ロスカット あの日の涙 虹となる

FXにおける時間の使い方

為替相場は、月曜午前6時からオープンし、土曜の午前6時までオープンしている。

FX業者ごとに早朝のメンテナンス時間が異なるが、基本的には24時間取引可能だ。

為替市場の1日は、ニュージーランドのウェリントン市場から始まり、シドニー、東京、ロンドン、ニューヨークと地球の自転に伴い、西に向かう方向でリレーしていく。

時間帯ごとに為替の値動きにも癖があり、そのパターンを知っておくとある程度相場の流れが読みやすい。


6:00~9:00 シドニー市場

NY市場が閉まるのは現地時間の午後5時、日本時間の朝7時で、シドニー市場だけが開いている時間になる。

出来高が非常に少なく、大口のプレイヤーが不在な為、前日のNY市場のトレンドをそのまま追随する値動きになりやすい。

東京市場がオープンする時間が近づくにしたがって、NY市場の終値に吸い寄せられるというアノマリーはよく知られている。

また月曜日の早朝はいわゆる“窓”が開きやすい。

この ”窓埋め” に飛び乗りするかたちでポジションをとる手法は勝率が高く、多くのトレーダーが実践している。

この時間帯特有のリスクも覚えておかなくてはいけない。

午前6時から午前7時のあいだに多くのFX業者のシステムメンテナンスが行われる。

ポジションを持っていても損きりや利益確定が出来ない、いわば魔の時間帯だ。

取引している業者のシステムメンテナンスの時間を把握しておき、その前には大きなポジションを持つことは避けるようにしたい。


9:00~12:00 東京市場 

東京市場は需給中心のマーケットといわれる。

ヘッジファンドなどの投機筋ではなく、企業や個人の顧客取引、海外へ送金や輸出手形などの比率が多く、経済指標や要人発言などのイベントがあっても反応が鈍いのが特徴だ。

午前10時には「仲値決め」が行われる。

インターバンク市場のレート水準をもとに決める銀行の対顧客取引レートのことで、公示レートと呼ばれることもある。

この時間帯は、輸入企業のドル資金調達の注文が入るため、若干ドル買いに傾きやすいとされる。

とくに5の倍数日はゴトウ日には、大企業などの大口決済が多いためレートが振れやすい。

とはいえ、ニューヨーク市場と比較すると出来高は少なく、レンジ幅も限定的なので上下を逆張りでコツコツと細かく取っていく戦略がハマることが多い。


12:00~15:00 東京市場 

狭いレンジで振動のような値動きが多いのが特徴で、ボリンジャーバンドの1分足の逆張りが比較的うまく機能する時間帯でもある。

東京時間の値動きがノイズといわれる所以である。

大きなファンダ的材料もなく、突然ロウソク足が伸びる時があるが、すぐもとの値段に収斂するパターンがおおいので、慌てて損切りすると酷く後悔することになる。

レンジ相場が続いているからといって、逆指値を入れずに逆張りトレードを繰り返していると、欧州時間に突入するころには想定外の含み損を抱えている事態になりかねないので、油断は禁物だ。

午後3時前後は、東京市場の行使期限のオプションが消滅する時間帯であり、この時間を境に流動性がまったくなくなったり、買い優勢が売り優勢に逆転するなど、それまでの相場の流れがガラッと変わることがあるので要注意である。


15:00~21:00 ロンドン市場オープン

ユーロ圏市場のトレーダーがベットから起きだす時間。

日本時間の午後4時、ロンドン時間の午前8時に「仲値決め」(略してロンパチと呼ばれる)があり、東京時間の「仲値決め」と同様に大口注文が入りやすい。

アベノミクス以前の円高局面では「午前中は円安、15時以降円高」というアノマリーが囁かれたが、現在ではそのような傾向はほとんどみられない。

欧州の重要な指標発表が増えてくるにしたがって値動きが活発になってくるが、方向感が定まらないことが多い。

午後7時から8時にかけて欧州地域がランチタイムの休憩をはさんでいるせいか、まれに嵐の前のような静けさのように動かなくなるときがある。


21:00~深夜0:00 ニューヨーク市場オープン

ロンドン市場とニューヨーク市場が交差する時間。

つまり、一日のうちで最も出来高の多くなる時間帯で、大きなトレンドが発生しやすい。

欧州勢が持っているポジションをNY勢がロスカットしようと仕掛けてくることもあり、夕方から深夜にかけてはトレンドが反転するパターンも散見される。

ニューヨーク時間での市場参加者は投機筋がメインプレイヤーといわれる。

彼らは相場のフロートによって儲けようとするので、そのときどきのテーマや指標に反応しやすい。

雇用統計などの米国の重要な経済指標の発表はニューヨーク市場の午前中(東京時間の午後9時から12時ぐらいまでのあいだ)に発表される。

動くときは一気呵成に一方方向に走りやすいので、大きな利益を獲得するチャンスでもある。

東京・欧州時間の高値と安値にレジスタンス・ラインとサポートラインを引き、NY時間に入ってからはそのレンジブレイクを狙っていくなど、この時間帯ではトレンドに沿った順張りでエントリーすることがベーシックなストラテジーとなっている。

とはいえ、毎日同じようなトレンドが出るとは限らない。

「今日は稼いでやる!」と張り切っていると、トレーダーの期待を裏切るように、緩やかなレンジ相場になったりするので、日によって値動きを見極めたい。


深夜1:00 ロンドンフィキシング

ロンドン時間の午後16時、日本時間の午前0時に、ロンドンフィキシングの発表がある。

「フィキシング」は価格を決めるという意味なのだが、ロンドン市場で値決めされた金の値段が、その日の世界各地の金市場での取引基準価格になる。

その際の決済通貨として米ドルが用いられる。

よってこのロンドンフィキシングの前後に絡んで、クロスドルの取引が活発になる傾向がある。

機関投資家が投資信託のポートフォリオの組み入れをするのもこの時間帯で、日本の年金ファンドも参入してくる。

このようなドル買いの動きが原因で、かってはクロス円が円安傾向になるというアノマリーがあったが、最近はあてにはならないようだ。


深夜1:00~早朝6:00 ニューヨーク市場

日本は真夜中だが、NYはランチタイムから午後にかけての時間である。

ロンドン市場が午前2時にクローズし、やや値動きが落ち着いてくる。

凪相場が続くと思いきや、ウォール街の機関投資家の連中が一日のノルマを達成するため、個人投資家からお金を巻き上げようとさまざまなトラップを仕掛けてくるので最後まで油断がならない。

2011年5月7日、ギリシャショックに端を発した悶絶セリクラが起こったのも深夜の取引の薄い時間帯だった。

多くのFX業者では、ニューヨーク市場がクローズする時間、東京時間の午前6時にポジションを持っていると通貨に応じたスワップポイントが付く。

このスワップポイントだけ上手く抜き取ろうというロールオーバー狙いのトレーダーが参加し、引けにかけて値動きが煩雑になるときがある。



自分がトレードしやすい時間帯の値動きを把握し、それに適した戦略で攻めることがトレーディングのエッジにつながる。

FXトレードの教科書には、東京時間はレンジ相場、欧州時間からNY時間にかけてトレンドが発生しやすいとされているが、実際にトレードしてみると以外とそうでもないことがわかるだろう。

需給バランスの変化によって、まったく逆の展開になることも少なくない。

為替の変動は人々の感情、欲望の動きでもあり、それゆえ既存のテクニカル分析では説明のつかないランダムな変動が起こりうる。

金融危機、震災などの有事のさいは、突発的に普段の値動きからは想像もつかないような大きなボラティリティが発生する。

どんな不測の事態にも柔軟に対応できる危機管理能力を身につけておきたい。
スポンサーサイト
[ 2014/01/24 22:38 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

ナショナリズムとヘイトスピーチ

ナショナリズムは貧困の思想だといったのは、ポール・クルーグマンだったか、ハイエクだったか忘れた。

最近では投資家の瀧本哲史氏が自らの著作「君にともだちはいらない」で、「ナショナリズムに固執する人は、貧しい人が少なくなく、ほとんどの社会の中で底辺に属している」と書いている。

たしかに、フェイスブックやツイッターで韓国や中国を誹謗中傷するようなヘイトスピーチを繰り返す人、いわゆるネット右翼と呼ばれる人たちはほぼ年収300万以下という統計データがあるようだ。

どの国にもいつの時代にも排外主義者やレイシストは一定数の数で存在する。

今日の日本で靖国問題や尖閣問題がクローズアップされるのは、やはり日本の経済が低迷しているのと無関係ではないだろう。

日本が高度成長期の真っただ中のときは中国と韓国との関係は良好だった。

社会の不寛容さは、経済問題と水面下で繫がっている。

過去の多くの国際間の戦争の遠因は自国の経済の悪化を打破するために遂行された。

日本経済が回復すれば隣国との軋轢も自然と解消されるのではないかと考えていたが、残念ながら安倍政権が続く限りそれは当分先のことになりそうだ。

「お前ら、そんな暇あったら将来の生活のために、経済や投資の勉強でもしてリッチになれよ!」

ヘイトスピーチを繰り返す貧困層にはそんなメッセージを送りたい。
[ 2014/01/20 14:54 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

あなたの損失がFX会社の利益になる?

日本の場合、相対取引のFX業者が多く、顧客の注文が必ずしも、世界の為替市場という大きなマーケットに直接アクセスして取引しているわけではない。

一度注文を受けたFX業者はダイレクトにインターバンク市場には流さず、同量の売りと買いの注文があれば、顧客同士の注文をぶつけて相殺するケースもある。

これを”のんでいる”と表現し、業界用語でマリーと呼ばれる。

顧客の注文を取り付け、その注文をカバーしないのであれば、インターバンクの注文コストがゼロになるため、スプレッドや手数料はまるまるFX業者の利益になる。

競馬のようなギャンブルに例えるならば、客に頼まれた馬券を買わずに予想が当たったら自腹で払って、当たらなかったらそのまま自分のふところに入れてしまうということ。

ノミ行為が暗黙の了解として横行しているといったらいいすぎかもしれないが、仕組みとしては、顧客の注文を“のむ”ことによって、一部のFX業者はトレーダーが負ければ負けるほど儲かるということになる。

悪質な業者になると、相場が激しく動く指標時には約定力をあえて低く設定し、スリッページが起こりやすい状態を作って負けやすくしているという噂もある。

スプレッドの狭さを売りにしているFX業者にとって、エッジを持ったスキャルピングを駆使する勝ち組トレーダーは厄介な存在でしかない。

FX業者がインターバンク市場へオーダーを再発注する際、、秒速スキャルピングだとそのカバーディールが追いつかず、トレーダーの利益はそのままFX業者の負担になってしまう。

2013年は勝ち組トレーダーの口座凍結ラッシュが相次いだが、FX業者からいわせれば利益にならない客などいらないということなのだろう。

ただ同じスキャルピングでも枚数が少なかったり、儲かっていなかったら放置される。

パチンコ店が負け組を囲い、常勝のプロを出入り禁止にするのと同じ理屈だ。

株式では、東京証券取引所などで、各株式の買い注文と売り注文をつきあわせてレートを決める。

そのため、どの証券会社でも基本的にレートは同じだ。

株式を扱う証券会社の場合、トレーダーが取引すればするほど手数料が儲かり、顧客の利益が証券会社の利益になるという両者の利害関係が一致している。

ところがFX業者の場合、顧客に提示するレートが不透明なうえ、顧客の損失が会社の利益という釈然としない利害関係が一方的に成立してしまっている。

それがビジネスといってしまえばそれまでだが、FXトレーダーは相場だけでなく、FX業者とも戦っているのだと認識しておかなければならない。

以上の点からも、FXトレーダーにとって、業者選びがとても重要なポイントになってくる。

約定力、ツールの使いやすさ、信託保全の有無など、総合的に判断して慎重に選ばなければならない。
[ 2014/01/07 04:26 ] 雑惑 | TB(0) | CM(0)

恐怖を克服するということ

相場を畏怖することはトレーダーにとって一概にネガティブな感情だといえない。

むしろ恐怖を感じるからこそ、慎重にトレードできるメリットがあるともいえる。

だが、恐怖に負けて絶好のタイミングにもかかわらずエントリーできないとなると問題は深刻だ。

かってのボクがそうだった。

損失をおそれるあまり、思い切ったトレードができないという悩みをかかえていた。

そんなときは心理的なプレッシャーがかからない程度に枚数を減らし、勝ち目のあるトレードを繰り返すことで自信をつけていくしかない。

逆説的だが、トレードをするたびに必ず損をすると思うことで、損失に対する恐怖を軽減させるという手もある。

自分に不利な想定外の展開をあえて想定していくことで、気持ちに余裕が生まれ、どんな局面になったとしても冷静に対応できるようになる。

最悪、ロスカットすればよいだけではないかとひらきなおれるようになるのだ。

極端なハナシ、致命的なドローダウンを食らっても、身の危険にさらされることはない。

トレーディングはリスクをとってナンボの世界だ。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という諺があるが、あとはなるようになれという決断力も場合によっては必要なときもある。

相場に恐怖を感じる局面であればこそ、その収益は大きいものになるケースが多い。

トレードで自信をつける唯一の方法はリスクを引き受け勝負することだ。

結果が悪かろうと良かろうと経験則としてそこから何かを学ぶことができる。

どんなトレードをすればうまくいき、なにをすればうまくいかないのか。

損切りになってしまったトレードでさえ、いやむしろ損切りするという行為そのものが、明日のトレードにおいて自信を築き、未来のリスクを引き受けやすくする。

リスクを引き受けるという覚悟をきめれば、トレードの失敗がそれほど恐怖をともなうものではないということを知ることができる。

トレードで利益を得ることが、つねに最良の経験になることは限らない。

間違ったトレーディングで利益を得るよりも、正しい負け方を学ぶほうがより重要だ。

恐怖と真正面から向き合い、それを克服すること。

トレーディングとはその避けられないリスクに敬意を払うことで上達していくのだ。
[ 2014/01/04 21:29 ] メンタル | TB(0) | CM(0)

FXの世界に寄生している詐欺師たち

いつの時代も騙す人がいて、それにひっかかる人たちがいる。

投資で楽をしてお金を稼ぎたいって夢見る素人と、彼らをカモにして金儲けしようとする人。

詐欺師と詐欺師に騙される人、その需要と供給だけで成り立っている世界がある。

リアルで相場で勝ってる人たちがいるマーケットとはまったく別のところに、不毛なマーケットが存在しているのだ。

リアルな勝ち組トレーダーたちはこのような世界には興味もないし、積極的にかかわらろうとしないだろう。

投資家が素人を騙す商材屋をたいして敵視しないのは、 自分達のいる世界とは別の世界でやり取りされている出来事だから。

商材屋にダマされお金をむしり取られる人たちの中には、どのみち相場で勝つことなんて無理と悟り、自分達も新たに商材屋になり素人相手に金をむしり続ける。

狡猾な商材屋は過去に自分も同じような商材屋に騙された痛い経験があるに違いない。

繰り返される負の連鎖。

不毛で残酷な世界だが、そのような詐欺師に引っかからないようにするのも過酷な相場を行く抜く処世術のひとつだろう。
[ 2014/01/04 04:11 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます

失敗することを恐れるよりも、 真剣でないことを恐れたい。 ー松下幸之助ー

いい言葉だ。

今年は今まで以上に真剣に相場と対峙したい。

写真は名古屋のクラブ、JBS。

IMG_0028.jpg
[ 2014/01/03 05:21 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング