FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

9月8日 東京時間の為替概況

午前中、日経平均株価が400円超の下げ幅となり、ドル円も一時118.80円付近まで下落した。

しかし午後になって、中国政府系ファンドの介入と思われる買いによって中国上海総合株価指数が上昇、日経平均も同調するように騰がる。

欧州時間から相場の雰囲気が一変し、ドルが買われユーロが売られた。

150908-010.jpg

ユーロドル15分足チャート。

150908-005.jpg

日経平均15分足チャート。

150908-001.jpg

ドル円15分足チャート。

ドル円の値動きは大きく分けて、ユーロドルのリバーサルになるケースと日経平均とリンクするケースの二つあるが、今回は後者だった。

クシラと呼ばれる公的マネーの買いが入ったのかもしれない。

NY時間はレンジ相場となり、夕方からは上昇したクロス円を叩き売る。

注目すべき経済指標はなかったが、そこそこにボラティリティがありトレードしやすかった。
スポンサーサイト
[ 2015/09/08 17:46 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

感情を制御できる人だけが絶好のチャンスをモノにできる

予期せぬ金融危機で相場が急変動し、想定外の損失がでることはしょっちゅうある。

そこで損を取り返そうとしてさらに損を重ねるという負のスパイラルモードに入ってしまうと、もうマトモな精神状態ではいられらくなくなる。

たとえ余裕資金であろうと大切なおカネであることには変わりがなく、口座残高が大きく減っているという現実をまのあたりにして動揺しないトレーダーはいない。

しかし、セリクラ時は絶好のチャンスでもある。

市場参加者の多くは含み損をかかえテンパっている。

マーケットに爆弾が投下され焼け野原になったとき、いかに熱くならずにトレードできるか。

誰もが慌てる局面で自分一人が冷静さを保つことができれば、その時点で圧倒的な優位性を獲得できるのだ。
[ 2015/09/08 01:35 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき