ロスカット あの日の涙 虹となる
カテゴリー  [ 株 ]

英国発世界同時株安

今回の世界同時株安は、事前にイギリスがEU離脱の可能性があるということを市場関係者の誰もが知らされていて、しかも離脱が現実のものとなった場合はドル円が100円割れになることも予測されていた。

FX会社もそれに備えてレバレッジ規制を行っていた。

最悪のケースがあらかじめ想定されていたことで、過去の暴落よりは退場者が少なかったのではないかと思う。

サプライズだったのは、開票直前まで報道や専門家が総じて残留派ぎりぎり優位なはずと伝え続け、いざ蓋をあけてみたらまさかの離脱だったこと。

この結果に、世界中のマーケットに激震が走った。

日経平均の23日の下落幅は前日比でおよそ-1200円。

これは歴代8位に相当するもので、2008年のリーマンショックの前日比-1089円を凌ぐものだった。

プルからベアへ、臨機応変にポジションをドテンできるような相場巧者だったら、大儲けできた相場だった。

141121.jpg


ちなみに歴代1位は1987年10月20日のブラックマンデーで、日経平均は前日比-3836円。

東証一部の約半数の銘柄がストップ安をつけ、午前中はほとんどの銘柄で値がつかない事態になった。

いずれ近い将来、この記録も更新されるだろう。

今回のEU離脱に端を発する世界同時株安は、次に来るべきセイリング・クライマックスに備えての格好のトレード実地演習になった。
スポンサーサイト
[ 2016/06/25 08:52 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき