ロスカット あの日の涙 虹となる

トレーディングは確率のゲームである。

勝てる手法を確立していく過程で、大切なことがある。

あたりまえのことであるが、自分の定めたある仮説に基づいたルールに従って正確にトレーディングできているかどうかということだ。

相場で通用するべく、ひとつの手法を検証するには、一定の回数をトレードする必要があり、ある程度の時間を要する。

その際、いかなる状況であろうと、必ずルールを守る強い精神力が必要だ。

順調に利益が増えていたのに、急に負けが込むようになった。

今までと同じようにトレードしていてもなぜか勝てない。

しかし、ここで安易にルールを変えてはいけない。

異なる手法を試して結果が出なかった場合、その明確な原因がわからなくなるからだ。

単についてないから負けているのか、変えていない部分に問題があるのか、変えた部分がよくないのか混乱してしまう。

連続で負けてしまうという結果が続くようであっても、基本的に手法を変えてはいけない。

単についていないのだったら、つくときも必ず訪れる。

負けが続くようなことがあっても、同じ手法で淡々とトレードしてみて、それでも負けるようだったら、ツキ以外の部分に問題があることになる。

そこで初めて手法を修正してみる。

逆になにをやっても負ないような幸運が続くことがある。

いわゆる「ゾーン」と呼ばれる自身の最高のパフォーマンスを発揮できたような錯覚に陥る状態である。

しかし、一番大きく負けやすいのもじつはこうした連勝の後なのだ。

大きく利益を得た場合、気が大きくなり心理的に正しいトレードをしているというバイアスがかかる。

これこそがトレーディングに潜む最も危険な罠なのだ。

あるひとつの手法で勝ち続けた場合、いずれその手法が機能しなくなる局面が必ず来る。

たとえば順張りでトレードしている場合、いずれそのトレンドは落ち着いてレンジ相場になる。

あるいはレンジ相場で勝ち続けることがあっても、いずれトレンドが発生し、逆張りが通用しなくなる。

永遠に勝ち続ける手法はあり得ない。

連続して勝っているときは自分の手法がどのような相場でもアジャストしているとつい慢心してしまいがちだが、そのようなときこそ来るべき予期せぬ相場の変化に備えてより慎重にトレードするべきなのだ。

トレーディングが確率のゲームである以上、仮に期待値が100%以上の手法であっても、3回、4回と続けてまけたりすることは頻繁にある。

連勝連敗は統計上必然的に起こる事象であり、大きく勝ったからといって自分の実力を過信したり、負けが続いたからといって必要以上に落ち込んだりしないようにしたい。
スポンサーサイト
[ 2014/10/25 04:15 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

期待値を理解する

誤解を恐れずにいえば、FXとは未来の為替レートの動向を予測するギャンブルである。

短絡的には運やツキの要素によって勝敗が左右されるが、長いスパンではやはり他のギャンブルと同様に熟練した技術を持ったプレイヤーが有利になる。

ギャンブルにおける重要な概念として「期待値」というものがある。

「期待値」というのは、簡単にいえば、確率的な平均値のことである。

賞金額が複数設定されている日本の宝くじであるが、およその期待値は50%以下であることが知られている。

つまり、宝くじの金額が一枚につき500円だった場合、1回平均250円未満の賞金を得ることと同じ計算になる。

期待値基準を目安にして考えると、宝くじを買うことは500円で250円を買う行為に等しい。

胴元の取り分は50%以上になり、これはパチンコの期待値(およそ80%)や競馬や競輪の期待値(およそ75%)と比べても、かなり割の合わないギャンブルだといえる。

宝くじは貧者に課せられた税金といわれるが、まっとうなファイナンシャルリテラシーがあれば、宝くじを買うことがいかに損をする行為であることがわかるだろう。

パチンコやポーカーのようなギャンブルで食べていけるようになる為には、プレイする時間量や勝率を詳細に検討し、全体の期待値を100%以上にすることが大原則になる。

プロは期待値がプラスになるプレイを積み上げていくことで、一時的に収支がマイナスであっても、最終的にはプラスに収束していくことを理解しているのだ。

FXにおいても、自分のトレード手法が市場に対してどれだけ優位性があるのかということを確率的に把握しておくことが大切になってくる。

リスクに見合う範囲でいかに期待値が高い局面で勝負することが、マーケットで淘汰されずに生き延びるためのエッジとなる。

確率の世界には大数の法則というものがある。

少ない回数ではランダムな数値のばらつきがあっても、数多くの試行を重ねることにより事象の出現回数が理論上の値に収束していく。

いくつかの手法を検証してみえてくる期待値に従って、感情的にブレずにトレーディングできているかどうかが相場で明暗を分ける重要なポイントとなる。

そうしたストイックで地味な作業が長期間にわたって継続できる人が、トレーダーとして成功できる条件を満たしているといえそうだ。
[ 2014/10/13 05:24 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

買いおくれたりと思わば、ただ買い場を待つべし

為替相場は24時間休まず動き続けているが、トレーダーは実際に取引している時間より、チャンスを待っている時間の方が圧倒的に長い。

終日、どこでエントリーするかということより、どこでエントリーしてはいけないのかを見極める作業となる。

そのポイントを吟味し、いかにギャンブル性をそぎ落とすかが安定した収益につながる。

チャンスがないときは待つしかない。

あらかじめ設定した以外の条件では極力エントリーしないといった規律、忍耐力が要求される。

ポジションを取りたいといった誘惑に耐えることもまたトレーディングにおける大切なノウハウのひとつなのである。

「わからない相場には近づかない」といったのはウォーレン・バフェットだが、狡猾な投資家は相場ではときとしてなにもしないことがベストな選択であることを知っている。

古くから“休むも相場”という投資格言があるが、高い確率で勝てそうなとき以外は手を出さないといった判断力が、実はトレーダーの実力の大半を占めるといっても決して過言ではない。

短期のデイトレードでは、ポジションのタイミングの取り方ですべてが決まる。

エントリーするタイミングが少しでも遅れたら、引き金を引くのを躊躇する余裕をもちたい。

ブレイクアウトしているチャートの値動きに乗り遅れまいとして意を決して飛び乗ったら、そこが目先の高値であったり安値であったりして損失を被るケースは少なくない。

気持ちを切り替えて、つぎの獲物を狙おう。

明日も相場は開いている。チャンスはいくらでもやってくる。
[ 2014/10/06 00:24 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

効率的市場仮説に物申す

効率的市場仮説、いわゆるランダムウォーク理論では、マーケットの値動きは海の波に例えられる。

月の満ち欠けや空気の流れ、地殻の変動などの様々な要因から波が発生し、それらが重なりあいぶつかりあうことによってさらに大きな波が生まれる。

同じ波は二度と現れず、これらを正確に予測することは、まず不可能だ。

株価や為替のチャートの値動きも海の波と同じように偶発的なものにすぎず、過去の値動きが未来において同じように再現されうる確率はまさしく神のみぞ知る。


「テクニカル分析は、相場によっては機能するときもありしないときもある。それは必ずしも客観的な統計的証拠によって裏付けられたものではなく、テクニカル分析の勝ちパターンの多くが、投資家の妥当性の誤認によって成り立っている」


こう主張するのは、あの「ウォール街のランダムウォーカー」の著者であるバートン・マルキール博士だ。

コンピューターで過去の値動きをどれほど分析してみても、その運用パフォーマンスはサルがダーツを決める場合とまったく変わらないという結果になるという。

この理論でいうと、ウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスもただ単に運に恵まれた投資家にすぎないということになる。

為替レートや株価が本当にランダムに動くのであれば、過去の値動きを参考にして未来を予測するテクニカル分析は無意味となる。

テクニカル分析の本質は“歴史は繰り返す”ということを前提にしているからだ。

統計に基づいた実証研究によれば、テクニカル分析にはまったくエビデンスがない。

だが、そのような結論がでているにもかかわらず、チャートのパターンを見ながら価格が上がるか下がるかを予測し、安定した収益をあげているトレーダーがいることもまた事実なのだ。

為替相場は需給のバランスを反映するものであり、そこには市場参加者の様々な思惑が入り乱れている。

相場が人間の欲望で動くものであれば、そこには心理的な駆け引きがある。

コンピューターによって導き出されたランダムウォーク理論には、そういった要素が考慮されていない。

わたし自身は、「マーケットの動きはすべてがランダムといいきれるものではない」という仮説のもと、投資家の合理的な判断と熟練した技術によって、マーケットから恒常的に収益を得ることは可能であることを信じている。

すべてのトレーダーは効率的市場仮説に対して真っ向から挑んでいるのだ。


[ 2014/10/05 01:24 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

今月の雇用統計

非農業部門(NFP)が市場予想を伸びを上回ったほか、前回値も上方修正された。

254.jpg

ドル円5分足。109.89円まで上昇。

ドルが買われ、ユーロドルとポンドドルは年初来安値を更新。

超絶円安モードが続いているが、まったく乗れず。


[ 2014/10/04 02:07 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

なぜ震災直後に円高になったのか

2011年3月11日に東日本大震災が日本を襲った。

当然、円は暴落すると考え、クロス円を売った個人投資家も大勢いたに違いない。

ところが大方の予想を裏切り、日本があれだけ甚大な被害を被ったのにも拘らず、最終的に円は大きく買われた。

震災直後は若干円安方向に動いたが、欧州時間に入って大きく円高の方向に振れたのである。

当時、一部の市場関係者でまことしやかにささやかれたのは、次のような仮説だ。

震災被害で日本の保険会社は大量の保険支払いを必要とする。そのためにドルなどの外資建てで投資している資産を売却して円に換え、それで支払いをまかなおうというもの。

そのために大量のドル売り円買いが出て、円高になったのだろうとの説だ。

その後、日本の保険会社からそのようなドル売りはないと発表されたものの、市場の円を買う動きは勢いを増し、6日後の3月17日にはドル円は市場最安値の76円25銭まで下落した。

なぜ震災直後に円高になったのか。

投資家のリスク回避志向が高まると、国際間のお金の流れは、海外から金を借りている国から、海外からお金を貸している国に動く。

一時的に借り手は金を返し、貸し手は金を回収するからだ。

アメリカと日本の対外純資産残高を見れば、両国がどれだけのお金を海外に貸しているか、あるいは借りているかがわかる。

アメリカは世界一の借り手であり、日本は世界一の貸し手であり、世界的な規模で金融ショックがあれば、一時的に貸し手の日本に金が戻るから、たいていは急激な円高ドル安が起こるという仕組みだ。

地政学的な事故や想定外の金融ショックが起こると、上記のような理由でパニック的な円高相場になるといわれいる。

為替市場は市場参加者の綱引きのようなものだ。

だが、その綱引きは二つのチームだけでなく、他の異なるチームの力関係が複雑に絡み合っている。

一般的に経済的に強い国の通貨は買われるという先入観があるが、為替レートは必ずしもその国の国力を反映するものではない。

通貨ペアはお互いの通貨の力関係だけで交換レートが決まるわけではなく、他の通貨の力関係からも影響を受ける。

すべての金融市場は繋がっている。

為替市場を決定する要因として、金利や経常収支、購買力平価などがあるが、いつ何時突発的な地政学的リスクが影響するかわからない。

日ごろから教科書的なセオリーから逸脱した想定外の値動きにも対応できるようにしておきたい。
[ 2014/10/03 05:44 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

マーケットは戦場である

ポジショニングの取り方がトレーディングの8割を占める。少しでもタイミングを外すと、勝てる取引でも負けになってしまうことがあり得る。 ―オリバー・ペレス―


敏腕トレーダーは射撃の名手に似ている。

確実に仕留めるには、獲物をぎりぎりまで引きつけなきゃいけない。

標的を確認し、慎重に狙いを定めたら、あとは撃つだけだ。

標的である対象にピタリと当たると思った瞬間に引き金を引くのである。

ジャストのタイミングで引き金を引けば、数秒もたたないうちに利益がでる。

間違ったタイミングで引き金を引けば、瞬時のうちに含み損を抱えることになる。

その場合、意地になって獲物を追いかけてはならない。

潔く諦め、一旦リセットするのが得策だ。

忘れてはいけないのは、相手も熟練のスナイパーである可能性があることだ。

すきを見て、こちらの命を狙ってくる。

少しでも不利な条件だと感じたら、草陰に隠れて敵の様子を伺おう。

やみくもに引き金を引くのは野暮な行動だ。

狙撃にミスが生じれば、敵にこちらの場所をおしえてしまうことになる。

少しでも迷いが生じたら、引き金を引くのを躊躇したほうが身のためだ。

自分はそれで何度も命拾いをしている。

殺るか、殺られるか。

為替市場は、お金を実弾として使う戦場なのである。
[ 2014/10/02 01:30 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング