ロスカット あの日の涙 虹となる

FXはギャンブルとして楽しむくらいがちょうどよい

金融の世界では「高いリターンを望むなら、それに応じた高いリスクを負わなければならない」というのが常識になっている。

例外はない。

巷で蔓延っている「低リスクで高リターンな金融商品」は、ほとんどが詐欺と思って間違いない。

儲けようと思ったら、それだけお金を失う可能性があるということを覚悟しなくちゃいけない。

「ハイリスク、ハイリターン」な金融商品といわれるFXだが、高いリスクをとれば高いリターンが得られると思ったら大間違いだ。

高いリスクをとっても、それがリターンとして還元されないまま、大きな損失に繋がるケースもある。

現在、国内のFX口座はおよそ600万といわれている。

1年ごとに区切って、そのあいだに一度でも売買したことがあるという実働比率は、ここ数年で15%から20%程度だという。

従って600万人の2割弱、およそ100万人が実際に取引していると考えられる。

市場参加者の9割は負けているそうなので、10万人がかろうじて儲かっている計算になる。

その中で、月次ベースで1年間勝ち続けている人は、本人がとてつもない努力をしているか、あるいは生まれながらの天才かのどちらかだろう。

そもそもFXは、株のような経済的な生産活動に資本を提供する行為ではない。

未来の為替レートが上がるか下がるかに賭けるゼロサム・ゲームであり、賭けに勝った人が、負けた人からお金を奪う仕組みだ。

一部の人が何億と儲けているのは事実だが、競馬の万馬券と同じで、少数派の勝ち組トレーダーが存在していることは確率的に起こりうることで、大多数の人は、そんな幸運にありつけないばかりか、損をする人の方が圧倒的に多い。

為替のマ-ケットは、プロのディーラーでも、1年や2年では使い物になるレベルには届かず、5年くらいかかって、ようやく「なんとなく全体像が見えてくる」という世界だといわれる。

シロートが安易に手を出してすぐに稼げるようになるという金融商品ではない。

競馬やパチンコで真剣に生活費を稼ごうと思う人が少ないように、FXは「世界最大のカジノ」だと理解し、投機だと割り切って、娯楽のひとつとして参加するというのが正しい接し方かもしれない。

自分の給料の何倍も稼ごうと欲張っても、それだけの技術が備わっていなければ、ほとんどの場合は返り討ちに合う。

トレードで安定して稼ぐということは、すなわち自分の生涯の一部を相場に捧げるということだ。

それは、世界の投資家相手に真っ向から戦いを挑むことでもある。

普通の人は、そこまで真剣に対峙する必要はないだろう。

日々平穏に生きようと思ったなら、マーケットとある程度距離を保った方がいいのだ。
スポンサーサイト
[ 2016/08/31 05:12 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

盲、蛇に怖じず

ドル円の逆張りは成功しやすいが、月曜日と金曜日、NY時間の午後、日本時間の深夜1時過ぎからは要注意だ。

突然、大きいトレンドが発生し、一度走り出したら止まらなくなる。

8765_20160830063034b81.jpg

ドル円1分足チャート。

もう少し損切りが遅れたら、危なかった。

向こう見ずな人は、ここでナンピンして傷口を広げてしまう。

かっての自分がそうだった。
[ 2016/08/30 06:38 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)

大剛に兵法なし

江戸時代、徳川将軍家の剣術指南役を務めた柳生宗矩は、柳生新陰流の師範であり、その武勇は全国に轟いていた。

ある日、宗矩の門に一人の武士が入門を請うて出た。

見れば、すでに武術の達人に思えた。


「貴殿は一流に達した武人とお見受け致すが、何故わが流の門に入門をされるのか?」


そう問えば、武士は今まで一度も武芸の修行をしたことがないという。


 「さては余を試しに来たのか?!余は将軍家指南役であるぞ。この余の眼を偽ることは出来ぬぞ!」


武士は、誓って本当のことだという。

では、何か心得のものがあろう?と重ねて聞くと、件の武士は数年かかって死ぬことを何とも思わなくなったいう。

宗矩はたいそう感心し、こう云い放った。


「兵法の極意もその一事にある。余はこれまでに多くの門人を抱え、数人の高弟を得ることが出来たが、まだ此処までの極意を許したものは一人も居ない。したがって貴殿は、あたらめてわが流の剣術を学ぶ必要はござらぬ」


そして、この武士に柳生新陰流の免許皆伝を与えたという。

ちなみに免許皆伝とは、師から弟子に芸道などの奥義を、悉く伝授する最高の御墨付きである。

その後、宗矩はこの武士について、次のように語っている。


「大剛に兵法なし」


つまり、剣術を極めるにあたって兵平は必ずしも重要ではなく、心のいきついたところに奥義があるとしている。

では、宗矩のいう「心のいきついたところ」とは、いったいどのようなところだろうか。

そもそも武芸は人を殺めるものであり、そこに必ず死の恐怖がある。

死を恐れなくなった武士は、「無我の境地」まで辿り着いたということか。

虎穴に入らずんば、虎児を得ず。

死を恐れていては剣術が上達しないないように、損をするリスクを恐れていては儲けられない。

安定して利益を得るには、トレーディングという作業から極力感情を排除しなければならない。

お金を儲けようとするのではなく、無欲になる。

相場道の奥義も、なにかそのあたりにありそうな気がする。
[ 2016/08/30 04:58 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

リスクを取ることでしか変わらない

ひとたび利権構造が出来上がってしまったら、あとは慣性で動く。

たとえば日本の選挙。

これは既得権を持つ人たちによって作られたシステムなので、だれが当選しても大きく政治が変わることがない。

日本の行政システムの抜本的な改革は、結局のところ、外圧によってしかなされないのではないか。

既得権を持つ人たちが、悔い改めて自己変革することを期待してはいけない。

日本の格差が広がっているのは、自らリスクを取ることを恐れている人が増えているのも原因のひとつだろう。

既得権を持つ人たちが自ら積極的にリスクを取るはずがなく、日本社会全体が「現状維持バイアス」に陥っている。

貧すれば鈍すではないが、格差によって民度も低下していく。

社会的な不満を国に訴えても、何も変わらない。

周りを取り巻く環境を変えるには、自ら進んでリスクを取りに行くしかないのだ。

FXや株のトレードは他人に積極的に奨められるものではないが、本人のやる気しだいでは、貧困のスパイラルから脱出する有効な手段のひとつになりうると思う。
[ 2016/08/29 05:58 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

移動平均線への別れのキス

「移動平均線への別れのキス」とはトレーダーが書いた恋愛小説のタイトルではない。

デーブ・ランドリーが「裁量トレーダーの心得」の中で紹介しているトレード手法のことである。

手法のルールは以下のようなものだ。


1. 10日移動平均線の上か下かどちらかにレートがある。

2. 移動平均線へ向かって押す。(安値が移動平均線を下回る)

3. 直近の高値を上回ったらエントリー。



レートが移動平均線にタッチし、再び離れていくタイミングでエントリーするパターンが、まるで移動平均線にキスをして別れていくようなので、このような名前がつけられている。

手法そのものは、トレンドが発生している相場での戻り売り、あるいは押し目買いを狙ったシンプルなもので、何か特別なインジゲーターを使ったり、複雑なことをしているわけではない。

デーブ・ランドリーはほぼこの手法のみで、一生働かなくていいだけのお金を相場から手に入れた。

じつは自分が使っているひとつの手法も、移動平均線のパラメーターの値が違うだけでほぼ同じである。

以下のチャートを例にとって解説する。

2344_201608280417129e3.jpg

ポンド円1時間足チャート。

デーブ・ランドリーの手法が1本の移動平均線だけなのに対し、自分のは3本の移動平均線を使用する。

その方がトレンドの有無がより視覚的に把握できるからだ。

↑のチャートでは、上から25日指数平滑移動平均線、75日指数平滑移動平均線、200日移動平均線を表示させている。

手法のルールは以下のようなものになる。


1. 25日移動平均線の上にレートがある。

2. 25日移動平均線を突き抜け、75日移動平均線にレートがタッチする。

3. ストキャスの売られすぎの水準(20%以下の値)を割った後、%Kもしくは%Dが下から上に抜けたときにエントリー。

4. ストキャスの買われすぎの水準(80%以上の値)を割った後、%Kもしくは%Dが上から下に抜けたときに利益確定。

5. 25日移動平均線が75日移動平均線と交わり、デットクロスになった時点で損切り。



正直に告白すると、この手法の優位性を正確に検証しているわけではない。

期待値も曖昧で、条件が揃ってもエントリーを躊躇してしまうこともあった。

来週はこの一つの手法に絞ってトレードし、細部のルールを徹底的にブラッシュアップするつもりでいる。

デーブ・ランドリーの「移動平均線への別れのキス」に匹敵する完成度の高い手法が構築できれば上出来だ。
[ 2016/08/28 04:11 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

トレードが教えてくれること

トレーディングほど、自分の性格について学べる場所はない。

損失によって、普段気付くことながない自分の欠点が露わになる。

ミスは悪い癖になっているので、何度も繰り返される。

失敗しては修正するという作業の積み重ねでしかトレ-ドは上達しない。


「市場は右も左もわからぬ者を許さない」


そういったのは、あのウォーレン・バフェットだ。

最初は誰でも高い授業料を相場に支払うことになる。

そこで自分の欠点を素直に認め謙虚に学習することが、成功するしないかの分水嶺になる。

人は自分の器に応じた理解力しかない。

いつまでたっても稼げないのは、それがその人の器であり、理解力が足りないことが証明されたのだから、とっととトレ-ドを諦めたほうがいいのだ。

これは自分に対する戒めの言葉でもある。
[ 2016/08/27 07:39 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

8月22日 +38
8月23日 +47
8月24日 +134
8月25日 +38
8月26日 +70
                    total +328

損切りを順守している限り、どれだけ相場で負けようが退場するような悲劇的な不運は避けられる。逆に損切りを順守しなければ、あっというまに利益が霧散してしまう。そんなことを実感した週だった。慢心は禁物だ。
[ 2016/08/27 05:16 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

Once a dealer, always a dealer

サクセスフル・エイジングとは欧米で生まれた概念で、老いを拒絶する思想だ。

日本語に直訳すると「成功加齢」だが、「死の直前まで現役であることにこだわり、人生を楽しみつくすこと」が基本的な定義となる。

ジョージ・ソロスにしても、ウォーレン・バフェットにしても、85歳の高齢であるにもかかわらず、相変わらず相場を張っている。

ウォール街には"Once a dealer, always a dealer."という言葉がある。

一度でもディーラーという職業を経験すると、生涯死ぬまでディーラーであり続ける、といったような意味だ。

相場中毒者の辞書に“引退”という言葉はない。

サクセスフル・エイジングを実践するうえにおいて、トレーダーほど刺激的な職業はない。

おそらく自分はボケ老人にでもならない限り、死ぬまで相場を張り続けるのだと思う。
[ 2016/08/27 04:47 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

ジャクソンホールでのイエレン議長の講演

日本時間午後11時発表。

イエレン議長は、労働市場の改善などに伴い利上げの可能性もあるとしながら、具体的な利上げ時期には言及しなかった。

その後、フィッシャーFRB副議長が「イエレンFRB議長の発言は9月利上げの可能性を示唆している」、「8月雇用統計がFOMCの決定に影響する」と述べた。

マ-ケットは来月にも利上げがあると判断し、急激なドル高円安が進んだ。

ドル円は101.94円まで上昇し、ユーロドルは1.1190ドルまで下落。

値動きがないのも問題だが、ありすぎても困る。

123_20160827054211838.jpg

ドル円5分足チャート。

最初はショート・ポジションでエントリー。

損切りしながら、節目節目で逆張りするが、一向に反転することなくトレンドが継続。

結果、午前0時から午前5時にかけて1円50銭あまりの円安になった。

途中で逆張りを諦めていなければ確実に破綻していた。

441.jpg

ユーロドル5分足チャート。

移動平均線に沿った綺麗なトレンドを描いているが、いかんせんボラティリティが大きすぎる。

逆張りではなく、戻り売りで参戦するべきだった。

2344.jpg

日経平均5分足チャート。

ドル円とシンクロするように上昇。

午前1時の急落が絶好の押し目買いポイントだったが、見逃してしまう。

12334.jpg

ダウ平均5分足チャート。

日経平均やヨーロッパの株価は騰がっているのに、なぜかアメリカの株価だけが下がっている。

ここ最近は、各マーケットの相関性が簿妙に変化している。

これらのチャートを俯瞰してみると、マ-ケットというものは正規分布に従って動くのではなく、ベキ分布によって動くことがよくわかる。

とくに為替相場は大きく一方方向に傾くケ-スが多い。

週末の夜はなにかとビックイベントが重なり、値動きも激しくなる。

いくらポジションサイズを小さくしてエントリ-しようが、損切りの逆指値のポイントは大きく離さず、必ず順守しなければならないと改めて強く感じた。
[ 2016/08/27 03:49 ] イベントドリブン | TB(0) | CM(0)

フラクタルとチャートパタ―ン

フラクタルとは、フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが導入した幾何学の概念で、図形の細かい部分と全体が自己相似になっていることをいう。

どれだけ拡大しても、同じ形状が現れてくるという特徴がある。


fractal-20120823.png


たとえば、上図を広大しても、延々と同じパターンが繰り返される。

自然界での具体例としては、海岸線の形などがある。

ひとつの大きなパターンは細かい幾つもの同じようなパターンで構成されており、それが無限に続いている。

じつはチャートパターンとフラクタルの図形はとても似ているところがある。

日足チャートでも、1時間足チャートでも、1分足チャートでも、どれだけ拡大してもあらゆる時間軸で同じ現象が起こるのだ。

1分足ではダブルボトムあったものが、時間軸を変えてみるとヘッドアンドショルダーズだったりと形状は変わるものの、どのタイムフレームでも同じようなチャートパターンが発生する。

つまり、ひとつの勝てる手法であったなら、基本的にはどの時間軸であっても同じように機能する筈である。

であるならば、時間軸の短いほうが、より売買チャンスが多く、利益を挙げられるということになる。

長中期投資やスイングトレードに比べると、一日に何回も取引するデイトレードのほうがはるかに儲かる可能性がある。

一日中モニターの前に座ってチャートを監視していなければならないという辛さがあるものの、極限まで利回りを追求するならデイトレードしかない。

仮に1万円を元手として、もしも一日に平均で3%の利回りをあげることができれば、たったの1年間で元本はおよそ1236万円になる。

カリスマ・トレーダーと呼ばれる人たちは、このように短期間で資金を回転させるやり方で、驚異的な利回りを実現させているのだ。

短いサイクルの中で何回も取引するためにより多くの失敗も経験でき、上達のスピードも早まるというメリットもある。

以上のことから、デイトレードこそが最強の資金の増やし方といわんばかりだが、ある程度のスキルを習得していないと、儲かるどころか、逆に恐ろしいスピードで資金を溶かしてしまう危険がある。

デイトレードはトレーダーにとって両刃の剣ともいえる。

トレードスタイルは、それぞれ一長一短があり、結局のところ自分の性格や生活のリズムにアジャストしたものでないと続けられない。

ただ、一度でも安定した利益をあげられるコツをマスターしてしまえば、チャートパタ―ンはどの時間軸でも同じような形状が繰り返されるので、突発的な大きな値動きに注意さえすれば、中長期投資でもデイトレードでも共通のスキルで対応できるだろう。
[ 2016/08/26 04:15 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき