ロスカット あの日の涙 虹となる
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

STAP捏造事件について

いまだに世間を騒がせているSTAP捏造事件。

STAP問題を考えるうえで、再生医療や神戸医療都市構想へのお金の流れは切っても切りはなせない。

割烹着やムーミンやらの演出は、小保方さんを広告塔にして大型予算を狙ったものだろう。

早稲田がコピペ問題をウヤムヤにしたのも予算がらみの可能性が大だ。

早稲田には、私学助成(100億円あまり)の他に、博士育成が名目のCOE、GCOE予算が、毎年20~80億円、国から降りている。

学内にコピペ博士が相当数存在することがバレたら、博士養成の為のGCOE予算の返還の話が出てくる。

総額は数百億になるから、コピペ問題が判っていてもウヤムヤにしたいに違いない。

理研は共著者含む専門家から疑義を指摘されても「調査の必要はない」と言い続けたが、そのために信用を失ってしまってばかりか、日本の誇る優秀な研究者を一人死なせてしまった。

本来なら一つの論文不正事件で済むはずが、理研のコンプライアンスや早稲田の信用に関わる大問題になってしまった。

まっとうなサイエンスリテラシーがあるなら、STAP細胞が捏造であることなど自明の理だ。

おそらく笹井氏は最初から、論文のいくつかの不自然な点に気づいていただろうし、最大の擁護者である三木弁護士にしても小保方さんが嘘をついていることなどとうの昔にわかっているはずだ。

理研の関係者の間では、STAP細胞の検証実験は『成果がないことを確認するための作業にすぎない』というのがほぼ共通認識になっているという。

にもかかわらず、小保方さんは国の予算を使い“検証実験”を続けている。

これはまさに“茶番”いがいのなにものでもないではないか。

例のNHKの番組の最後で、理研の自己点検検証委員長を務めた鍋島陽一氏は、「引き返すチャンスはあった」と残念がっていたのが印象深い。

STAP問題も最初に間違いに気付いた時点で却下すればこのような悲劇に至ることはなかったのである。

トレーディングに例えるなら、含み損のあるポジションをロスカットできず誤魔化し続けたからこそ、とりかえしのつかない損失にまで膨らんでしまったということか。

いまだに信じられないのはこの期に及んで彼女を擁護している人たちだ。

心理学に「確証バイアス」というのがある。

これは、一度その人物を信じ込んでしまうと、その人物の言動に矛盾や疑念を感じても、その人物の言動は正しいのだと判断した自分を正当化してしまうといった、厄介な思い込みによる偏執狂的心理状態を指す。

いつの時代もインチキ宗教や投資詐欺に引っ掛かってしまう人が枚挙に暇がないが、小保方さんを擁護している人たちもそんな「確証バイアス」に囚われている気がする。

メディアでの情報収集は、自分にとって都合のよいものだけを選り好みして摂取することになりがちだ。

その情報の根拠が薄弱でも、信じたいものを信じるための材料には事欠かない。

自分にとって受け入れやすい情報に出会ったときは、一度立ち止まって考えてみるべきだろう。

世の中の情報すべてを検証することは不可能に近いが、自分の判断が正しいかどうかをつねに疑ってみることが大切だと思う今日この頃。
スポンサーサイト
[ 2014/08/23 03:16 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング