FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

ラルフ・ビンズの実験に学ぶ 生き残るためのポジションサイズ・マネジメント

誤解を恐れずに言えば、FXは未来の為替レートを予測するギャンブル的な側面を持ったゲームである。

ゲームで勝つ為には、期待値がプラスになる戦略が必要になる。

ただし、どんなエッジがある手法であったとしても、1回で勝負するポジションサイズが資金に対して大きすぎると、想定外のドローダウンを食らったときに再起不能になる。

トレードにおいて、一度に口座の全金額を賭けるようなイチかバチかのホームランを狙うということは、一撃で退場してしまうリスクと常に隣り合わせになる。

ネットなどで販売している商材などには、トレード手法の優劣が勝敗を左右するかのような記述で占められているが、最も重要なのは1回のトレードでどれだけのリスクを取ればいいのかというポジションサイズ・マネジメントだ。

数学者のラルフ・ビンズは、博士号を持つ40人を対象に以下のような条件で実験を行った。


 条件1. 勝つ確率が60%のコンピュータゲームを100回してもらう。

 条件2. 40人の参加者それぞれに、手持ちの資金は1000ドルで始める。

 条件3. 毎回好きなだけ賭けてよい。

 条件4. 勝つと賭けた資金が2倍になり、負けると賭けた資金が没収される。


 
実験の結果、最終的に元の1000ドルより増えたのは40人中、たったの2人だけだったそうだ。

勝つ確率は60%なので、期待値はプラスのはずである。

つまり、ゲームを繰り返すほどプレーヤーは儲かるはずなのだが、実際には95%の人がマイナスになってしまったのだ。

たとえ期待値がプラスのゲームでも、1回あたりの掛け金の額が適切でないと、損をする確率が高くなる。

実のところ、適切なポジションサイズ・マネジメントというものは、プレイヤーがどの程度のドローダウンを許容するかによって変わるもので、これが正解だという数値は存在しない。

期待する利益と許容可能なドローダウンの適切なバランスポイントは、スキャルピングやスイングトレードなど、個々のトレードスタイルによって異なってくる。

期待値がプラスのゲームでは、当然リスクを取ったほうが大きな利益が期待できるが、それと同時に運による損益の幅も増幅する。

ラルフ・ビンズの行った実験の結果が示すように、リスクの取りすぎは退場する危険度が高まる。

逆にリスクを取るのを恐れすぎると、ドローダウンに遭遇する確率は低くなり、成績は安定するが、いつまでたってもお金が増えないという事態になりかねない。

ある一定の期間でどれだけのお金を増やすのかという目標を掲げ、なおかつ連敗したときにマーケットから退場しないためにも、最初にどれだけのリスクを取るのかという厳格なルールを決めておかなくてはいけない。

仮に100万円の口座で1回のトレードあたりのリスクが10万円、つまり10%のリスクをとっていたら、10連敗した時点で退場である。

10連敗なんてありえないというのは、根拠のない慢心でしかない。

たとえば、「1回のトレードの最大リスクは資金の2%」と決めたとする。

100万円でトレードしているのなら、2万円の損失が発生した時点で損切りだ。

資金が100万円の人の場合、2%ルールで損切りすると、1回目の損切り後の資金が98万円になる。

次も負けた場合、98×0.02=1.96万円の損失となり、10回連続で負けたとしても81.7万円の資金が残る。

これだと50連敗しない限り、マーケットから退場することはない。

損失が資金の2%に達したら損切りするというルールは、「 投資苑 」や、「利食いと損切りのテクニック」などの著書でも有名な、アレキサンダー・エルダー博士が提唱している資金管理法である。

それではあまりにも保守的なトレードになってしまい一度に大きく儲けられないと考える人もいるかもしれないが、トレードに慣れない最初のうちは儲けることよりもまず生き残ることを最優先に考えなければならない。

もちろん敏腕トレーダーのなかには、資金の10%以上のリスクを取っている人も少なくない。

どこまで損失を許容するのかというルールは人それぞれだが、ビギナーであれば、まずは2%ルールに従って損切りしていくのが無難だろう。

FXで勝つためには、心理的にいかに楽な状態でトレードできるかが重要になる。

あらかじめ許容できる損失リスクを決めておけば、プレッシャーも軽減され、大きな波に襲われたときも動揺せずに落ち着いて対処できるはずだ。
[ 2016/07/19 02:36 ] 資金管理 | TB(0) | CM(0)

行き過ぎもまた相場

今週は波乱に満ちた週だった。

7月11日、自民党が参院選で過半数を獲得した後、円がすべての通貨に対して大幅に安くなる異常事態になった。

その後も大した反発もなく円安が進行し、対ドルで4.9%と、1999年以来最大の変動幅を記録した歴史的な週となった。

週末には、フランスのニースでのトラック暴走テロとトルコ軍のクーデターが重なり、円が一転して買われた。

1234_20160718005508771.jpg

ドル円2時間足チャート。

この1週間でドル円は6円以上騰がった。

アベノミクス相場のピークでもこのような上昇相場はなかった。

987_20160718011507eb2.jpg

ポンド円2時間足チャート。

EU離脱で売られたポンドだが、対円では上昇し続け、ポンド円は離脱前のレートまで戻した。

873289.jpg

ポンドドル2時間足チャート。

英ポンドは、ビットコインよりも資産価値の変動が激しい通貨となりつつあるとのこと。

殺人通貨としての面目躍如といったところだろう。
[ 2016/07/17 23:20 ] 市況 | TB(0) | CM(0)

パナマ文書から見える国民国家というシステムの終焉

各国首脳やその親族らが資産運用などでタックスヘイブンを活用していた実態を暴露した「パナマ文書」が世界を揺るがせたのは記憶に新しい。

米ワシントンに本拠を置く非営利の報道機関「ICIJ」が詳細に分析した結果、10カ国の現旧指導者12人を含む公職者140人、国家の現旧指導者の親族61人の関係する法人が見つかった。

タックスヘイブンの法人の設立や維持の仲介役を担ってきたのはモサック社だが、人の顧客が直接連絡をとるケースはわずかで、欧州系大手金融機関である英HSBCやスイスのUBS、クレディ・スイス、仏ソシエテ・ジェネラルなど500以上の金融機関が計15600件ものペーパーカンパニーの設立に関わっていた。

富裕層によるモサック社の活用も浮き彫りになった。

米国の経済誌フォーブスの世界富豪番付の上位500人のうち29人の名前が顧客として見つかった。

世界中で格差が問題となる中、パナマ文書が明るみに出した事実に、人々の怒りが爆発している。

国民に重税を課す権力者が、自らの税の支払いは逃れ、蓄財にふけっていることが暴露されたのだ。

清廉潔白のイメージのあった英国のキャメロン首相でさえも、亡父が設立・運営したタックスヘイブンの投資ファンドによって利益を得ていたことを認めた。

財政健全化を掲げて厳しい緊縮を強い、合法の節税行為すら批判してきた首相自身が、法の網をくぐり抜け脱税していたことはイギリス国民にとってショックだっただろう。

ロシアのプーチン大統領は、これまでタックスヘイブンなど国外の資産を本国に戻すよう呼びかけてきた張本人だったが、皮肉なことに彼もまた疑いの目をかけられている。

パナマ文書には、中国の習近平国家主席の義兄らの名前もあった。

習近平国家主席は「腐敗を許さない」という強い姿勢で大衆の支持を取りつけ、改革を断行してきたが、指導部の親族が関わるスキャンダルは、政権にダメージを与えかねない。

一般庶民が母国の政府にきちんと税金を払っている一方で、肝心の国の指導者が税金逃れをしているという由々しき実態が暴かれつつある。

母国にまともに税金を払っていないのは、一部の富裕層だけではない。

グローバルな規模で活動している大企業の多くは、儲けをタックスヘイブンを利用して、安い法人税で収まるようにコントロールしている。

グーグルはヨーロッパの売り上げを、アイルランドの首都ダブリンに集めている。

そこから、同じように法人税率の低いオランダに一部のお金を移動し、さらに残ったお金を法人税率ゼロのバミューダに移動している。

アマゾンは、ヨーロッパ全体の売り上げを、法人税率の低いルクセンブルグの会社に集めている。

フェイスブックは世界中の売り上げの4割をアイルランドの関連会社に移し、そこからケイマン諸島の子会社に動かしている。

2015年には1千億以上の売り上げがあったが、アイルランドの関連会社が支払った税金はわずか3億円に過ぎなかった。

今や世界最大の時価総額を誇るアップルは、米上院の行政監察委員会によって、米国最大の脱税会社として名指しされている。

アップルなどの巨大IT企業は、ルクセンブルグやアイルランドなど税率の低い国に資金管理会社や子会社を置き、子会社と取引を行った形にして脱税のような節税を行っているのだ。

一般的な傾向として、貧困層は生活保護などの国家のセフティーネットに依存し、富裕層は国家による税金の徴収を避け、国外の税金の安い国に脱出する。

たとえば、シンガポールにはキャピタルゲイン税がない。

米国では15%の課税がなされるために、フェイスブックの共同創業者であるエドュアルド・サベリン氏やジム・ロジャースなどの超富裕層がアメリカ国籍を外し、シンガポールに続々と移住しているという。

こうして貧しい人ほどナショナリズム的な思考に陥りやすくなり、富裕層ほど経済的合理性に基づいて行動するために、両者の経済的な格差はますます広がっていく。

政府に税金を払う大企業や富裕層が少なくなれば、当然その国家の財政は弱体化する。

アメリカの国家情報会議が4年ごとに発表している「グローバルトレンド」というレポートにこう記されている。

「2030年には、アメリカが唯一の超大国である時代は終わる」

これは中国やインドがアメリカに対抗するべく新たな勢力として力をつけるということではなく、一つの大きな国家が世界を支配するような時代の終焉を意味している。

世界は一つの大きな市場になっており、中国の経済が低迷すれば、それが日本やアメリカにも波及する。

こうしたグローバリゼーション化が進んでいく中で、世界はひとつになっていくのではなく、今まで国と国との対立だったものが、世界という枠組みの中で富裕層と貧困層に分断されつつある。

イスラム国の自爆テロという攻撃は、そうした資本主義社会において虐げられた人々の復讐劇だともいえるかもしれない。

国民国家というシステムが音を立てて崩壊していくなかで、マジョリティかマイノリティかという違いも曖昧になってくる。

どこの国に属しているかとか、人種における境界線や地域ごとの経済的格差は少なくなり、どこにも依存しない一個人としてのパーソナリティー、突出した知性や能力がより求められる時代になりつつある。

来たるべきこの世界を前向きに引き受けるか、それとも苦痛に満ちたものとして忌避するかは、個人の考え方次第だろう。
[ 2016/07/17 11:08 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

観光大国としてのトルコ終了のお知らせ

15日未明、トルコ軍の一部がクーデターを企て、軍参謀司令本部を占拠して、国営テレビで「全権を掌握した」とする声明を出した。

軍の反乱勢力は正規軍の部隊と戦闘状態になったが、おおむね鎮圧され、トルコ政府は首謀者を拘束し、事態は政府と軍の統制下にあると宣言した。

ただ、一部で戦闘が続くなど完全な収拾には至っていない模様。

死者は200人あまりにのぼるという。

8921.jpg

ドルトルコリラ2時間足チャート。

ニュースが欧米のメディアに伝わった瞬間、トルコリラはすべての通貨に対して大幅安となった。

クーデターは未遂に終わったが、イスラム国との戦いで重要な役割を持つトルコはテロの危険が増すとの指摘もあり、トルコリラが早急にリバウンドするのは考えにくい。

スワップ金利目的でトルコリラを買っていた個人投資家にとっても、テロ同様のダメージを被ったに違いない。

新興国通貨の長期保有のリスクをまざまざと感じさせる“事件”になってしまった。
[ 2016/07/17 00:46 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

今週の成績

7月11日 -4697
7月12日 -495
7月13日 -37
7月14日 +8
7月15日 -206
                    total -5429

今週はいい経験をさせてもらった。ドル円はこの1週間で5円近く上昇し、週間上昇幅は1999年2月以来、17年5カ月ぶりの大きさになった。これでクロス円のショート・ポジションはすべて切らされた。結果、記録的な大負けになった。儲けることよりも、正しく行動することに神経を使わないといけない。やることをきちんとやっていれば、儲かるときは儲かる。逆に規律を守らず自分勝手な根拠なき相場観で取引すれば、目も当てられない結果になる。FXのトレードは「意思の弱さ=罰金」というとてもわかりやすい形でペナルティが下されるのだ。
[ 2016/07/16 18:47 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

ニューワールドオーダー

14日、フランス革命記念日にフランスのニースでトラックが群衆に突入し、80人近くが死亡した。

さらにトルコ軍の国内クーデターが重なって、それまでの楽観的な相場の雰囲気が一変した。

ドル円は105円を割れ、来週への不安をはらむ後味の悪い週末になった。

234_2016071615371914f.jpg

ドル円10分足チャート。

もはやドル円のチャートは日本経済とアメリカ経済の力関係を反映するものではなく、世界中の投資家の悲観と楽観の感情の度合いを示すバロメーターとなっている。

海の向こうのテロ行為は、日本経済の天候にも確実に暗雲をもたらす。

20世紀までは、戦争というのは国家と国家がぶつかる戦いだったが、これからは国家とテロリストグループとの戦争へとシフトしていくのではないか。

国と国との対立も、だんだん意味のないものとなりつつある。

国民の結束と、それにともなう強大な軍事力など、国の中に潜伏するテロリスト集団の前では何の意味も持たない。

それぞれの民族が独立した国家を持ち、そのなかで「全員が平等で幸せになる」という理想的な民主主義がもう成り立たなくなっている。

世界各地で起こるテロや戦争は、およそ関係のなさそうな極東の小国の経済にまで多大な影響を及ぼすことになる。

国民国家と、民主主義と、経済成長、18世紀から20世紀後半までを支えてきたこの3つの連携は、ここへきて終焉を迎えようとしている。

その先にやってくる新しいシステムは、おそらく国家の枠組みや従来の民族の枠組みを超えたものであって、固定化したアイデンティティの域に収まらないものになるのだろう。
[ 2016/07/16 15:31 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

嵯峨谷

新宿歌舞伎町の嵯峨谷に行ってきた。

13613137_946711848784077_4599683858975038883_o.jpg

ここの蕎麦は「十割蕎麦」を使用していることで知られる。

十割蕎麦とはそば粉だけで打つ蕎麦で、いわゆる「つなぎ」を使っていない蕎麦のことである。

つまり、そば粉の美味しさを混じりけのない状態で味わえるのだ。

通常、そば粉だけでは蕎麦を作るのは難しく、つなぎの小麦粉がないとポロポロになりやすい。

そんな理由から、十割蕎麦は熟練の職人がいる高級店でしか食べられない。

これを嵯峨谷は最新の機材を導入してカバーしている。

銀座あたりの高級蕎麦屋の十割蕎麦が一杯1000円以上するのを考えると、嵯峨谷の一杯290円は破格といえる。

負け戦の続く小生のようなトレーダーにとって救世主のようなお店だわ。
[ 2016/07/14 12:45 ] | TB(0) | CM(0)

ヘリコプターベンの襲来

参院選で与党が完勝したことによって株高円安が進み、先週からのリスクオフからリスク選好へと流れがガラリと変わった。

98765.jpg

ドル円1時間平均足チャート。

12日、13日と連続で買われすぎた反動からかなりの調整があると予測していたが、あまり目立った下落はなく、ドル円は104円台前半でレンジで推移している。

9876_201607141125597a6.jpg

日経平均1時間平均足チャート。

ダウ平均は、2015年5月19日の終値を35ドル上回る18,347.67ドルの最高値を更新した。

米・10年国債利回りも2日間続けて大きく上昇しており、それとリンクするように日経平均も強い。

ここまで株高円安が進んだのは、やはり12日にバーナンキ前議長が来日し、黒田日銀総裁と会談したことが強く影響しているとしか思えない。

バーナンキ前議長は、政府が給付金で直接国民にお金を配り、その財源として政府の発行する国債を中央銀行が直接引き受けるいわゆる「ヘリコプター・マネー」の提唱者として知られる。

デフレを解消するには、ヘリコプターから紙幣をばらまくような大胆な金融緩和策が有効との見解を示したことから、“ヘリコプターベン”というあだ名までつけられている。

安倍首相にヘリマネ導入を説き、日本の景気拡大とデフレ回避の切り札としての10兆円規模の経済対策を施行したら、当然株価指数は右肩上がりになる。

それまで追加金融緩和への可能性がほぼゼロだったのが、もしかしたらあるのかもという期待感によって今の株高円安が支えられている。

なにか突発的な悪材料が出ない限り、しばらくのあいだはブル相場が続きそうな雰囲気になってきた。
[ 2016/07/14 11:28 ] ファンダメンタルズ | TB(0) | CM(0)

ティム・ダンカン引退

ティム・ダンカンが引退した。

BN-OW101_DUNCSS_J_20160711174241.jpg

「史上最高のパワー・フォワード」と評価されながらも、そのキャリアにおいて、彼はNBAで特別人気があった選手ではなかった。

その理由の一つとして、印象に残る派手なプレイが少なかったことがあげられる。

シャキール・オニールやコービー・ブライアントのように華麗なダンクをすることはなかった。

アレン・アイバーソンのようにその世代のアイコンになることもなかった。

若いときはリーグ有数のスコアラーだったが、得点王になったことはない。

リバウンダーとしても優秀で、守備力にも定評があったが、NBA最優秀守備選手賞には選ばれなかった。

だが、間違いなくダンカンはNBA史上、最もコンスタントな数字を残す選手の一人でもあった。

年齢や負傷の影響が出るまで、10年近くにわたり、彼はリーグベスト5のプレイヤーの座に選ばれ続けた。

ダンカンがいまひとつNBAで人気がなかったもう一つの理由は、彼自身がスーパースターとしてスポットライトが当たることを望まなかったからだ。

彼はただ基本に忠実にプレイし、勝つことだけを考え、プライベートな日常が世に知られるのを避けた。

南国のビーチにいるバカンスの写真が出回り、ブログやソーシャルメディアを賑わせることもなかった。

彼はバスケットボールという仕事だけに専念した。

ダンクよりもバンクショットを好む姿勢から“The Big Fundamental”の愛称で親しまれたダンカンは、ビジュアル的に映えるプレイよりも確実性や効率的なプレイを重視した。

MVP受賞2回、NBAファイナルMVP受賞3回、オールスター選出15回、オールNBAファーストチーム選出10回、さらには歴代5位のブロック数、6位のリバウンド数、14位の得点数という輝かしいキャリアは、やはり彼が特別な選手だったことを物語っている。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、ダンカンを「NBA史上最も支配力を持つ選手の一人」と称し、「地味ながら自己中心的でないところが最高のチームメイトとさせた」と賛辞を寄せている。

ダンカンは他のNBAプレイヤーと異なり、あまり感情を表に出さなかったことでも知られている。

常に冷静沈着で、ゲームの展開を読む広い視野と知力を兼ね備えていた。

歴代のNBAプレイヤーの中でも最高ともいえる評価を獲得したダンカンだが、もし仮にトレーダーに転身したとしてもクレバーな彼ならトップクラスの成績を収めたに違いない。
[ 2016/07/13 13:15 ] NBA | TB(0) | CM(0)

売り方を焼き尽くせ!

逆張りしたら簡単に死ねる相場が来ている。

NYダウが過去最高値付近まで上昇する中、リスク選好の円売りが止まらない。

クロス円は、狂ったサルが“買いしかないボタン”をひたすら押しているかのように高騰している。

ドル円は日経先物の上昇も後押しとなり、104円78銭付近まで続伸し英国民投票前の水準に戻った。

ユーロ円が116円09銭付近まで、ポンド円は138円79銭付近まで、豪ドル円が79円97銭付近まで上値を伸ばすなど、どの通貨に対しても円が全面安の様相を呈している。

9807.jpg

ドル円15分足チャート。

ここまで騰がったのだから、いい加減に下がるだろう。

そのような過去の経験則に基づいた値ごろ感をたよりにトレードすると、ほぼ100%負ける。

為替レートは必ずしも過去の値動きを反復するもでのではないからだ。

今までクロス円のショート・ポジションで回転させて稼いできたトレーダーは、今回の容赦ない上げ相場で瀕死の重傷を負っているだろう。

今夜はNY時間が終了するまで騰がって、明日以降ロング・ポジションが積み上がり、売り方が絶滅した頃を見計らってドカッと下げてくるハズだ。

何かの材料をきっかけにして再び雪崩のような暴落が引き起こされると期待している。

勝負の行方は、そのときにタイミングよくショート・ポジションをとれるかどうかにかかっている。
[ 2016/07/13 00:09 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき