歪んだナショナリズムに傾きやすい。

しかし、いくらグローバル化を拒んだところで、貧富の差の抜本的な解決には繋がらない。

トマ・ピケティが自らの著書「21世紀の資本」の中で述べているとおり、富裕層の資産に大幅な課税をしないかぎりこの構造は変わらないのだろう。
[ 2016/12/02 03:52 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

バブル相場の黒幕

OPECが定例総会で8年振りに原油の減産で最終合意したとの報道が好感され、債券利回りの上昇に伴うドル買いが加速、さらなる株高円安に拍車がかかった。

日経平均株価は前日比400円、ドル円は約9カ月振りの円安水準となる1ドル114円70銭まで高騰した。

533.jpg

ドル円5分足チャート。

今回のドル高円安の一因としてあのルネッサンス・テクノロジーが仕掛けているという噂がある。

ルネッサンス・テクノロジーとは、数学博士のジェイムス・シモンズ氏が1982年に創業した知る人ぞ知る世界有数のヘッジファンドだ。

運用資産は220億ドルといわれ、創業以来の運用リターンは年平均38%と抜群の成績を誇っている。

彼らのような大物のヘッジファンドがドルを買っていれば、それに追随しようとするその他大勢の投機家がいても不思議じゃない。

いずれにしても就任前にここまでのお祭り相場を生み出しているトランプ氏は、株を保有しているすべての投資家にとって今のところ最高に慕われるべき大統領かもしれない。
[ 2016/12/02 02:41 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき